>  >  >  >  >  > 

【横浜】王道グルメ!港町の愛され洋食店

まっぷるマガジン

更新日:2018年7月25日

この記事をシェアしよう!

【横浜】王道グルメ!港町の愛され洋食店

外国人客や船員を満足させてきた味が、世代を超えて引き継がれている。港町として発展してきた横浜の歴史に思いを馳せながら味わおう。

ザ・カフェ

数々の洋食を生んだ横浜屈指の名店
世界中から著名人が訪れる「ホテル ニューグランド」の中にある、横浜を代表する名店。西洋の食文化を独自にアレンジして、外国人客を魅了してきた伝統の味が自慢だ。【山下公園・関内・馬車道】

愛されポイント
ナポリタン、ドリア、プリン・ア・ラ・モードなどの発祥店。洋食の原点を堪能できる

ザ・カフェ

ナポリタン 1944円
進駐軍の米兵が食べていた料理をまねて2代目総料理長がアレンジ。酸味とコクの調和が見事

ザ・カフェ

【もう1品】シーフードドリア 2484円
初代料理長が、体調を崩した外国人客のために生み出したメニュー。当時の味をそのまま受け継いでいる

ザ・カフェ

【デザートに】プリン・ア・ラ・モード 1458円
アメリカ人将校の夫人たちを喜ばせようと、当時のパティシエが考案した

ザ・カフェ

ヨーロピアンクラシックで統一され、格式高い雰囲気の店内

コーヒーハウス ザ・カフェ

住所
神奈川県横浜市中区山下町10ホテルニューグランド本館 1階
交通
みなとみらい線元町・中華街駅からすぐ
料金
要問合せ

洋食キムラ 野毛店

半世紀以上愛されるハンバーグが人気
銀座のレストランで腕を磨いた初代が昭和13(1938)年に創業。「ランチカウンター」という店名で営業していたが、戦時下に英語の使用が困難となり、現在の店名になった。【野毛】

愛されポイント
貝殻形の鉄板で登場するハンバーグなど、大人も子どもも喜ぶ家庭的な味が魅力

洋食キムラ 野毛店

ハンバーグセット 1320円
代々受け継がれている秘伝のデミグラスソースのレシピは門外不出

洋食キムラ 野毛店

都橋のそばで、暖かな照明とともに営業するアットホームな店

洋食キムラ 野毛店

住所
神奈川県横浜市中区野毛町1丁目3
交通
JR根岸線桜木町駅から徒歩5分
料金
ハンバーグセット=1320円/カニクリームコロッケ=1790円/カニクリームコロッケセット=1960円/ポークカツセット=2100円/ビーフシチューセット=3500円/

グリル桃山

仕込みから手間を惜しまない老舗の一品
昭和8(1933)年に関内で創業。野毛への移転を経て、米軍接収解除となった昭和27(1952)年から現在の場所で営業を続ける。【山下公園・関内・馬車道】

愛されポイント
現在は3代目の料理長が伝統の味を守る。関内随一の歴史を誇り地元からも愛される

グリル桃山

ビーフシチュー温野菜添え 2700円
野菜の甘みとワインの深いコクが絶妙なビーフシチューが看板メニュー

グリル桃山

店頭にはレトロな食品サンプルが並ぶ

グリル桃山

住所
神奈川県横浜市中区伊勢佐木町2丁目9-3
交通
JR根岸線関内駅から徒歩5分
料金
ランチセットB(ハンバーグ)=972円/ビーフシチュー温野菜添え=2700円/カニクリームコロッケ=1296円/ライス=281円/

センターグリル

根強い人気を誇るボリューム満点の料理
昭和21(1946)年、食糧難だった頃に、栄養とボリュームがある料理を安く提供したいという思いから誕生。2代目になった現在も、おなじみの味で人々を満足させる。【野毛】

愛されポイント
洋食の祖サニー・ワイル氏が経営した「センターホテル」で腕を磨いた初代の味を引き継ぐ

センターグリル

浜ランチ 1050円
白飯に鶏肉、玉ねぎ入りの半熟卵をのせ、デミグラスソースをかけた人気の品

センターグリル

青色の看板が目印。レトロな雰囲気が残る老舗店

センターグリル

住所
神奈川県横浜市中区花咲町1丁目9
交通
JR根岸線桜木町駅から徒歩5分
料金
浜ランチ=1050円/野毛ランチ=1050円/ナポリタン=720円/スパランチ=770円/カツカレー=920円/特製オムライス=850円/

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください