コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  横浜【山下公園・関内・馬車道】アンティークカフェ

横浜【山下公園・関内・馬車道】アンティークカフェ

by mapple

更新日:2018年2月19日

開港時代の名残をとどめるこのエリアには、レトロでおしゃれなカフェが点在。雰囲気のある建物でティータイムを過ごそう。

馬車道十番館

ステンドグラスに彩られた英国風レトロ喫茶
古き良き横浜を思い起こさせる赤レンガ造りのカフェ。ステンドグラスの窓をはじめ、店内は気品にあふれる空間が広がる。1階が喫茶店と売店、2階が英国風のバー、3階はレストラン。

高い天井とステンドグラスの窓、アンティーク調でまとめられた調度品がすてき

明治期のレシピをもとに作られた「開港カレー」1080円

プディング・ ロワイヤル 810円
赤レンガをイメージしたプリンに、フルーツやアイスなどが添えられる

建物は明治初期の洋館のたたずまいを再現している

横浜かをり

昭和の香りが漂うティールーム
ホテル・洋食・洋菓子などの発祥の地といわれる「山下町70番地」に店を構える元祖ティールーム。自家製ケーキのほか、カレーなどの軽食も好評だ。

ゆったりとしたソファーやかわいいランプなどの調度品が、懐かしい気分にさせてくれる

ケーキセット 1000円
10種類ほどの自家製ケーキが、ドリンクとセットで楽しめる。写真は「キャラメル」

ツタで覆われた外観も印象的。レーズンサンドなどを販売する店舗も併設

カフェ・ドゥ・ラ・プレス

アールデコ調の空間で優雅なひとときを楽しむ
昭和初期の歴史的建造物(旧・横浜商工奨励館)の2階にあるシックなカフェ。フレンチの名店「Alte Liebe」の姉妹店であり、専属パティシエによるケーキ類やランチなども人気が高い。

高い天井ややわらかい曲線を描くアーチなど、ヨーロッパの老舗カフェを思わせる

ザッハトルテ 500円
アプリコットの酸味がアクセントに効いた、濃厚なチョコレートケーキ

現・横浜情報文化センターの旧館2階、日本大通りに面した角にある

コーヒーの大学院 ルミエール・ド・パリ

昭和モダンな雰囲気の老舗コーヒー店
昭和49(1974)年創業の喫茶店。「香り高いコーヒーを吟味して出す」をモットーに注がれた一杯は、格別の味わいだ。本館と優雅なオーキットルームからなる。

赤絨毯が敷かれ、昭和の懐かしさと豪華さを感じさせてくれる店内

カレーセット 1300円
創業時の味を守り続けるカレー。17:00~オーキットルームでの飲食時は1600円

赤地に「大学院」の文字がひときわ目をひく店構え

文明堂茶館 ル・カフェ

文明開化を思わせる菓子店併設のカフェ
カステラで知られる和菓子店「文明堂」が営むカフェ。看板商品のカステラや、できたての三笠山の皮を用いた「パステル」など、伝統の味を店内でゆっくりといただける。

南蛮船が描かれたステンドグラスやらせん階段など、おしゃれな空間

パステル2枚とコーヒーセット 790円
生クリームなど添えられるソースは3種類。1枚につき1種類選べる

「文明堂」の売店奥にカフェがある

Au jardin de Perry

異国のたたずまいを見せる小さな洋風の喫茶室
以前は英国領事館の守衛室だった建物を利用した、横浜開港資料館入口にたたずむ喫茶室。毎朝、系列のベーカリーから届けられる焼きたてパンやケーキを楽しみたい。

海外のカフェのような雰囲気。窓が大きく取られ、明るくてここちよい空間が広がる

デザートセット 880円
ブルーベリータルトとバトンフロマージュを半分ずつ、コーヒーまたは紅茶が選べるドリンクセットで楽しめる

白を基調とした落ち着いた雰囲気

開港広場に面し、開放的なテラス席の雰囲気もすてき

港町のアメリカンカフェ

港町にマッチしたアメリカンなカフェも多い。店の雰囲気と料理の両方を満喫しよう。

横浜ロータス

ナチュラル志向のシーサイドカフェ
天然酵母や有機栽培の素材を使ったパンやドリンクを販売。ガレージに停められた紫色のキッチンカーが目印。

青い看板のカジュアルショップ「BLUE BLUE YOKOHAMA」の隣

ボリュームがあり、野菜たっぷりの「ハンバーガー」1150円

JACK CAFÉ east&west

アメリカンダイナー風のカフェ&バー
緑のボトルのオブジェが目印の店。ハンバーガーやインド風のスパイシーなカレーなど、素朴でおいしい料理が人気だ。

50’sアメリカンな店内も楽しいが、開放的なテラス席も◎

インド風の「じっくり煮込んだチキンのカリー」1390円

フラッシュバックカフェ

古き良きアメリカを感じるレストランバー
アメリカンテイストにこだわり抜いた内装で、古き良き時代を満喫できる。名物の「横浜バーガー」は必食!

ジュークボックスが鮮やかな光を放つと、店内は抜群の雰囲気に

肉本来のうまさが際立つ「横浜バーガー」1380円。ポテト付

筆者:mapple

まっぷる横浜 中華街・みなとみらい’19

発売日:2018年01月10日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる横浜 中華街・みなとみらい’19」です。掲載した内容は、2017年9〜11月現在の取材・調査によるものです。飲食店メニュー、商品内容や料金・価格ほか、各種掲載情報が変更されたり、季節による変動や、売り切れ、臨時休業、閉店などでご利用できない場合があります。また、消費税の見直しにより料金が変更される可能性があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には、事前にご確認のうえおでかけください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×