トップ > 全国 x 和菓子 > 東海・北陸 x 和菓子 > 北陸 x 和菓子 > 金沢・加賀温泉郷 x 和菓子 > 金沢 x 和菓子 > 東山・卯辰山 x 和菓子

東山・卯辰山 x 和菓子

東山・卯辰山のおすすめの和菓子スポット

東山・卯辰山のおすすめの和菓子スポットをご紹介します。思わず笑みがこぼれる和みの小物がいっぱい「金沢東山・百番屋」、米と大麦だけで作るやさしい甘味「飴の俵屋」、ふっくらとした上品な甘さのきんつば「きんつば中田屋 東山茶屋街店」など情報満載。

東山・卯辰山のおすすめの和菓子スポット

  • スポット:8 件
  • 記事:5 件

1~20 件を表示 / 全 8 件

金沢東山・百番屋

思わず笑みがこぼれる和みの小物がいっぱい

“金沢らしい”おみやげと雑貨を扱うショップ。ほとんどの商品がオリジナルで“気軽に九谷焼を使ってほしい”という想いから誕生した「九谷焼ジャーキャップ」が大人気。ほかにも牛乳を注いで食べる一風変わった「ふやきおーれ」など、女の子がよろこぶアイテムが勢ぞろい。

金沢東山・百番屋
金沢東山・百番屋

金沢東山・百番屋

住所
石川県金沢市東山1丁目3-5
交通
JR金沢駅から北鉄バス兼六園方面行きで7分、橋場町下車すぐ
料金
九谷焼ジャーキャップ=2750円~/ふやきおーれ=350円~/のど黒ソフト=550円/

飴の俵屋

米と大麦だけで作るやさしい甘味

天保元(1830)年の創業以来、砂糖などの甘味料を一切使わずに米と大麦だけを使った飴を作り続けている壺入りのじろあめが名物。金沢のシンボル的な老舗だ。

飴の俵屋
飴の俵屋

飴の俵屋

住所
石川県金沢市小橋町2-4
交通
JR金沢駅から金沢ふらっとバス此花ルートで8分、小橋下車すぐ
料金
じろあめ=1296円(300g)/飴ん子=540円(80g)/俵っ子=540円(90g)/

きんつば中田屋 東山茶屋街店

ふっくらとした上品な甘さのきんつば

北海道産大納言小豆をふっくらと炊き上げ、薄衣をつけて丁寧に仕上げる製法が長年幅広い年代に愛されてきた、きんつばの名店。

きんつば中田屋 東山茶屋街店

住所
石川県金沢市東山1丁目5-9
交通
JR金沢駅から北陸鉄道橋場町経由東部車庫行きバスで10分、橋場町下車すぐ

森八 ひがし二番丁店

もちもちの生地が粒餡によく合う

寛永2(1625)年創業の和菓子の老舗。ひがし二番丁店は伝統的な茶屋建築を改修し、金沢らしい風情を感じられる。金箔があしらわれた「加賀藩御用金山 宝達」が人気商品となっている。

森八 ひがし二番丁店
森八 ひがし二番丁店

森八 ひがし二番丁店

住所
石川県金沢市東山1丁目24-6
交通
JR金沢駅から北陸鉄道バス柳橋方面行きで10分、橋場町下車、徒歩3分
料金
くずきり=750円/

中田屋 東山店

大粒小豆が美味

さまざまなお茶菓子が親しまれている金沢で、きんつばの名店と知られる。大粒の大納言小豆を厳選し、手間ひまかけて作り上げる上品な味わいには、長年来のファンも多い。

中田屋 東山店
中田屋 東山店

中田屋 東山店

住所
石川県金沢市東山3丁目4-30
交通
JR金沢駅から北陸鉄道橋場町経由東部車庫行きバスで10分、橋場町下車すぐ
料金
きんつば=184円~(1個)、843円~(5個入)/

柴舟小出 東山店

柴舟小出 東山店

住所
石川県金沢市東山1丁目13-13

豆半

上品にして繊細な和菓子の魅力

茶席菓子の受注生産を行う「吉はし」の店頭販売ブランド。親しみのある商品を主に予約なしで購入できるが、売切れることもある。

豆半
豆半

豆半

住所
石川県金沢市東山2丁目2-2
交通
JR金沢駅から北陸鉄道橋場町経由東部車庫行きバスで10分、橋場町下車、徒歩7分
料金
本練ようかん=200円/どら焼=190円/寒氷=330円/

加賀銘菓の越野

祝い事に欠かせない伝統菓子「金花糖」

名物の「金花糖」は、婚礼やひな祭りなど、金沢の祝い事に登場する伝統菓子。桃や具、鯛などの木型に溶かした砂糖を流し込んで固めたもので、祝い事にふさわしい華やかな逸品。

加賀銘菓の越野
加賀銘菓の越野

加賀銘菓の越野

住所
石川県金沢市東山2丁目18-18
交通
JR金沢駅から北陸鉄道城下まち金沢周遊バス右回りルートで7分、森山1丁目下車、徒歩5分
料金
金花糖=2613円(鯉)、2613円(お目出た)、3564円(箱入り)/献上台の金花糖=14250円/

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください