トップ >  北海道 > 札幌・函館・旭川 > 札幌・小樽 > 小樽 > 堺町通り > 

小樽おすすめ【レトロカフェ&レストラン】趣のある空間で寛ぐ♪

まっぷるマガジン編集部

更新日: 2024年4月9日

この記事をシェアしよう!

小樽おすすめ【レトロカフェ&レストラン】趣のある空間で寛ぐ♪

小樽には歴史ある石造りの建物を使ったレストランやモダンなカフェが点在。ゆったりと過ごしたい雰囲気自慢のお店をご紹介。

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】北一ホール

167個もの石油ランプが揺らめく幻想的な空間
明治時代にニシンを保存した石造りの倉庫を生かした喫茶ホール。店内の167個の石油ランプは、開店時間になると1つずつ手作業で火が灯される。

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】北一ホール

北一硝子三号館に入る喫茶ホール

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】北一ホール

倉庫だった頃の名残である貨物運搬トロッコのレール

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】北一ホール

明治24年築
もともと漁業用倉庫だった歴史のある建物。外壁には小樽軟石、木骨部分には松などを使用

北一ホール

住所
北海道小樽市堺町7-26
交通
JR函館本線南小樽駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
8:45~17:30(閉店18:00)
休業日
無休
料金
北一特製ロイヤルミルクティー=580円/ミニ丼3点セット=1380円/いくら丼=1,500円//

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】洋食屋マンジャーレTAKINAMI

明治中期に建てられた倉庫を利用
明治時代の倉庫を改装したレトロでモダンな造りの店内。シェフみずからが食べ歩いた地中海沿岸の料理をベースに、地元の食材を使いアレンジする。小樽産の魚介も豊富にそろう。パエリアがおすすめだ。

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】洋食屋マンジャーレTAKINAMI

春になると店の前の大きなソメイヨシノが咲き誇る

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】洋食屋マンジャーレTAKINAMI

明治中期築
店がある場所のあたりは、小樽運河から近く、荷揚げしたものを保管する倉庫があったという

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】洋食屋マンジャーレTAKINAMI

オススメのグルメ
パエリア3900円(2人前)

小樽近海で獲れた新鮮な魚介がたっぷり入った名物メニュー。事前予約がおすすめ。

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】洋食屋マンジャーレTAKINAMI

こちらも!
しりべしコトリアード1800円

小樽産のタラやエビ・ホタテ、じゃがいもなどを煮込んだ具だくさんのクリームスープ。

洋食屋マンジャーレTAKINAMI

住所
北海道小樽市色内2丁目1-16
交通
JR函館本線小樽駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
11:30~14:00(閉店15:00)、17:30~20:00(閉店21:30)
休業日
水・木曜、祝日の場合は翌日休(12月26日~翌1月2日休、臨時休あり)
料金
おまかせコース(要予約)=4700円・5500円/本日の鮮魚のソテー=1550円/パエリア(2人前)=3800円/ハッカクとシャコのアクアパッツァ=1700円/ビーフシチューがのったオムライス=1900円/ホタテとタコのサラダ仕立て=900円/あったまった~レ(豚バラ肉と野菜のトマト土鍋シチュー)=1230円/

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】小樽ビール 小樽倉庫No.1

穀物倉庫がビアパブに
運河沿いの倉庫群にある「小樽ビール」醸造所直結のビアパブ。麦芽のコクを味わう「ドンケル」、バナナ風味でフルーティーな「ヴァイス」など、酵母が生きたドイツビールが味わえる。

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】小樽ビール 小樽倉庫No.1

醸造所を無料で見学することもできる

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】小樽ビール 小樽倉庫No.1

大正時代築
穀物倉庫を改装。裏には穀物を運ぶレール式エレベーターも

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】小樽ビール 小樽倉庫No.1

オススメのグルメ
ソーセージプレート1078円

ヴァイスブルストなどの自家製ソーセージ3種を盛り合わせた人気メニュー。

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】小樽ビール 小樽倉庫No.1

こちらも!
自家製ビール(3種)

「ピルスナー」、「ドンケル」、「ヴァイス」、それぞれに風味や味わいに特徴のある3種類がある。

小樽倉庫No.1

住所
北海道小樽市港町5-4
交通
JR函館本線小樽駅から徒歩12分
営業期間
通年
営業時間
11:00~22:00、ドリンク~22:30(閉店23:00)
休業日
無休
料金
ドンケル(小)=517円/ヴァイス(小)=517円/ピルスナー(小)=517円/ソーセージプレート=1078円/

