エリア・ジャンルからさがす

トップ > 全国 > 東北 > 南東北 > 会津・磐梯 > 喜多方・熱塩温泉 > 喜多方

喜多方

喜多方のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した喜多方のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。トロトロのチャーシューが人気「坂内食堂」、クラシックが流れる酒蔵を見学しよう「酒蔵くらしっく 小原酒造(見学)」、明治の創業時の建物を復元「山中煎餅本舗」など情報満載。

喜多方のおすすめのスポット

  • スポット:74 件
  • 記事:4 件

喜多方の新着記事

1~20 件を表示 / 全 74 件

喜多方の魅力・見どころ

情緒あふれる蔵とラーメンの街はレンタサイクルで回ろう

喜多方の観光は蔵めぐりが主役。主な見どころは1キロ四方程度の範囲に収まり、徒歩での観光も可能だが、効率よく回るためにはレンタサイクルがおすすめ。レンガ造りの外観が美しい「若喜レンガ蔵」や現役の味噌蔵がある「金忠」、老舗の酒蔵「大和川酒蔵北方風土館」などさまざまな姿の蔵が見られる。喜多方ラーメンはやや太めの縮れ麺とあっさりしたしょうゆ味のスープが特徴。市内には100軒以上ものラーメン店があり、その味を競い合う。

喜多方のおすすめスポット

坂内食堂

トロトロのチャーシューが人気

とんこつをていねいに煮込んでとったスープはコクがあるが、後味はあっさり。もちもちの太麺を覆い尽くすほど自家製チャーシューをどっさりのせた「肉そば」が名物だ。

坂内食堂
坂内食堂

坂内食堂

住所
福島県喜多方市細田7230
交通
JR磐越西線喜多方駅から徒歩15分
料金
肉そば=950円/ネギラーメン=850円/ネギチャーシュー=1050円/支那そば=650円/

酒蔵くらしっく 小原酒造(見学)

クラシックが流れる酒蔵を見学しよう

享保2(1717)年創業の酒蔵。酒の原料となる酵母に、モーツァルトを聴かせて発酵させた音楽酒「蔵粋」が人気。酒蔵見学もできるので、気軽に訪ねてみよう。

酒蔵くらしっく 小原酒造(見学)
酒蔵くらしっく 小原酒造(見学)

酒蔵くらしっく 小原酒造(見学)

住所
福島県喜多方市南町2846
交通
JR磐越西線喜多方駅から会津バス会津若松行きで7分、南小田付下車すぐ
料金
見学料=無料/蔵粋紅寒梅=2255円(720ml)/蔵粋純米辛口壺の華=1375円(720ml)/蔵粋(くらしっく)純米大吟醸管弦酒=5610円(1.8リットル)、2805円(720ml)/桃色にごり(桜)=2255円(720ml)/

山中煎餅本舗

明治の創業時の建物を復元

昔ながらの方法で1枚ずつ炭火で焼き上げる、素朴なたまりせんべいが人気。粗挽き胡椒が効いた喜多方ラーメンせんべいもおすすめ。手焼き体験はみやげ付。

山中煎餅本舗
山中煎餅本舗

山中煎餅本舗

住所
福島県喜多方市一丁目4643
交通
JR磐越西線喜多方駅から徒歩15分
料金
たまりせんべい=86円~(1枚)/せんべい炭火焼き体験(予約不要)=500円(3枚焼き+おみやげ付)/

珈琲蔵ぬりの里

倉庫蔵でいただく手作りスイーツ

漆器専門店「漆器蔵会津野」に隣接するカフェ。店内には古い家具などが置かれていて、ほのぼのとした空間。パフェやぜんざい、手作り大福など、スイーツも充実。

珈琲蔵ぬりの里
珈琲蔵ぬりの里

珈琲蔵ぬりの里

住所
福島県喜多方市天満前8919-1
交通
JR磐越西線喜多方駅から徒歩5分
料金
蔵セット=780円/蔵コーヒー=500円/田舎もちセット=1200円/お蔵ケーキ=400円/

Cocco tree

こだわり卵を使ったプリンが人気

阿武隈山系の水で育った鶏の卵を使った手作りスイーツが並ぶカフェ。一番人気は会津のブランド牛乳「べこの乳」を使ったプリン。ランチタイムにはオムライスなどの食事メニューも用意。

Cocco tree

住所
福島県喜多方市御清水3
交通
JR磐越西線喜多方駅からタクシーで5分
料金
とろ~りなめらかプリン(1個)=330円/いきいきたまごのふわとろオムライス=800円/

喜一

熟成されたしょうゆの旨味とモチモチの麺

動物系と魚介系の出汁をていねいにとったスープと、手もみの多加水縮れ麺が特徴。定番の醤油味のほか、スープそのものの味を伝える塩味ラーメンも人気。

喜一

喜一

住所
福島県喜多方市関柴町上高額境田635-7
交通
JR磐越西線喜多方駅から会津バス西若松駅行きで7分、警察署前下車、徒歩3分
料金
熟成しょうゆラーメン=540円/

和飲蔵

明治時代の土蔵がワインセラーに

ワインアドバイザーの資格を持つ星酒店のご主人が、明治初期の呉服店の土蔵を、ワインセラーとして改装。おしゃれで実用的な店内にはこだわりのワインが並ぶ。

和飲蔵
和飲蔵

和飲蔵

住所
福島県喜多方市北町2905
交通
JR磐越西線喜多方駅から会津バス西若松駅行きで7分、南小田付下車、徒歩3分
料金
北会津ワイン各種(赤・ロゼ・白)=650円(330ml)、1250円(720ml)/

AIZUピーナッツマート

会津産ピーナッツをみやげに

栽培から加工、販売まで手がける会津産ピーナッツの専門店。手作りのピーナッツペーストで作るロイヤルピーナッツソフトが人気で、砕いた塩ピーナッツがアクセントに。

AIZUピーナッツマート
AIZUピーナッツマート

AIZUピーナッツマート

住所
福島県喜多方市天満前8930
交通
JR磐越西線喜多方駅から徒歩5分
料金
会津産塩ゆでピー=350円/ピーナッツプリン=400円/

若喜レンガ蔵

珍しい柿の木の贅沢な蔵座敷

明治37(1904)年に建てられたレンガ蔵は国の登録有形文化財。3階建ての収納蔵と2階建ての蔵座敷で構成される。蔵座敷の1階は縞柿という柿の木で造られた座敷になっている。

若喜レンガ蔵
若喜レンガ蔵

若喜レンガ蔵

住所
福島県喜多方市三丁目4786
交通
JR磐越西線喜多方駅から徒歩10分
料金
見学料=無料/天然醸造醤油=400円/だし醤油=454円/

蔵屋敷 あづまさ

地粉100%の手打ちそばを蔵屋敷で

地粉100%の香り立つそばをはじめ、蔵出し味噌をつけて炭火でこんがりと焼く田楽、喜多方ラーメンなど、地元の味が楽しめる。食後は隣接するみやげ店をのぞいてみよう。

蔵屋敷 あづまさ

蔵屋敷 あづまさ

住所
福島県喜多方市東町4109
交通
JR磐越西線喜多方駅から会津バス西若松駅行きで7分、喜多方東高校前下車すぐ
料金
天ざるそば=1500円/手打ちそば=850円~/喜多方ラーメン=700円~/ミニラーメン=350円/田楽セット=1000円~/田楽=200円~/

老麺まるや

老舗の深い味わい

昭和29(1954)年に開業し、現在は3代目主人が看板を守る。大ぶりの丼にたっぷり注がれた琥珀色のスープは、昔ながらのあっさり味で、なめらかな麺の舌ざわりもいい。

老麺まるや
老麺まるや

老麺まるや

住所
福島県喜多方市寺南2628
交通
JR磐越西線喜多方駅から会津バス西若松駅行きで5分、新道下車すぐ
料金
老麺=600円/喜多方スペシャル(正油味チャーシューキムチ)=900円/チャーシューメン=800円/老麺セット=1100円/

旧甲斐家蔵住宅

豪商が建てた大正時代の大建築

幕末から明治期にかけて酒造や製糸で財を築いた甲斐家が、大正6(1917)年から7年を要して建てた、喜多方を代表する蔵屋敷。黒漆喰の外壁、ヒノキの柱、金粉を吹きつけた壁など、豪華な造りになっている。

旧甲斐家蔵住宅
旧甲斐家蔵住宅

旧甲斐家蔵住宅

住所
福島県喜多方市一丁目4611
交通
JR磐越西線喜多方駅から会津バス西若松駅行きで4分、新町下車、徒歩4分
料金
無料

喜多の華酒造場(見学)

通をうならせる見学施設「酒塾」

基本に忠実な酒造りに定評がある酒蔵。一般公開している酒蔵では、「酒塾」と称し酒造りの工程を詳細に解説している。利き酒スペースでは、喜多の華ブランドの酒を無料で試飲できる。

喜多の華酒造場(見学)
喜多の華酒造場(見学)

喜多の華酒造場(見学)

住所
福島県喜多方市前田4924
交通
JR磐越西線喜多方駅から徒歩10分
料金
大吟醸きたのはな=3456円(720ml)/辛口純米蔵太鼓+10=1350円(720ml)/旨口純米蔵太鼓=1350円(720ml)/特別純米星自慢=1404円(720ml)/太極拳のまち喜多方=1544円(720ml)/

喜多方蔵の里

蔵や古民家が並ぶ街並みを見学

蔵文化の保存と伝承を目的に、喜多方の古い蔵や旧家を移築して昔の街並みを再現。さまざまな様式の蔵をはじめ、肝煎屋敷旧手代木家住宅などの古民家も建つ。郷土資料も数多く展示。

喜多方蔵の里

住所
福島県喜多方市押切2丁目109
交通
JR磐越西線喜多方駅から徒歩16分

松食堂

しっかりバラ肉を煮込んで敷詰めた、チャーシュー麺が大人気

創業30年になる地元の人気店。豚ガラと煮干、野菜からていねいに作られるスープは麺との相性も抜群。コクがありながらすっきりとやさしい味わいに仕上がっている。

松食堂
松食堂

松食堂

住所
福島県喜多方市細田7230
交通
JR磐越西線喜多方駅から徒歩15分
料金
チャーシューメン=800円・900円(大盛)/ラーメン=600円/

会津清川醸造元 清川商店(見学)

老舗ならではの味わい深い酒

寛永8(1631)年創業。利き酒コーナーもあり、蔵見学のあとで銘酒が味わえる。おすすめは女性杜氏が造った「大吟醸雪樹花しずく」。12年古酒で、全国新酒鑑評会で金賞を受賞している。

会津清川醸造元 清川商店(見学)
会津清川醸造元 清川商店(見学)

会津清川醸造元 清川商店(見学)

住所
福島県喜多方市二丁目4659
交通
JR磐越西線喜多方駅から徒歩15分
料金
見学料=無料/大吟醸雪樹花しずく12年古酒=5000円(720ml)/純米18年古酒壱九九弐=3000円(720ml)、6000円(1.8リットル)/大吟醸雪樹花しずく15年古酒=5000円(720ml)/

田原屋菓子店

値段もうれしい老舗のまんじゅう

地元で長く親しまれている老舗の菓子店。名物のひと口まんじゅうは、茶まんじゅうと白皮まんじゅうの2種類がある。桜もち、きんつば(大判焼)、かき氷など、季節の甘味も評判だ。

田原屋菓子店
田原屋菓子店

田原屋菓子店

住所
福島県喜多方市谷地田7393-3
交通
JR磐越西線喜多方駅から徒歩15分
料金
ひと口まんじゅう=10円/桜もち=70円/きんつば(大判焼)=90円(1個)/

喜多方ラーメン神社&ラーメンミュージアム

喜多方ラーメンを食べて、麺結びで縁結び

喜多方ラーメンの歴史やおいしさの秘密などを、遊び心いっぱいの展示とともに紹介する。併設のラーメン神社には、ラーメン丼のご神体があり、「麺結びで縁結び」の御利益が。カフェコーナーでは喜多方ラーメンと喜多方ラーメンソフトクリームが味わえる。

喜多方ラーメン神社&ラーメンミュージアム

喜多方ラーメン神社&ラーメンミュージアム

住所
福島県喜多方市二丁目4662
交通
JR磐越西線喜多方駅から徒歩10分
料金
無料

安勝寺

喜多方ならではの土蔵造りの寺

杉木立に囲まれて建つ土蔵造りの本堂は、白漆喰の壁と黒い瓦屋根のコントラストが美しい。明治13(1880)年の大火で旧本堂が焼失したのを受けて、明治29(1896)年に完成した。

安勝寺
安勝寺

安勝寺

住所
福島県喜多方市諏訪98
交通
JR磐越西線喜多方駅から徒歩12分
料金
情報なし

楽篆工房

漢字の奥深さに触れよう

木や石に約3000年前の文字を彫る、「刻字家」として活躍する高橋政巳のギャラリー。古代文字の楽しさを満喫できる場所として、全国から観光客が訪れる。好きな言葉や名前を入れた会津桐も人気。

楽篆工房

楽篆工房

住所
福島県喜多方市寺町4771
交通
JR磐越西線喜多方駅から徒歩12分
料金
はがき=130円~/オリジナル印鑑=3560円~/オリジナル表札=20000円/

ジャンルで絞り込む