エリア・ジャンルからさがす

トップ > 全国 x 日帰り温泉・入浴施設 > 北海道 x 日帰り温泉・入浴施設

北海道 x 日帰り温泉・入浴施設

北海道のおすすめの日帰り温泉・入浴施設スポット

北海道のおすすめの日帰り温泉・入浴施設スポットをご紹介します。砂浜を掘れば湧き出る温泉「砂湯」、登別原生林を流れる温泉の川「大湯沼川天然足湯」、秘境ムード漂う山間の露天風呂「熊の湯温泉」など情報満載。

  • スポット:494 件
  • 記事:31 件

北海道のおすすめエリア

北海道の新着記事

手軽に買える! コンビニ・スーパーで買える北海道土産はこれだ!

北海道民におなじみのローカルフードは、お土産に最適。北海道でのみ販売され、さらにはスーパーやコンビニで手軽に買えるというのも魅力です。地元産のメロンや牛乳などを使ったお菓子をはじめ、100年以上愛され...

北海道のおすすめドライブスポット37選 定番から穴場までご紹介

広大な北海道をドライブすると、北側から南側までダイナミックな景色に出会えます。山や海、季節の花や、人の生活が作り出す夜景など実にさまざまです。爽快なドライブコースを走って、自分のお気に入りの場所を探し...

【北海道・東北】温泉宿の看板ねこに会いに行こう! 接客力は神レベル!

ほっこり、あったか温泉で、幸せに暮らすねこたちが待っています。時にはお出迎えやお見送りをしてくれたり、ロビーで一緒に遊んだり。おもてなしもバッチリです。ここでは、そんなかわいくて賢いねこたちに会える北...

ひとめぼれ間違いなし! 北海道ならではのかわいい雑貨&コスメ

北海道ならではの雑貨やコスメをピックアップ。ハーブや北海道産の砂糖などの自然素材から作ったコスメや、名物をモチーフにしたノート、タンブラーなど、おみやげにはもちろん自分用にもほしい可愛いアイテムがいっ...

【北海道】歩いて楽しむ森の絶景!「北限のブナ」を見に黒松内へ

九州から四国・本州と日本各地に生育するブナは、日本の森を代表する樹木のひとつだ。育つのは基本的に温帯で、亜寒帯に属する北海道では渡島半島で見られるのみ。その北限となるのが寿都と長万部を結ぶ「黒松内低地...

【北海道】おみやげアワード!誰かに教えたくなっちゃう!

新千歳空港の数ある商品の中から、まっぷる的に5部門の賞を選出!おみやげ選びの参考にして。

【北海道】絶景ドライブコース4選! 道の駅グルメを満喫!

近年、進化を遂げる全国各地の「道の駅」。ハズレなしのご当地グルメやそこでしか手に入れることができないお土産、展望台やガーデンなど、道の駅そのものが一大観光スポットになっているのです。それがグルメ大国、...

【札幌】とっておき土産!北海道らしい♪雑貨&コスメ

北海道ならではのかわいい雑貨やキャラグッズをピックアップ。道産素材を使ったコスメにも注目してみて。

北海道のおいしさをお土産に! こだわりのお持ち帰り食材を厳選してご紹介

食材の宝庫である北海道で、一番おいしい状態で作られた加工品はどれも逸品ぞろい!冷たい海で育った脂ノリ抜群の魚介や、酪農王国ならではのおいしさが味わえるバターやチーズなど、北海道を代表するおいしいおみや...

【北海道・北東北】祝・世界文化遺産登録!縄文遺跡群の魅力を徹底解剖

2021年7月に「北海道・北東北の縄文遺跡群」が、世界文化遺産に登録されました!「縄文」は、1万年以上争いなくサスティナビリティな社会を築いた、日本独自の文化なんですよ。「北海道・北東北の縄文遺跡群」...
もっと見る

1~20 件を表示 / 全 494 件

北海道のおすすめの日帰り温泉・入浴施設スポット

砂湯

砂浜を掘れば湧き出る温泉

屈斜路湖畔にある温泉で、砂浜を掘ればたちまち温泉が湧き出るので、誰でも自由に「手作り露天足湯」が楽しめる。砂浜の近くにはレストハウスもあり、休憩や軽食を取るのに最適なスポットだ。

