>  >  >  >  >  > 

【岡山】倉敷美観地区の楽しみ方 川舟流し&倉敷ぶらりお散歩を満喫しよう

まっぷるマガジン編集部

更新日:2021年4月5日

この記事をシェアしよう!

【岡山】倉敷美観地区の楽しみ方 川舟流し&倉敷ぶらりお散歩を満喫しよう

白壁の町家や蔵が建ち並ぶ倉敷川沿いは、美観地区のメインストリート。そぞろ歩いたり川舟に揺られながら、江戸情緒あふれる町並みを堪能しましょう。

倉敷のおすすめ観光ガイド

【倉敷おすすめ観光ガイド】1.くらしき川舟流し

【倉敷おすすめ観光ガイド】1.くらしき川舟流し

白壁の町並みを眺めながら小舟で優雅に水上さんぽ
今橋と高砂橋の間の倉敷川を約20分かけてめぐる倉敷名物の観光船。船頭の案内に耳を傾けながら、優雅な水上散歩が楽しめます。30分間隔で運航、定員は6名。

くらしき川舟流し

住所
岡山県倉敷市今橋~高砂橋
交通
JR山陽本線倉敷駅から徒歩20分
料金
乗船料(20分)=大人500円、小人250円/(5歳未満は無料)

【倉敷おすすめ観光ガイド】2.観光ボランティアガイド

【倉敷おすすめ観光ガイド】2.観光ボランティアガイド

ガイドさんの話を聞きながらめぐるともっと楽しい!
倉敷美観地区の見どころをボランティアのガイドが案内。倉敷館を出発する定期便(2018年1月15日以降は要問い合わせ)は1日2回、所要約1時間30分。

【倉敷おすすめ観光ガイド】3.人力車

【倉敷おすすめ観光ガイド】3.人力車

タイムスリップしたかのような時間を満喫しよう!
個性豊かな俥夫の案内を聞きながら、いつもより高い目線での風景が楽しめます。倉敷物語館や川舟乗り場横から出発するさまざまなコースがあるので要チェックです。

【倉敷×おすすめ観光スポット】1.倉敷物語館

【倉敷×おすすめ観光スポット】1.倉敷物語館
長屋門や土蔵が江戸時代の風情を残す

江戸時代から昭和初期の建造物を観光施設に
美観地区の入口に位置する、江戸から昭和初期の建造物を改修した観光施設。倉敷の歴史や文化を紹介する展示室のほかに、多目的ホール、カフェなどを備えています。

倉敷物語館

住所
岡山県倉敷市阿知2丁目23-18
交通
JR山陽本線倉敷駅から徒歩15分
料金
無料

【倉敷×おすすめ観光スポット】2.大原家住宅

【倉敷×おすすめ観光スポット】2.大原家住宅

倉敷窓や倉敷格子が特徴的な町家
大原美術館を創設した大原孫三郎の生家。寛政7(1795)年から建築が始まった母屋や表座敷など全10棟が重要文化財。内部は非公開だが、秋に開催される倉敷屏風祭では格子窓を開けて、所有する屏風を披露しています。

語らい座 大原本邸(旧大原家住宅)

住所
岡山県倉敷市中央1丁目2-1
交通
JR山陽本線倉敷駅から徒歩15分
料金
500円

【倉敷×おすすめ観光スポット】3.有隣荘

【倉敷×おすすめ観光スポット】3.有隣荘

昭和天皇も宿泊した大原家の旧別邸
昭和3(1928)年に建てられた大原家別邸。屋根瓦の色から地元では緑御殿とも呼ばれる和洋折衷の優美な邸宅は、薬師寺主計が設計、内装デザインは児島虎次郎が手がけました。現在は春と秋に大原美術館の特別展会場として内部を公開しています。

有隣荘

住所
岡山県倉敷市中央1丁目3-18
交通
JR山陽本線倉敷駅から徒歩15分
料金
情報なし

【倉敷×おすすめ観光スポット】4.倉敷館

【倉敷×おすすめ観光スポット】4.倉敷館

国の有形文化財に登録された美しい洋風建造物
大正6(1917)年に倉敷町役場として建てられた木造洋風建築。現在は、観光案内所、無料休憩所として開放されています。館内では観光資料を見ることができます。

■倉敷館
住所:倉敷市中央1-4-8
電話:086-422-0542(倉敷館観光案内所)
交通:JR倉敷駅から徒歩15分
休業日:無休
時間:9:00~18:00
駐車場:なし

【倉敷×おすすめ観光スポット】5.倉敷アイビースクエア

【倉敷×おすすめ観光スポット】5.倉敷アイビースクエア

レトロな雰囲気あふれる赤レンガ造りの近代化産業遺産
明治22(1889)年に操業した倉敷紡績工場跡地を再開発した倉敷屈指の観光名所。イギリスの工場をモデルにして建てられた赤レンガの洋館は、明治時代の姿を残しています。

倉敷アイビースクエア

住所
岡山県倉敷市本町7-2
交通
JR山陽本線倉敷駅から徒歩20分
料金
施設により異なる

【倉敷×おすすめ観光スポット】6.大原美術館

【倉敷×おすすめ観光スポット】6.大原美術館

美の巨匠による不朽の名作が目白押し
美観地区のシンボルとして名高い美術館。実業家・大原孫三郎が、日本で学ぶ画家に本物のヨーロッパの名画を見てほしいと願い、洋画家の児島虎次郎に西洋名画の買い付けを一任。昭和5(1930)年、日本初の私設西洋近代美術館として開館しました。世界に名だたる名画をひと目見ようと、国内外から年間約30万人が訪れています。

大原美術館

住所
岡山県倉敷市中央1丁目1-15
交通
JR山陽本線倉敷駅から徒歩15分
料金
入館料=大人1300円、大学生800円、小・中・高校生500円/音声ガイド=500円/(児島虎次郎記念館と共通、障がい者手帳持参で無料)
1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください