コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  岡山を代表する観光スポット【倉敷美観地区】の基本情報

岡山を代表する観光スポット【倉敷美観地区】の基本情報

by mapple

更新日:2018年1月22日

白壁の町家に柳並木が調和した景観が美しい町並みは江戸時代の日本をそのまま切り取ったかのよう。サクッと基本を予習してでかけよう。

美観地区の歴史

江戸時代、幕府の直轄地である「天領」として栄えた倉敷。明治時代になると繊維産業で発展。昭和5(1930)年には日本初の私立西洋美術館である大原美術館が開館し、そのコレクションのすばらしさは国内外から注目を集めた。昭和54(1979)年に重要伝統的建造物群保存地区に選定され、今日にいたる。

美観地区の歩きかた

歩いてまわれるサイズ

見どころが半径300mほどに集中し、歩いて散策するのにちょうどよいエリアサイズ。徒歩でしか入れない細い路地も多く、足休めに立ち寄りたい町家カフェもいっぱい。

半日から1日がめやす

町並み散策と買い物だけなら4時間前後、美術館などの施設を見学する場合は8時間前後はみておこう。日没からの夜間景観照明も美しいが、施設のクローズ時間には要注意。

行き方をチェック

電車 JR倉敷駅南口から徒歩約10分。駅を背にまっすぐ伸びる倉敷中央通りがわかりやすい。また、倉敷えびす通り商店街のアーケードは雨天時の通行に便利。

 周辺には駐車場が点在するため、車での来訪も安心。なかでも倉敷市中央駐車場、倉敷市芸文館地下駐車場は収容台数が多いのでおすすめ。

定休日に注意

大原美術館や林源十郎商店をはじめ、月曜休みの施設が多い。また、ショップを含むほとんどの施設が18時には閉店するため、事前に営業日と時間をチェックしておこう。

観光案内所を活用

徒歩観光が基本の美観地区では、荷物を預けて身軽に歩きたい。観光案内所は無料休憩所として開放されるほか、コインロッカーがあるので状況に応じて活用しよう。

倉敷物語館

児島虎次郎記念館は2017年12月27日の営業をもって閉館。

倉敷館は2018年1月14日営業ののち、改修のため約2年間閉館予定。観光案内所は倉敷物語館に仮設。

ここはハズせない!王道5時間コース

町並み散策や大原美術館の見学など、やりたいこと盛りだくさんのモデルコースを紹介。

START JR倉敷駅

↓ 徒歩15分

10:00 大原美術館で名画に触れる

↓ 徒歩1分

12:00 旅館くらしきレストランで町家ランチ

↓ 徒歩すぐ

13:30 くらしき川舟流しで町並み遊覧

↓ 徒歩5分

14:00 倉敷アイビースクエアなど見どころ散策

↓ 徒歩7分

15:00 林源十郎商店で買い物&カフェ

↓ 徒歩10分

GOAL JR倉敷駅

本町通り

個性派ショップが軒を連ねるノスタルジックな町並み
倉敷川から1本裏に入った、昔ながらの町家が建ち並ぶ500mほどの通り。町家をリノベートしたショップやカフェが点在する。倉敷ゆかりの現代作家が手がけたアイテムを探すならこの通りへ。

本町通りのココをCHECK!
倉敷格子 上端を切りつめた細く短い木板が特徴の倉敷ならではの伝統の格子

クラシキクラフトワークビレッジ

2017年3月 OPEN!
倉敷のクラフトに関わる5店舗が集まる複合施設。それぞれの店舗で、製作風景が見られる工房を併設したり、ワークショップを開催したり、手仕事の魅力を感じることができる。

2階にはお茶室を備える(予約制)

倉敷帆布のキャンパストートバッグ

倉敷や岡山モチーフの手ぬぐい

美観堂

2017年6月 OPEN!
「岡山・倉敷のほんとうにいいものを」をコンセプトに、地域特産品を扱うセレクトショップ。生産者や企業と顔を合わせ、商品を試したうえでよいと思ったものを取り扱っている。

オリジナル黄ニラしょうゆ 1150円

畳縁ポーチ 1728円

倉敷川沿い

白壁の町並みが美しい倉敷の景観を象徴するエリア
白壁の町並みと柳並木が続く、風情豊かなエリア。約300mの川沿いに、美術館やみやげ店など多彩な施設が軒を連ねる。ゆっくりと散策を楽しみながら、倉敷ならではの建築様式を堪能しよう。

倉敷川沿いのココをCHECK!
柳並木 美しい柳並木が川に映り込む様子は新・日本街路樹100景にも選定

筆者:mapple

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×