砂湯
砂湯

砂湯

住所
北海道川上郡弟子屈町屈斜路湖畔砂湯
交通
JR釧網本線川湯温泉駅からタクシーで15分
料金
無料

大湯沼川天然足湯

登別原生林を流れる温泉の川

温泉の沼「大湯沼」から流れ出した川の一部で足湯が出来る。木のデッキに座って自然の中で100%天然の足湯が楽しめる。

大湯沼川天然足湯
大湯沼川天然足湯

大湯沼川天然足湯

住所
北海道登別市登別温泉
交通
JR室蘭本線登別駅から道南バス登別温泉行きで15分、足湯入口下車徒歩5分
料金
無料

熊の湯温泉

秘境ムード漂う山間の露天風呂

羅臼岳のふもとの露天風呂で、眺めが抜群。泉温が高いので真冬でも入浴可能でき、年中入浴が可能だ。雪見風呂には格別の風情がある。脱衣所や女性専用の湯船も。水着不可。

熊の湯温泉
熊の湯温泉

熊の湯温泉

住所
北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢町
交通
JR根室本線釧路駅から阿寒バス羅臼行きで3時間40分、終点下車、タクシーで5分
料金
無料

湯巡り舞台 足湯

屋根付きなので雪が降ってもOK

市電湯の川温泉の電停近くの交差点にある足湯。無料で自由に浸かることができるので、散策途中の足休めにぴったり。屋根が付いているので、雨の日でも入ることができる。

湯巡り舞台 足湯

湯巡り舞台 足湯

住所
北海道函館市湯川町1丁目16-5
交通
JR函館本線函館駅から市電湯の川行きで30分、湯の川温泉下車すぐ
料金
無料

丸駒温泉旅館(日帰り入浴)

支笏湖を眺めながら温泉に浸かりたい

湖とつながる水門から流れ出る湯量により温度を調節する、野趣に富んだ天然露天風呂と、湖を一望する展望露天風呂の2種類の露天風呂が楽しめる。いかにも秘湯というロケーションだ。

丸駒温泉旅館(日帰り入浴)
丸駒温泉旅館(日帰り入浴)

丸駒温泉旅館(日帰り入浴)

住所
北海道千歳市幌美内7
交通
JR千歳線千歳駅から北海道中央バス支笏湖畔行きで42分、終点下車、タクシーで15分
料金
入浴料=大人1000円、小学生500円、幼児(3歳以上)200円/貸切露天風呂=2750円(50分、入浴料別)/

川湯温泉街の足湯

源泉100%の湯が楽しめる

川湯温泉湯の川園地内にある。源泉100%の温泉を足で楽しむことができる。屋根が付いているので、雨が降っても天候を気にせず利用できるのがうれしい。

川湯温泉街の足湯
川湯温泉街の足湯

川湯温泉街の足湯

住所
北海道川上郡弟子屈町川湯温泉2丁目
交通
JR釧網本線川湯温泉駅から阿寒バス大鵬相撲記念館前行きで10分、郵便局前下車すぐ
料金
無料

利尻ふれあい温泉

日本海と利尻山の眺望が楽しめる健康保持と保養、憩いの場

利尻町が平成17(2005)年4月にボーリングで掘り当てた温泉。ホテル利尻は海岸の高台に位置し、日本海と利尻山の眺望が楽しめる。

利尻ふれあい温泉
利尻ふれあい温泉

利尻ふれあい温泉

住所
北海道利尻郡利尻町沓形富士見町90
交通
鴛泊港から宗谷バス沓形行きBコースで30分、終点下車、徒歩5分
料金
情報なし

お宿 欣喜湯(日帰り入浴)

2階建の大浴場は温度別の浴槽もあり、飲用としても評価される

吹き抜け2階建の大浴場がある。温度別(低温、中温、高温)の浴槽があり、体調に合わせた入浴ができる。飲用としても評価あり、源泉100%放流式。

お宿 欣喜湯(日帰り入浴)
お宿 欣喜湯(日帰り入浴)

お宿 欣喜湯(日帰り入浴)

住所
北海道川上郡弟子屈町川湯温泉1丁目5-10
交通
JR釧網本線川湯温泉駅から阿寒バス大鵬相撲記念館前行きで10分、終点下車すぐ
料金
入浴料=大人700円、小人500円、幼児300円/

池の湯

まるで池のような巨大な露天風呂

直径15mの円形状の、池と見まちがうほどの巨大な露天風呂。周辺には宿泊施設も少なく、静かな入浴が楽しめる。屈斜路湖に面し、冬場は白鳥を見ることができる。

池の湯
池の湯

池の湯

住所
北海道川上郡弟子屈町池の湯
交通
JR釧網本線川湯温泉駅からタクシーで30分
料金
無料

ウトロ温泉夕陽台の湯

高台にたたずむ公共温泉

知床八景のひとつとして数えられる夕陽台を望む温泉。岩造りの露天風呂からはオホーツク海、ウトロ漁港、オロンコ岩などの景観が広がる。内湯の窓からも同じ景観が楽しめる。

ウトロ温泉夕陽台の湯
ウトロ温泉夕陽台の湯

ウトロ温泉夕陽台の湯

住所
北海道斜里郡斜里町ウトロ東429
交通
JR釧網本線知床斜里駅から斜里バスウトロ温泉方面行きで50分、ウトロ温泉バスターミナル下車、徒歩10分
料金
入浴料=大人500円、小人250円/

弁慶の足湯

足湯でポカポカ

ボッケ遊歩道沿いの湖に面した場所にある足湯。弁慶が足を休めた湯だということからこの名が付けられた。自由に利用可能なので、ゆっくりと旅の疲れを癒そう。

弁慶の足湯
弁慶の足湯

弁慶の足湯

住所
北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉
交通
JR根室本線釧路駅から阿寒バス阿寒湖畔行きで2時間、終点下車、徒歩5分
料金
無料

セセキ温泉

満潮時には海に没してしまう露天風呂

満潮時には海に水没してしまう野趣に富んだ露天風呂。波打ち際に設けられた素朴な浴槽につかれば、海と一体になったような気分。利用の際は管理人に一言あいさつを。

セセキ温泉

セセキ温泉

住所
北海道目梨郡羅臼町瀬石
交通
根室中標津空港からタクシーで1時間15分
料金
無料

湯元 啄木亭(日帰り入浴)

最上階から夜景を満喫

11階の屋上に造られた「空中露天風呂」は、函館の夜景や漁火、満天の星を眺めながら入浴できる。大浴場からも、横幅30mというガラス窓越しに、景色が楽しめる。

湯元 啄木亭(日帰り入浴)
湯元 啄木亭(日帰り入浴)

湯元 啄木亭(日帰り入浴)

住所
北海道函館市湯川町1丁目18-15
交通
JR函館本線函館駅から市電湯の川行きで30分、湯の川温泉下車、徒歩3分
料金
入浴料=大人900円、小人450円/

洞爺湖温泉

静かな湖面と噴煙を上げる火山の対照的な眺めを望む

洞爺湖南岸の温泉地。「2008洞爺湖サミット」で世界の注目を浴びた。湖上遊覧や火口見学など、見どころは豊富。4月下旬から10月末まで「ロングラン花火大会」が催され、湖の夜空を彩る。

洞爺湖温泉
洞爺湖温泉

洞爺湖温泉

住所
北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉
交通
JR室蘭本線洞爺駅から道南バス洞爺湖温泉行きで20分、終点下車すぐ
料金
情報なし

ニセコアンヌプリ温泉 湯心亭(日帰り入浴)

大自然の中に露天風呂もあり、成分の濃さを体中で感じられる

たっぷりの源泉で、成分の濃さを体の芯で感じるような浴感。大自然の中の大露天岩風呂では、滝のように注ぎ込まれる源泉を見ながら入ることができる。

ニセコアンヌプリ温泉 湯心亭(日帰り入浴)
ニセコアンヌプリ温泉 湯心亭(日帰り入浴)

ニセコアンヌプリ温泉 湯心亭(日帰り入浴)

住所
北海道虻田郡ニセコ町ニセコ438
交通
JR函館本線ニセコ駅からニセコバス昆布温泉または五色温泉または神仙沼行きで30分、モイワ分岐点下車すぐ
料金
入浴料=大人1000円、中学生900円、小学生500円、幼児(未就学児)無料/

礼文島温泉 うすゆきの湯

礼文島初の温泉、利尻島を眺めながら源泉かけ流しの湯を満喫

礼文島初の温泉で、利尻島を眺めながら源泉かけ流しの湯が楽しめる。筋肉痛に効果があり、トレッキングの後の湯浴みが最高だ。

礼文島温泉 うすゆきの湯

礼文島温泉 うすゆきの湯

住所
北海道礼文郡礼文町香深村ベッシュ961-1
交通
香深港から徒歩3分
料金
入浴料=大人(中学生以上)600円、小人(小学生以下)無料/貸切風呂=1000円/ (回数券20枚綴9000円、回数券10枚綴5000円)

谷地頭温泉

地元の人たちに愛される町の秘湯

函館山山麓に湧き、源泉は約65度。地元の人たちが朝からのんびりと入浴を楽しんでいる、町の中の秘湯でもある。五稜郭をまねた星形をした露天風呂もある。

谷地頭温泉
谷地頭温泉

谷地頭温泉

住所
北海道函館市谷地頭町20-7
交通
JR函館本線函館駅から市電谷地頭行きで12分、終点下車、徒歩5分
料金
大人=430円、小人140円、幼児70円/ (回数券10枚綴4100円、5枚綴2050円)

ニセコグランドホテル(日帰り入浴)

露天風呂の天然保湿成分「メタケイ酸」は若返りの湯として人気

昆布温泉最大級の広さの大露天風呂は、混浴で湯浴衣もあって安心して楽しめる。2本の源泉は掛け流しで、天然保湿成分「メタケイ酸」を豊富に含み、若返りの湯として好評だ。大露天風呂の他には、女性専用露天風呂と、男女とも内湯2浴槽が有り、各々ナトリュウム泉・鉄鋼泉の二種類の泉質で合計6浴槽の温泉に入浴する事ができる。

ニセコグランドホテル(日帰り入浴)
ニセコグランドホテル(日帰り入浴)

ニセコグランドホテル(日帰り入浴)

住所
北海道虻田郡ニセコ町ニセコ412
交通
JR函館本線ニセコ駅からニセコバス五色温泉郷行き(冬期運休)で30分、昆布温泉下車すぐ
料金
入浴料=大人900円、小人450円、小学生未満無料/

豊平峡温泉

四季折々の景色を堪能できる大露天風呂がある

国立公園の森の中にあって、四季折々の景観を堪能できる露天風呂が自慢。温泉は源泉をそのままかけ流しで使用していて飲用も可。「ナン」にこだわったカレーも楽しめる。

豊平峡温泉
豊平峡温泉

豊平峡温泉

住所
北海道札幌市南区定山渓608-2
交通
JR札幌駅からじょうてつバス豊平峡温泉行きで1時間20分、終点下車すぐ
料金
入浴料=大人1000円、小人500円/ (回数券10枚綴8800円)

ヒルトンニセコビレッジ(日帰り入浴)

大浴場と眺望抜群の露天風呂は源泉かけ流しで疲労回復などに効く

ニセコ随一のマウンテンリゾート。温泉は大浴場と眺望抜群の露天風呂を備えており、どちらも源泉掛け流し。筋肉痛や疲労回復、神経痛などに効くので、スポーツの後にも最適だ。

ヒルトンニセコビレッジ(日帰り入浴)

ヒルトンニセコビレッジ(日帰り入浴)

住所
北海道虻田郡ニセコ町東山温泉
交通
JR函館本線ニセコ駅からタクシーで10分(倶知安駅、ニセコ駅から送迎あり、予約制)
料金
入浴料=大人1000円、小人500円/ (バスタオル・フェイスタオルレンタル300円)

ジャンルで絞り込む