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】PRESSCAFE

歴史ある倉庫をリノベーション
店のオリジナルレシピによるインドカリーやスパゲティ、自家製スイーツがおすすめ。木造石造りの大きな窓からは、小樽繁栄時の面影を残す北運河の雰囲気が楽しめる。

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】PRESSCAFE

店は前面に突き出た右側の倉庫を利用

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】PRESSCAFE

明治28年築
北運河にある旧澁澤倉庫を利用。切妻屋根をかけた3棟の倉庫が並ぶ

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】PRESSCAFE

オススメのグルメ
北インド風チキンカリー1200円

16種類のスパイスとハーブで煮込んだ本格的なインドカレー。

PRESSCAFE

住所
北海道小樽市色内3丁目3-21
交通
JR函館本線小樽駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
11:30~21:30(閉店22:00)、ランチタイムは~15:00
休業日
木曜、祝日の場合は営業(年末年始休)
料金
北インド風チキンカリー=1080円/キーマカリー=1200円/カルボナーラ=1100円/キノコのクリームスパゲティ=1250円/

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】大正硝子 くぼ家

和の空間が広がる甘味処でゆったり
明治時代の商家を利用した甘味茶屋。コーヒーカップやスイーツをのせるお盆は大正硝子館のもので、日によって使う器が変わるという。当時の小樽港の写真がのったメニューブックも必見だ。

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】大正硝子 くぼ家

建設当時のままの姿が残る。みどりののれんが目印だ

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】大正硝子 くぼ家

明治40年築
大きな金庫やレトロなデザインの格子窓が商家の名残を思わせる

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】大正硝子 くぼ家

オススメのグルメ
コーヒー 550円

観光途中のひと息にぴったり。ガラスのカップもかわいい。

大正硝子 くぼ家

住所
北海道小樽市堺町4-4
交通
JR函館本線小樽駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
10:00~18:30(閉店19:00)
休業日
無休
料金
クリームぜんざい=700円/コーヒー=500円/カプチーノ=600円/抹茶ラテ=600円/小樽美人カタラーナ=500円(コーヒーセットはプラス350円)/

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】ビストロ ブランシュ

大正ロマンな一軒家で味わう北海道フレンチ
大正末期の一軒家を改築したレトロな雰囲気の店。小樽をこよなく愛するシェフが、北海道の食材とフランス、イタリアの食材を融合させ、洗練された一皿を供してくれる。

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】ビストロ ブランシュ

赤いレンガ造りの外観

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】ビストロ ブランシュ

大正末期築
モダンな洋館。大正期の小樽にはこのような瀟洒な建物が多かった

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】ビストロ ブランシュ

オススメのグルメ
うにとしらすのクリーム
ソース スパゲティ 1650円
生クリームは十勝産で、独自のルートで仕入れたウニを使用。豆苗がアクセント。

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】ビストロ ブランシュ

こちらも!
魚貝のトマトソーススパゲティ 1400円

アサリ、ムール貝、エビ、ホタテ入り。店主の気まぐれでうま味のある魚のカマが入ることも。

ビストロ ブランシュ

住所
北海道小樽市色内1丁目9-10
交通
JR函館本線小樽駅から徒歩7分
営業期間
通年
営業時間
11:30~14:00(閉店15:00)、17:30~20:30(閉店22:00)
休業日
火曜(年末年始休)
料金
八雲産豚肩ロース肉のモッツアレラチーズ焼き=1100円(単品)・1550円(ランチセット)/季節のお魚のムニエール=1500円(単品)・1500円(ランチセット)/パスタのセット(スープ・サラダ・デザート・ドリンク付き)=1300円~/野菜とベーコンとアンチョビのピザ=1050円/ディナーコース=2800円~/

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】ワイン&カフェレストラン 小樽バイン

地場産ワインを味わいながらゆったり
道産ぶどうで造るワインにこだわったワインカフェ。白、赤、ロゼの生ワインが手ごろな値段で楽しめる。飲み比べセットなら種類の違うワインが3種類味わえる。

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】ワイン&カフェレストラン 小樽バイン

重圧な石造りの建物

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】ワイン&カフェレストラン 小樽バイン

明治45年築
旧北海道銀行本店の建物を利用

【小樽おすすめレトロカフェ&レストラン】ワイン&カフェレストラン 小樽バイン

オススメのグルメ
バインチーズフォンデュ2人前1810円

パンをくり抜いた器の中に、小樽ワインで溶いたチーズがたっぷり。

ワイン&カフェレストラン 小樽バイン

住所
北海道小樽市色内1丁目8-6
交通
JR函館本線小樽駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
11:00~20:00(閉店21:00)
休業日
無休(年末年始休、GW・盆時期は変更の場合あり)
料金
バインチーズフォンデュ(2人前)=1810円/飲み比べセット=1220円~/マルゲリータ=910円~/
1 2

北海道の新着記事

【函館駅周辺・ランチ】便利な駅近で食べられるおすすめの美味しいランチスポット10選

仕事や買い物、観光の途中でお腹が減ったら、美味しいランチを食べて午後も充実した時間を送りたいですよね。 そこで今回は、函館駅周辺でランチが出来るお店をご紹介します。 三色丼の元祖と言われている...

【北海道・中島公園駅徒歩圏内】雨の日でも楽しめる!絶対に外さない人気スポット3選

雨の日は外出を控えがちですが、雨の日でも楽しめる人気のスポットがあるのをご存じでしょうか。 せっかくの休日、雨だからといっておでかけしないのはもったいない! この記事では雨でも楽しめる、絶...

【北海道・南小樽駅徒歩圏内】雨の日でも楽しめる!絶対に外さない人気スポット3選

雨の日は外出を控えがちですが、雨の日でも楽しめる人気のスポットがあるのをご存じでしょうか。 せっかくの休日、雨だからといっておでかけしないのはもったいない! この記事では雨でも楽しめる、絶...

【北海道・北見駅徒歩圏内】雨の日でも楽しめる!絶対に外さない人気スポット3選

雨の日は外出を控えがちですが、雨の日でも楽しめる人気のスポットがあるのをご存じでしょうか。 せっかくの休日、雨だからといっておでかけしないのはもったいない! この記事では雨でも楽しめる、絶...

【北海道・新札幌駅徒歩圏内】雨の日でも楽しめる!絶対に外さない人気スポット3選

雨の日は外出を控えがちですが、雨の日でも楽しめる人気のスポットがあるのをご存じでしょうか。 せっかくの休日、雨だからといっておでかけしないのはもったいない! この記事では雨でも楽しめる、絶...

【無料のWEBマガジン】月刊まっぷる5月号:特集は「ひみつの絶景スポット」「とっておきのリトリート旅」「ばってん少女隊の長崎推しガイド」、連載企画「聖地巡礼」「アンテナショップでご当地グルメ!」「月イチご褒美ラーメン」「日本の吊り橋」「ご当地名物食べ比べ」「いぎなり東北産の推しみやげ」「12星座占い」

国内・海外の旅行情報を紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドシリーズ『まっぷる』がお届けする、無料の月刊WEBマガジン「月刊まっぷる」。 WEBマガジンならではのアクションで、読者の「もっと知りたい!」「...

【釧路駅】GWの夜遅くまで楽しめる夜ごはんスポット!おいしいが止まらないおすすめ店6選

待ちに待ったゴールデンウィーク。 観光やおでかけを楽しんだ後にゆったりと夜ごはんを楽しんだり、家でゆっくりと過ごして少し遅めの夜ごはんをとったりと、ゴールデンウィークはいつもより少し遅い時間から...

【帯広駅】GWの夜遅くまで楽しめる夜ごはんスポット!おいしいが止まらないおすすめ店6選

待ちに待ったゴールデンウィーク。 観光やおでかけを楽しんだ後にゆったりと夜ごはんを楽しんだり、家でゆっくりと過ごして少し遅めの夜ごはんをとったりと、ゴールデンウィークはいつもより少し遅い時間から...

【大通駅】GWの夜遅くまで楽しめる夜ごはんスポット!おいしいが止まらないおすすめ店8選

待ちに待ったゴールデンウィーク。 観光やおでかけを楽しんだ後にゆったりと夜ごはんを楽しんだり、家でゆっくりと過ごして少し遅めの夜ごはんをとったりと、ゴールデンウィークはいつもより少し遅い時間から...

【函館駅】GWの夜遅くまで楽しめる夜ごはんスポット!おいしいが止まらないおすすめ店8選

待ちに待ったゴールデンウィーク。 観光やおでかけを楽しんだ後にゆったりと夜ごはんを楽しんだり、家でゆっくりと過ごして少し遅めの夜ごはんをとったりと、ゴールデンウィークはいつもより少し遅い時間から...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。