コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【大垣・養老】人気おすすめスポット!見る、食べる、買う!

【大垣・養老】人気おすすめスポット!見る、食べる、買う!

by mapple

更新日:2018年11月18日

良質な地下水が豊富で水の都として知られる大垣と、緑豊かな公園が広がる養老。大垣城や養老の滝など歴史を感じるスポットにも訪れよう。

大垣のひまわり畑

例年8月中旬〜9月初旬頃に見ごろとなるひまわり畑。約20万本が咲き誇る風景は、夏の風物詩として親しまれている。

墨俣一夜城(大垣市墨俣歴史資料館)

秀吉の一夜城伝説を伝える城
木下藤吉郎(豊臣秀吉)が、一夜にして築き上げたという一夜城跡に建てられた歴史資料館。天守閣には日本で唯一の純金の鯱がのせられている。

花見のシーズンは桜が咲き誇る

奥の細道むすびの地記念館

芭蕉「奥の細道」に思いを馳せる
松尾芭蕉が「奥の細道」の旅を終えた地・大垣。芭蕉の人となりや「奥の細道」を紹介する「芭蕉館」、大垣の先賢の偉業を紹介する「先賢館」などがある。

西美濃地域の観光情報も充実

水の都おおがきたらい舟

たらい舟に乗ってのんびり川下り
毎年4月中旬から5月上旬の土・日曜、祝日に開催。町の中心に流れる水門川を楕円形のたらい舟に乗って遊覧する。事前予約制。天候により運休あり。

新緑を眺め約30分間の川下りを楽しむ

大垣城

全国的にも珍しい4層の天守閣
関ヶ原の戦で石田三成が本拠地にした城として有名。4層4階建てで総塗りごめ様式の優美な姿は、夜のライトアップでも楽しめる。

戦災で焼失後、1959(昭和34)年に復元された

大垣船町川湊

奥の細道の旅の最終地
桑名との水運で繁栄した船町港の跡。芭蕉が奥の細道の旅を終えた場所として知られる。明治期に再建された住吉燈台が往時の面影を残す。

高さ約8mの住吉燈台が見守る風景

水の都として名高い大垣の名水スポットを訪ねる

全国でも有数の自噴帯に位置する大垣は、清らかな水に恵まれ、古くから各家庭で井戸舟を持ち、地下水を活用してきた。いまでも良質な水が湧き出る井戸が数多く見られ、水都としての風情を醸し出している。

加賀野八幡神社の井戸

「平成の名水百選」にも選ばれた井戸。遠方から水汲みに訪れる人も多い

高屋稲荷神社の井戸

2段の水槽を水が勢いよく流れる井戸。地元の人々に親しまれ、飲用水としても利用されている

料亭 四鳥

大垣の名水グルメを堪能
趣向を凝らした個室が評判の老舗料亭。大垣の水を使った大垣名物"芭蕉水御膳"メニュー「健脳弁当」は、岐阜県産の野菜がたっぷり味わえる。

健脳弁当(2700円、別途サービス料、昼のみ、4名以上から)

御菓子 つちや

銘菓・柿羊羹をみやげに
1755(宝暦5)年に創業し、柿菓子の名店として親しまれている。170余年にわたり愛される柿羊羹は濃厚な甘さを出すため干し柿を使用。

竹の容器に入った柿羊羹(1本864円~、写真は化粧箱入り1512円)は素朴な甘さ

大黒屋 郭町店

豆腐屋さんが作る豆乳プリン
大垣の地下水と岐阜県産大豆フクユタカの使用にこだわる豆腐店。豆乳とはちみつですっきりとした甘さに仕上げた、豆乳スイーツも人気だ。

抹茶、チョコ、ゆずなどの味がそろう豆乳スイーツ(各130円)

チーズケーキプリンセス

チーズケーキが人気のカフェ
遠方から訪れるファンも多いチーズケーキ専門店。レトロな雰囲気の店内には、100種類以上あるレシピから常時20種類ほどが並ぶ。食べ比べも楽しい。

ふわふわレアチーズケーキを大垣特産の木枡に入れた、花よりダンジュ(540円)

餅惣

水まん氷を生み出した老舗
水まんじゅう(イートイン1人前3個350円、4月上旬~9月中旬販売)が名物の和菓子店。水まんじゅうにかき氷をかけた水まん氷も人気だ。

白蜜がかかった水まん氷(600円)は4月中旬から9月中旬に味わえる

金蝶園総本家

良質な大垣の水を使った和菓子
1798(寛政10)年創業で、良質な地下水をふんだんに使った和菓子が有名な老舗。葛にわらび粉を混ぜて作る水まんじゅう(4個入500円~、3月上旬〜10月上旬販売)のほか、生地からほんのりと酒が香る大垣名物の金蝶園饅頭(1個130円~)もおすすめ。

大垣の夏の和菓子と言えば水まんじゅう(こし餡・抹茶・コーヒー、季節の餡125円〜)

ひと足のばして本巣・揖斐川へ行ってみよう!

横蔵寺

22体の重要文化財を安置する寺
801(延暦20)年に最澄が創建したと伝わる天台宗の古刹で、約200年前に即身成仏した妙心法師のミイラが有名。紅葉の名所としても人気がある。

安置されている妙心法師のミイラ

根尾谷淡墨桜

樹齢千五百余年の桜の大木に感動
散り際に淡い墨色になることから名付けられた桜の古木。1922(大正11)年に天然記念物に指定され、過去数回の枯死の危機を乗り越えている。

開花の時期には多くの観光客が訪れる

谷汲山 華厳寺

地元で親しまれる「谷汲さん」
798(延暦17)年創建の天台宗の名刹。本尊の十一面観音をはじめ多くの文化財を有する。広々とした境内の自然に癒されながら参拝しよう。

桜や紅葉の名所としても有名

筆者:mapple

まっぷる岐阜 飛騨高山・白川郷

発売日:2017年07月21日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×