トップ > 全国 > 東北 > 南東北 > いわき・浜通り

いわき・浜通り

いわき・浜通りのおすすめご当地グルメ・名物・名産品

いわき・浜通りのおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。いわきのアンコウ、いわきのウニ、小名浜のサンマなど情報満載。

いわき・浜通りのおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:163 件
  • 記事:18 件

1~20 件を表示 / 全 6 件

いわきのアンコウ(いわきのあんこう)

くせのない白身と柔らかな皮下肉は福島の冬の代表

黒潮と親潮が交差するいわき産のアンコウ。このあたりでは味噌仕立ての鍋で食べるのが一般的。肝をつぶして鍋汁のこくを出し、季節の野菜や具材を入れる。栄養たっぷりで、体も温まる冬にぴったり。

いわきのアンコウ

いわきのウニ(いわきのうに)

甘みやコクが増す貝焼きで味わうのがいわき流

  • 旬魚介

福島県では、5月上旬~7月末の間、解禁されるウニ漁。キタムラサキウニを一つ一つ素潜りでとる。いわきでは、生のウニをホッキ貝などの貝につめ焼いた貝焼きが伝統の味として知られている。

いわきのウニ

小名浜のサンマ(おなはまのさんま)

秋が深まるにつれ脂がのるサンマ

秋を代表する味覚・サンマ。なかでも小名浜は、日本有数のサンマの水揚げ量を誇る漁港。小名浜ではサンマの身をたたき、ショウガやネギ、味噌を混ぜて焼いたハンバーグのような「ポーポー焼き」が食べられている。

相馬のホッキガイ(そうまのほっきがい)

生でも加熱してもおいしい二枚貝の王様

  • 旬魚介

一般にウバガイという二枚貝。福島県では相馬が代表的な産地。刺身で味わうと歯ごたえと甘みを感じる。地元では炊き込んだり、混ぜご飯にしたりする「ほっきめし」が名物。

いわきのメヒカリ(いわきのめひかり)

小名浜名物のメヒカリを焼きものや唐揚げで

  • 旬魚介

いわき市の魚にも選ばれているメヒカリ。脂がほどよくのり、美味。鮮度が落ちやすいので、薄塩で半日ほど干して、焼き魚や丸ごと唐揚げにして食べられることが多い。

いわきのメヒカリ

相馬のイチゴ(そうまのいちご)

かわいい形と鮮やかな色合いは年齢を問わず親しまれる

ミカンと並んで冬に味覚狩りが楽しめる果物の代表。12~5月頃まで楽しめる食べ放題ができる観光農園も多い。近年は品種開発が進み、個性的なイチゴが増えている。福島では2006年に開発された「ふくはる香」が味わえる農園もある。相馬市周辺でもイチゴ狩りが可能だ。

相馬のイチゴ