>  >  >  >  >  > 

福島【喜多方】情緒ある蔵のまちをサイクリング♪ レトロ空間でランチ&カフェ

まっぷるマガジン編集部

更新日:2021年6月7日

この記事をシェアしよう!

福島【喜多方】情緒ある蔵のまちをサイクリング♪ レトロ空間でランチ&カフェ

沿道や路地のそこかしこにクラシックな蔵が点在する喜多方。
酒や味噌を仕込む現役の蔵も数多く残っています。
2018年に重要伝統的建造物群保存地区に選定された、情緒あふれる町並み散策にでかけましょう。
蔵めぐりの合間には食事処やカフェでの休憩もおすすめです。

【福島】喜多方のまちについて知ろう

なぜ蔵が多いの?
古くから会津藩の米蔵として、また産物の集積地として栄え、蔵を持つことは男の甲斐性とされる気風から競って建てられた。

どんな種類があるの?
大切なものを保管する「貯蔵庫」、味噌や醤油などの醸造に使う「仕込み蔵」のほか、美の極致を求めた「座敷蔵」や防火・盗難防止を意識した「店蔵」などもある。

【福島】喜多方のまちについて知ろう

【福島・喜多方】レンタサイクルで蔵のまちをめぐろう

見どころが町のいたるところに点在する喜多方は、自転車に乗ってゆったり町めぐりするのがおすすめです。

【サイクリングMAP】 ※拡大できます

【所要】 約3時間

START JR喜多方駅

⇩ 自転車で10分

①酒蔵くらしっく 小原酒造

⇩ 自転車ですぐ

②和飲蔵

⇩ 自転車で5分

③旧甲斐家蔵住宅

⇩ 自転車ですぐ

④山中煎餅本舗

⇩ 自転車で2分

⑤大和川酒蔵北方風土館

⇩ 自転車で2分

⑥若喜レンガ蔵

⇩ 自転車で5分

⑦漆器蔵 会津野

⇩ 自転車で2分

GOAL JR喜多方駅

【福島・喜多方×サイクリング①】クラシックが流れる酒蔵を見学しよう「酒蔵くらしっく 小原酒造」

享保2(1717)年創業の酒蔵。酒の原料となる酵母に、モーツァルトを聴かせて発酵させた音楽酒「蔵粋」が人気。酒蔵見学もできるので、気軽に訪ねてみよう。

<ここはこんな蔵!>
店蔵はどっしりとした土蔵造り。仕込み蔵は中央に柱のない合掌造りになっている

【福島・喜多方×サイクリング①】クラシックが流れる酒蔵を見学しよう「酒蔵くらしっく 小原酒造」

仕込み蔵や貯蔵蔵がいまだ現役として活躍している

【福島・喜多方×サイクリング①】クラシックが流れる酒蔵を見学しよう「酒蔵くらしっく 小原酒造」

土蔵造りの店蔵。中に入ると幅1間の土間が設けられている

【福島・喜多方×サイクリング①】クラシックが流れる酒蔵を見学しよう「酒蔵くらしっく 小原酒造」

仕込み蔵の中ではモーツァルトが流れている

酒蔵くらしっく 小原酒造(見学)

住所
福島県喜多方市南町2846
交通
JR磐越西線喜多方駅から会津バス会津若松行きで7分、南小田付下車すぐ
料金
見学料=無料/蔵粋紅寒梅=2255円(720ml)/蔵粋純米辛口壺の華=1375円(720ml)/蔵粋(くらしっく)純米大吟醸管弦酒=5610円(1.8リットル)、2805円(720ml)/桃色にごり(桜)=2255円(720ml)/

【福島・喜多方×サイクリング②】明治時代の土蔵がワインセラーに「和飲蔵」

ワインアドバイザーの資格を持つ星酒店の主人が、明治初期の呉服店の土蔵を、ワインセラーとして改装。おしゃれで実用的な店内にはこだわりのワインが並ぶ。

<ここはこんな蔵!>
もとは明治初期に建てられた呉服商の倉庫蔵。埃を防ぐため、内装に木材が使われている

【福島・喜多方×サイクリング②】明治時代の土蔵がワインセラーに「和飲蔵」

蔵のさまざまな特性がワインの貯蔵に適している

【福島・喜多方×サイクリング②】明治時代の土蔵がワインセラーに「和飲蔵」

国内外のワイン250種類と、会津の地酒も取りそろえる

【福島・喜多方×サイクリング②】明治時代の土蔵がワインセラーに「和飲蔵」

<おみやげはコレ!>
北会津ワイン(赤・白・ロゼ)500㎖ 各1800円

和飲蔵

住所
福島県喜多方市北町2905
交通
JR磐越西線喜多方駅から会津バス西若松駅行きで7分、南小田付下車、徒歩3分
料金
北会津ワイン各種(赤・ロゼ・白)=650円(330ml)、1250円(720ml)/

【福島・喜多方×サイクリング③】豪商が建てた大正時代の大建築「旧甲斐家蔵住宅」

幕末から明治期にかけて酒造や製糸で財を築いた甲斐家が、大正6(1917)年から7年を要して建てた、喜多方を代表する蔵屋敷。黒漆喰の外壁、ヒノキの無節柱、金雲模様の大唐紙をはめ込んだ内壁など、豪華な造りになっている。

<ここはこんな蔵!>
外壁は重厚な黒漆喰。51畳の座敷には檜や紫檀などが使われて、実にきらびやか

【福島・喜多方×サイクリング③】豪商が建てた大正時代の大建築「旧甲斐家蔵住宅」

蔵の街のシンボルは国の有形文化財に指定されている

【福島・喜多方×サイクリング③】豪商が建てた大正時代の大建築「旧甲斐家蔵住宅」

欄間にまで当時の職人の技が光る

旧甲斐家蔵住宅

住所
福島県喜多方市一丁目4611
交通
JR磐越西線喜多方駅から会津バス西若松駅行きで4分、新町下車、徒歩4分
料金
無料

【福島・喜多方×サイクリング④】明治の創業時の建物を復元「山中煎餅本舗」

昔ながらの方法で一枚ずつ炭火で焼き上げる、素朴なたまりせんべいが人気。粗挽き胡椒が効いた喜多方ラーメンせんべいもおすすめ。手焼き体験はみやげ付で500円。

<ここはこんな蔵!>
明治時代に建てられたものを1990年に復元。煎餅はレンガ窯で焼く

【福島・喜多方×サイクリング④】明治の創業時の建物を復元「山中煎餅本舗」

ふれあい通り沿いに建つ風情ある建物

【福島・喜多方×サイクリング④】明治の創業時の建物を復元「山中煎餅本舗」

和の雰囲気が漂う店内に煎餅が並ぶ

【福島・喜多方×サイクリング④】明治の創業時の建物を復元「山中煎餅本舗」

香ばしい匂いがたまらない

【福島・喜多方×サイクリング④】明治の創業時の建物を復元「山中煎餅本舗」

<おみやげはコレ!>
たまりせんべい 1枚 86円〜

山中煎餅本舗

住所
福島県喜多方市一丁目4643
交通
JR磐越西線喜多方駅から徒歩15分
料金
たまりせんべい=86円~(1枚)/せんべい炭火焼き体験(予約不要)=500円(3枚焼き+おみやげ付)/

【福島・喜多方×サイクリング⑤】3つの時代の蔵が残る酒蔵「大和川酒蔵北方風土館」

寛政2(1790)年創業の老舗酒蔵が、敷地内の6棟の蔵の一部を資料館として公開。創業当時の江戸蔵や大正年間に建てられた大正蔵など時代による違いも興味深い。

<ここはこんな蔵!>
大きな梁がある江戸蔵からイベントにも使われる昭和蔵まで、各時代の様式が比較できる

【福島・喜多方×サイクリング⑤】3つの時代の蔵が残る酒蔵「大和川酒蔵北方風土館」

蔵の建築様式や意匠、装飾がそれぞれの時代を表す

【福島・喜多方×サイクリング⑤】3つの時代の蔵が残る酒蔵「大和川酒蔵北方風土館」

大正蔵には酒の種類ごとに商品を展示

【福島・喜多方×サイクリング⑤】3つの時代の蔵が残る酒蔵「大和川酒蔵北方風土館」

酒造りに使用した道具を展示する江戸蔵

【福島・喜多方×サイクリング⑤】3つの時代の蔵が残る酒蔵「大和川酒蔵北方風土館」

<おみやげはコレ!>
純米大吟醸 酒星眼回 720㎖ 2700円

【福島・喜多方×サイクリング⑤】3つの時代の蔵が残る酒蔵「大和川酒蔵北方風土館」

<おみやげはコレ!>
純米辛口 弥右衛門 720㎖ 1188円

大和川酒蔵北方風土館

住所
福島県喜多方市寺町4761
交通
JR磐越西線喜多方駅から徒歩15分
料金
入館料=無料(いのちと四方四里のみ試飲は有料)/純米辛口弥右衛門=1210円(720ml)/大吟醸=3300円(720ml)/純米大吟醸いのち=8030円(720ml)/純米大吟醸酒星眼回=5500円(1.8リットル)/カスモチ原酒弥右衛門酒=3300円(1.8リットル)/

【福島・喜多方×サイクリング⑥】珍しい柿の木の贅沢な蔵座敷「若喜レンガ蔵」

明治37(1904)年に建てられたレンガ蔵は国の登録有形文化財。3階建ての収納蔵と2階建ての蔵座敷で構成される。蔵座敷の1階は縞柿という柿の木で造られた座敷になっている。

<ここはこんな蔵!>
現在8棟残る蔵のうち2棟がレンガ蔵。2階建てのレンガ蔵は中が縞柿の座敷

【福島・喜多方×サイクリング⑥】珍しい柿の木の贅沢な蔵座敷「若喜レンガ蔵」

通りに面してレンガ造りの建物がよく見える

【福島・喜多方×サイクリング⑥】珍しい柿の木の贅沢な蔵座敷「若喜レンガ蔵」

昭和6(1931)年築の店舗も国登録有形文化財指定

【福島・喜多方×サイクリング⑥】珍しい柿の木の贅沢な蔵座敷「若喜レンガ蔵」

天井や柱、調度品まで縞柿が贅沢に使われている

【福島・喜多方×サイクリング⑥】珍しい柿の木の贅沢な蔵座敷「若喜レンガ蔵」

<おみやげはコレ!>
天然醸造醤油 356円

【福島・喜多方×サイクリング⑥】珍しい柿の木の贅沢な蔵座敷「若喜レンガ蔵」

<おみやげはコレ!>
だし醤油 454円

若喜レンガ蔵

住所
福島県喜多方市三丁目4786
交通
JR磐越西線喜多方駅から徒歩10分
料金
見学料=無料/天然醸造醤油=400円/だし醤油=454円/

【福島・喜多方×サイクリング⑦】レトロな蔵で買い物と喫茶を「漆器蔵 会津野」

蔵座敷の店内には、普段使いの盆や汁椀、コーヒーカップなどが並ぶ。手ごろな価格の商品も多いので、お気に入りを探そう。建物左側の入口からは、「珈琲蔵ぬりの里」に入れる。

<ここはこんな蔵!>
店内奥の重厚な観音扉が印象的。その先は蔵座敷でギャラリーのような空間になっている

【福島・喜多方×サイクリング⑦】レトロな蔵で買い物と喫茶を「漆器蔵 会津野」

創業は嘉永年間。白壁が美しく景色に映える

【福島・喜多方×サイクリング⑦】レトロな蔵で買い物と喫茶を「漆器蔵 会津野」

使い勝手のいいオリジナルの漆器が並ぶ

【福島・喜多方×サイクリング⑦】レトロな蔵で買い物と喫茶を「漆器蔵 会津野」

<おみやげはコレ!>
栃 自在カップ 7020円

【福島・喜多方×サイクリング⑦】レトロな蔵で買い物と喫茶を「漆器蔵 会津野」

<おみやげはコレ!>
カレーとパスタの皿 4104円

【福島・喜多方×サイクリング⑦】レトロな蔵で買い物と喫茶を「漆器蔵 会津野」

<おみやげはコレ!>
喜多方らーめん箸 1296円。蒔絵体験でオリジナルの箸を作ることもできる

漆器蔵 会津野

住所
福島県喜多方市天満前8919-1
交通
JR磐越西線喜多方駅から徒歩5分
料金
喜多方らーめん箸=1296円/カレーとパスタの皿=4104円/栃自在カップ=7020円/木製コーヒーカップ&ソーサー=17280円/

【福島・喜多方】蔵めぐりの合間にランチするならここ

「蔵のまち」ならではの趣のある食事処で、喜多方の食材をいかした郷土料理を味わいましょう。

【福島・喜多方×ランチ】旬の料理に癒されるひととき「食堂つきとおひさま」

地元の食材と調味料を使った野菜たっぷりの定食がおすすめ。自家製のパンやおやつも楽しめる。かわいい会津雑貨も扱っており、風情ある建物でグルメとショッピングをゆっくりと楽しめる。

【福島・喜多方×ランチ】旬の料理に癒されるひととき「食堂つきとおひさま」

旬のおかず定食 1080円

新鮮な地元の食材を使って手間ひまかけた惣菜が並ぶ。内容は時期により異なる

【福島・喜多方×ランチ】旬の料理に癒されるひととき「食堂つきとおひさま」

店先で会津ゆかりの工芸品など雑貨を販売する

【福島・喜多方×ランチ】旬の料理に癒されるひととき「食堂つきとおひさま」

あんぱん 1個 160円

週末には数種類のパンが並ぶ

【福島・喜多方×ランチ】旬の料理に癒されるひととき「食堂つきとおひさま」

築70年以上の建物を改装

ガラスの引き戸や土間など、昔ながらの造りを随所に生かしてあり、レトロな雰囲気

食堂つきとおひさま

住所
福島県喜多方市寺町南5006
交通
JR磐越西線喜多方駅から徒歩10分
料金
旬のおかず定食=1000円/花豆ショコラ=450円~/

【福島・喜多方×ランチ】風情ある店内で郷土料理を味わう「会津 田舎家」

ニシンの山椒漬けや馬刺、山菜天ぷらなど郷土の一品料理が人気。地元の素材にこだわった、風味豊かな料理が楽しめる。喜多方の地酒や果実酒なども多数そろう。

【福島・喜多方×ランチ】風情ある店内で郷土料理を味わう「会津 田舎家」

郷土料理のおまかせコース 2500円〜

山菜天ぷら、桜ずしとちまきの盛り合わせなど。どれも素朴な味わい。写真は一例

【福島・喜多方×ランチ】風情ある店内で郷土料理を味わう「会津 田舎家」

大きな板のテーブルが印象的な店内

【福島・喜多方×ランチ】風情ある店内で郷土料理を味わう「会津 田舎家」

檜枝岐の古民家の廃材を利用

毛糸屋さんの建物を改装したもの。懐かしさとモダンさを漂わせている

会津 田舎家

住所
福島県喜多方市梅竹7276-2
交通
JR磐越西線喜多方駅から徒歩15分
料金
道のく膳(山菜か鮭のわっぱ飯)=1250円/会津山塩ラーメン=700円/馬刺し=890円~/郷土料理コース=3000円/馬肉堪能コース=4000円/平均予算(昼):1200円、平均予算(夜):3000~4000円/

【福島・喜多方】蔵のまちならではのカフェでひと休み

おいしい水で淹れたコーヒーを、レトロな心安らぐ空間で楽しんでみてはいかがでしょうか。

【福島・喜多方×カフェ】倉庫蔵でいただく手作りスイーツ「珈琲蔵ぬりの里」

漆器専門店「漆器蔵 会津野」に隣接するカフェ。店内には古い家具などが置かれていて、ほのぼのとした空間。パフェやぜんざい、手作り大福など、スイーツも充実。

【福島・喜多方×カフェ】倉庫蔵でいただく手作りスイーツ「珈琲蔵ぬりの里」

蔵セット 780円

ホットケーキに自家製餡とホイップクリームを挟んだお蔵ケーキは懐かしい味わい。会津漆器でいただく蔵コーヒーも美味

【福島・喜多方×カフェ】倉庫蔵でいただく手作りスイーツ「珈琲蔵ぬりの里」

明治初期の蔵を利用

漆製品の倉庫蔵を改装して、カフェと漆器店に。2階はまるで隠れ家のような雰囲気

珈琲蔵ぬりの里

住所
福島県喜多方市天満前8919-1
交通
JR磐越西線喜多方駅から徒歩5分
料金
蔵セット=780円/蔵コーヒー=500円/田舎もちセット=1200円/お蔵ケーキ=400円/

【福島・喜多方×カフェ】なまこ壁の蔵で香り高いコーヒーを「喫茶くら」

なまこ壁と暖簾が目印の蔵の中は情緒あふれる空間で、蔵ならではの見どころも多い。飯豊山麓の伏流水で淹れる炭焼きコーヒーを飲みながら、のんびりとした時間を過ごそう。

【福島・喜多方×カフェ】なまこ壁の蔵で香り高いコーヒーを「喫茶くら」

炭焼きコーヒー 500円

喜多方の名水で淹れる、深い色合いと香り高いコーヒーは、美しいカップで提供される

【福島・喜多方×カフェ】なまこ壁の蔵で香り高いコーヒーを「喫茶くら」

なまこ壁が印象的な蔵

明治後期に建てられたなまこ壁の蔵の中は天井が高く、白漆喰の壁がいかにも蔵らしい

喫茶くら

住所
福島県喜多方市1-4646
交通
JR磐越西線喜多方駅から会津バス会津若松行きで5分、寺町角下車すぐ
料金
炭焼きコーヒー=500円/ケーキ各種(抹茶・チーズ・チョコ)=450円/ケーキセット=800円~/ブレンドコーヒー=450円/

【福島・喜多方×カフェ】こだわり卵のプリンが人気「Cocco tree」

阿武隈山系の水で育った鶏の卵を使った手作りスイーツが並ぶカフェ。一番人気は会津のブランド牛乳「べこの乳」を使ったプリン。スイーツに合わせたオリジナルブレンドのコーヒーと一緒に。

【福島・喜多方×カフェ】こだわり卵のプリンが人気「Cocco tree」

ジュレプリン 380円

なめらかプリンに季節ごとに変わるフルーツジュレをのせたジュレプリン

【福島・喜多方×カフェ】こだわり卵のプリンが人気「Cocco tree」

明るく開放的な空間

ウッディな店内は、天井が高く日当たり抜群で心地が良い

Cocco tree

住所
福島県喜多方市御清水3
交通
JR磐越西線喜多方駅からタクシーで5分
料金
とろ~りなめらかプリン(1個)=330円/いきいきたまごのふわとろオムライス=800円/

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください