コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  倉敷名物みやげ 【地元グルメ&民芸品】

倉敷名物みやげ 【地元グルメ&民芸品】

by mapple

更新日:2018年2月8日

地元で愛される銘菓や地酒などのグルメ、手仕事で代々受け継がれる伝統工芸品は旅のおみやげにぴったり。自分用にも手に入れたい逸品を見つけよう。

グルメ

橘香堂 美観地区店

倉敷銘菓むらすゞめの発祥店
倉敷美観地区に店を構える和菓子店。看板商品の「むらすゞめ」は明治時代から受け継がれ、倉敷を代表する銘菓として知られる。体験は小学生以上、身長120㎝以上から。

むらすゞめ(1個)140円
北海道小豆のつぶ餡をクレープ風生地で包んだ銘菓

体験メニューでもっと楽しく!むらすゞめ手焼き
職人に教わりながら手焼きし、完成した焼きたてが食べられる。体験は10~16時。
料金 普通サイズ(3個)600円
所要 約5分

café BISCUIT

岡山県民のおやつの定番
昭和19(1944)年からビスケットの製造を続ける老舗菓子メーカ-、梶谷食品の直営カフェ。カフェ利用はもちろん、みやげ選びにもぜひ立ち寄りたい。

梶谷食品の瓶入りシガーフライ(150g)700円
昔から変わらない、香ばしい味のビスケット

つねき茶舗 倉敷美観地区店

倉敷オリジナルの日本茶
茶葉の青さを少し残した「浅め焙煎」が特長の日本茶専門店。店頭のほうじ機を使い実演販売も行なう。

くらしき上玄米茶(100g)650円
玄米の香ばしさと茎茶の甘みを含む風味がマッチ

倉敷ほうじ茶(100g)750円
茶本来の味と香りが楽しめる。チャイにしても美味

土手森

倉敷の蔵元が仕込む地酒
江戸中期の建物を利用した倉敷と岡山の地酒専門店。果物を使った酒や地元の蔵元で仕込むオリジナルの酒など、豊富に取りそろえる。

爺爺婆婆(菊池酒造、720㎖)1580円
スッキリとしたのどごしの超辛口。長寿の酒として親しまれる

桃酒 桃娘(500㎖)1390円
桃を使った甘口の酒。氷や炭酸水で割って飲むのがおすすめ

セレクトグルメの名店平翠軒のイチオシチェック

美食家のオーナーが全国から吟味して集めた食品1500点以上を扱う。2階はカフェの破”流知庵くらしき

オーナーの森田さん

1位 酒宝あかひら(100g)1944円
森田酒造の純米酒粕を使ったペーストに近海ぼらの卵巣を漬け込んだ、店特製のおつまみ。グラム売り。

2位 本場スペイン産イベリコ豚が溢れんばかりに入ったドラマチックカレー 1296円
試作を繰り返し生まれた、まろやかな脂身の豚肉をたっぷりと使ったオリジナルカレー。

3位 焼き牡蠣のオイル漬 1099円
潮の香りが口いっぱいに広がる瀬戸内産の大粒カキを瓶詰め。パスタなどとも相性抜群。

民芸品

サイドテラス

倉敷ガラスの造形美にうっとり
日本郷土玩具館の館内を抜けた中庭に建つガラス張りのショップ。テーブルウエアや花瓶など選りすぐりの倉敷ガラスがそろう。

倉敷ガラス
倉敷のガラス作家である小谷眞三(こだにしんぞう)が考案した口吹きガラスの器。現在は長男の栄次さんが後継者として活躍する。

一輪挿し 5940円
「小谷ブルー」と称される趣深い青色が特長の器

倉敷本染手織研究所

受け継がれる手織りの技
全国から研修生を迎え入れ、倉敷ノッティングのイス敷きやコースターなどを制作する工房。毎年11月に展示会が行なわれる。

倉敷ノッティング
外村吉之介が考案したイス敷き。ウールで織られクッション性に富む。現在は倉敷本染手織研究所の石上信房所長が指導にあたる。

倉敷ノッティング 各2万1600円
ウール160本を束ねて手作業で織り上げたイス敷き

倉敷民藝館売店

倉敷ゆかりの民芸品がずらり
倉敷民藝館の入口に設けられたスペースに、倉敷近郊で作られた民芸品の数々が並ぶ。ショップは入館無料。

倉敷手まり
倉敷民藝館の初代館長であり民藝運動家の外村吉之介(とのむらきちのすけ)が指導を進めた手まり。手作業で木綿糸を染色し、かがりを行なう。

花むしろ
い草職人の三宅松三郎が手がけたござ。い草の茎を染め幾何学模様に織り上げる。現在は3代目の隆さんが継承する。

倉敷手まりのストラップ 各950円
愛らしい刺繍が施されている

花むしろのコースター 5枚組 1700円
吸水性に優れ、カラーバリエーションが豊富

日本郷土玩具館

懐かしのおもちゃと出会う
江戸時代から現代にかけて全国各地で作られた、郷土色豊かな玩具の展示館。約5000点を展示する。敷地内のショップ、ギャラリー、カフェは入館無料。

倉敷はりこ
倉敷の人形師である生水多十郎(おみずたじゅうろう)が虎のはりこを制作したのが発祥。現在は5代目の洋次さんが手作業を継いでいる。

倉敷はりこ首振虎 3号 1万800円、4号 1万1448円
ユーモラスな動きが愛嬌たっぷり

筆者:mapple

まっぷる岡山・倉敷 蒜山高原’18

発売日:2017年11月07日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる岡山・倉敷 蒜山高原’18」です。掲載した内容は、2017年7〜10月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また、消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×