エリア・ジャンルからさがす

トップ > 日本 > 東海・北陸 > 北陸 > 金沢・加賀温泉郷 > 金沢 > 東山・卯辰山 > 飴の俵屋

アメノタワラヤ

飴の俵屋

東山・卯辰山 / 和菓子

米と大麦だけで作るやさしい甘味

天保元(1830)年の創業以来、砂糖などの甘味料を一切使わずに米と大麦だけを使った飴を作り続けている壺入りのじろあめが名物。金沢のシンボル的な老舗だ。

飴の俵屋の画像 1枚目
飴の俵屋の画像 2枚目
飴の俵屋の画像 3枚目
飴の俵屋の画像 4枚目
飴の俵屋の詳細情報
住所
石川県金沢市小橋町2-4 (大きな地図で場所を見る)
電話
076-252-2079(フリーダイヤル0120-411-522)
交通
JR金沢駅から金沢ふらっとバス此花ルートで8分、小橋下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:30、日曜は~17:00
休業日
無休(12月31日~翌1月3日休)
料金
じろあめ=1296円(300g)/飴ん子=540円(80g)/俵っ子=540円(90g)/
カード
利用可能
駐車場
あり | 台数:3台 | 無料
ID
17001265

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

飴の俵屋と同じエリアの記事

【金沢】女子ゴコロくすぐるお土産♪ 愛され雑貨をチェック!

金沢の旅の思い出に、キュートでカラフル、持っていれば女子力がアップしそうな雑貨はいかがでしょうか?加賀染めの手ぬぐいをはじめ加賀友禅のタンブラー、コロンと小さい加賀てまりストラップ、金沢ならではの金箔...

石川【金沢】ナイトクルーズ! ライトアップバスで夜のおでかけ!

古い街並みや建造物が数多く残る金沢は、夜、ライトアップされているスポットが数多く、街なかが幻想的な雰囲気。週末には「金沢ライトアップバス」も運行されていて、夜の街を便利に楽しむことができる。

【金沢みやげ】持って帰りたい地元の美味10選

日本海と豊かな山からの食材に恵まれた金沢には、厳しい冬を乗り越えるために発達した保存食や個性的な加工食品が数多い。今でも伝統や技術に裏打ちされた確固たる味として受け継がれている地元の逸品をおみやげに。

金沢【ひがし茶屋街】こだわり雑貨! イイモノに出会えるセレクトショップへ行こう

金沢らしいセンスのよいアイテムがそろうセレクトショップがひがし茶屋街にも近年続々オープン。地元作家の作品など、ここでしか手に入らない素敵なアイテムを探しに行こう!

金沢【加賀料理】おすすめの名店5選 優雅で大胆な百万石の食文化

四季折々の食材と、九谷焼や輪島塗の見事な器が織り成す加賀料理。調度品などすみずみにまでもてなしの心が行き届いた料亭で、料理人の技が光る加賀の食文化を心行くまで楽しんでみませんか。

【金沢】フォトジェニックな旅!1泊2日モデルコース!

写真を撮ってSNSに上げるのも旅の楽しみのひとつ。アートスポットやインパクトのある料理、風情ある街並みなど、いろいろ工夫しながら撮影を楽しもう!

【金沢】和カフェの楽しみ方♪ 甘味処のおすすめ!

金沢の旅でホッと一息つくなら、和のカフェがおすすめです。話題の棒茶を使ったスイーツや老舗が手がける昔ながらの甘味などで、ほっこりしたひと時を過ごしましょう。

金沢【主計町茶屋街】観光・ショッピング・カフェ! 風情ある街並みのおすすめスポット

浅野川のせせらぎを聞きながらまち歩きができる主計町茶屋街は、城下町らしい街並みを色濃く残す今秘かに話題のエリア。おすすめスポットと散策途中にひと休みできるカフェをご紹介します。

【金沢フレンチ】楽しみ方! 豊富な食材をアートに彩る!

能登の海産物や加賀野菜など、美食の街・金沢には四季ごとにさまざまな食材があふれています。そんな旬の魅力をフレンチの技で引き出すシェフの一皿を、美しい盛り付けとともに楽しみましょう。

【ひがし茶屋街】金沢の風情ある街を満喫! おすすめの観光・グルメスポットをご紹介!

金沢を代表する観光地、ひがし茶屋街。風情ある石畳の道や出格子の町家、夕暮れになるとどこからか聞こえてくる三味線の音色が、旅する気持ちをいっそう盛りあげます。江戸時代の面影を今も残すノスタルジックな町を...
もっと見る

飴の俵屋の近くのスポット

飴の俵屋のエリア × テーマ

トップ > 日本 > 東海・北陸 > 北陸 > 金沢・加賀温泉郷 > 金沢 > 東山・卯辰山
トップ > ショッピング・おみやげ > 食品・お酒 > 和菓子
トップ > 日本 x 和菓子 > 東海・北陸 x 和菓子 > 北陸 x 和菓子 > 金沢・加賀温泉郷 x 和菓子 > 金沢 x 和菓子 > 東山・卯辰山 x 和菓子