>  >  >  >  >  > 

【大垣・養老】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

まっぷるマガジン

更新日:2018年11月18日

この記事をシェアしよう!

【大垣・養老】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

良質な地下水が豊富で水の都として知られる大垣と、緑豊かな公園が広がる養老。大垣城や養老の滝など歴史を感じるスポットにも訪れよう。

大垣のひまわり畑

例年8月中旬〜9月初旬頃に見ごろとなるひまわり畑。約20万本が咲き誇る風景は、夏の風物詩として親しまれている。

大垣のひまわり畑

墨俣一夜城(大垣市墨俣歴史資料館)

秀吉の一夜城伝説を伝える城
木下藤吉郎(豊臣秀吉)が、一夜にして築き上げたという一夜城跡に建てられた歴史資料館。天守閣には日本で唯一の純金の鯱がのせられている。

墨俣一夜城(大垣市墨俣歴史資料館)

花見のシーズンは桜が咲き誇る

奥の細道むすびの地記念館

芭蕉「奥の細道」に思いを馳せる
松尾芭蕉が「奥の細道」の旅を終えた地・大垣。芭蕉の人となりや「奥の細道」を紹介する「芭蕉館」、大垣の先賢の偉業を紹介する「先賢館」などがある。

奥の細道むすびの地記念館

西美濃地域の観光情報も充実

水の都おおがきたらい舟

たらい舟に乗ってのんびり川下り
毎年4月中旬から5月上旬の土・日曜、祝日に開催。町の中心に流れる水門川を楕円形のたらい舟に乗って遊覧する。事前予約制。天候により運休あり。

水の都おおがきたらい舟

新緑を眺め約30分間の川下りを楽しむ

大垣城

全国的にも珍しい4層の天守閣
関ヶ原の戦で石田三成が本拠地にした城として有名。4層4階建てで総塗りごめ様式の優美な姿は、夜のライトアップでも楽しめる。

大垣城

戦災で焼失後、1959(昭和34)年に復元された

大垣船町川湊

奥の細道の旅の最終地
桑名との水運で繁栄した船町港の跡。芭蕉が奥の細道の旅を終えた場所として知られる。明治期に再建された住吉燈台が往時の面影を残す。

大垣船町川湊

高さ約8mの住吉燈台が見守る風景

水の都として名高い大垣の名水スポットを訪ねる

全国でも有数の自噴帯に位置する大垣は、清らかな水に恵まれ、古くから各家庭で井戸舟を持ち、地下水を活用してきた。いまでも良質な水が湧き出る井戸が数多く見られ、水都としての風情を醸し出している。

加賀野八幡神社の井戸

加賀野八幡神社の井戸

「平成の名水百選」にも選ばれた井戸。遠方から水汲みに訪れる人も多い

高屋稲荷神社の井戸

高屋稲荷神社の井戸

2段の水槽を水が勢いよく流れる井戸。地元の人々に親しまれ、飲用水としても利用されている

1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

この記事の出典元は「まっぷる岐阜 飛騨高山・白川郷」です。掲載した内容は、2017年1月~5月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください