トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 阿蘇・熊本・大分 > 別府・由布院 > 別府 > 別府・観海寺温泉 > スギノイパレス(日帰り入浴)

スギノイパレス

スギノイパレス(日帰り入浴)

海抜200mの棚湯から別府湾や別府市街を眺望

「別府温泉 杉乃井ホテル」内にある日帰り入浴施設。眺望が魅力の5段構造の大展望露天風呂「棚湯」や、水着で楽しむ露天型温泉施設「ザ アクアガーデン」がある。二つの施設は自由に行き来ができる。

住所
大分県別府市観海寺1 (大きな地図で場所を見る)
電話
0977-24-1141(別府温泉杉乃井ホテル)
交通
JR日豊本線別府駅から無料送迎バスで15分
営業期間
通年
営業時間
大展望露天風呂「棚湯」9:00~22:00(閉館23:00)、ザ アクアガーデンは11:00~
休業日
無休(年1回点検期間休)
料金
入浴料=大人1200円、小人(3歳~小学生)700円/入浴料(土・日曜、祝日)=大人1800円、小人1100円/ (GW、夏休み、年末年始などの繁忙期は要問合せ)
カード
利用可能
駐車場
あり | 台数:900台 | 無料
ID
44001377

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

同じエリアに関連する記事

大分【別府温泉】公衆浴場! 地元っ子気分で入浴を楽しむ!

別府八湯の中心地でもある別府駅を中心に広がるエリア。商店街のアーケードやレトロな町並みが情緒を醸す。路地に点在する浴場は地元の人々が日常使いしているところが多く、人情味にあふれ、古めかしい雰囲気が漂う...

おんせん県大分の【温泉を極める】6つのテーマ

源泉総数がダントツ日本一の大分県。名実ともに「おんせん県」である大分には、どんな温泉があるのか?どんな特徴があるのか?をテーマ別にわかりやすく紹介。自分の目的に合わせて行きたい温泉を決めよう!

大分観光はこれでOK!押さえておきたいおすすめ観光スポットと各エリアの特徴

日本一のおんせん県を謳う大分県。温泉湧出量全国1位の別府をはじめ、国内屈指の温泉リゾートとして国内外から人気を集める由布院、炭酸系温泉として名高い長湯など、大分県には多彩な温泉地が点在しています。また...

別府温泉はココがすごい! 温泉パーフェクトガイド

湧出量、源泉数とも日本随一を誇り、広い市街に温泉地が点在する別府は“おんせん県”大分の代表格!明礬、鉄輪、柴石、亀川、堀田、観海寺、別府、浜脇の8つの温泉地を総称して「別府八湯」と呼び、泉質や湯の色が...

別府グルメ【別府冷麺】冷たいスープとオリジナル麺のハーモニー

別府市内の約70店で提供されるオリジナルの冷麺。専門店や焼肉店のほか、ラーメン屋や居酒屋などで、各店の個性豊かな冷麺が楽しめる。

別府で話題の女性におすすめ湯宿6選

レトロな温泉旅館が多い別府に、スタイリッシュなホテルや女性にやさしい宿などが近年続々登場している。新しいもてなしスタイルが話題の6つの宿を紹介。

別府でとっておきの湯宿をセレクト

良質な温泉で湯舟を満たす別府の宿は、新鮮な海の幸を使った料理や別府湾の眺望など魅力もさまざま。各宿いちおしのセレクトポイントをチェックしよう。

大分【別府】絶品のとり天を味わう! さくふわ&ジューシーでやみつきに!

大分の代表的な家庭料理として親しまれるとり天。専門店はなく、さまざまなジャンルの店で提供され、味や衣にそれぞれの特徴がある。

大分・熊本【由布院・阿蘇観光】絶景・グルメ・温泉! おすすめの旅行プラン

きれいな景色を見て、美味しいもの食べて、泊まるのはもちろん温泉!そんなワガママをかなえてくれる由布院・阿蘇の旅。遠方からでも1泊2日で全エリアめぐるのも可能だが、2泊すればゆっくり旅を満喫できる!

エリア × テーマ

トップ > 全国 >  九州・沖縄 >  阿蘇・熊本・大分 >  別府・由布院 >  別府 >  別府・観海寺温泉
トップ > 宿泊・温泉 >  日帰り温泉・入浴施設 >  日帰り入浴専用施設
トップ > 全国 x 日帰り入浴専用施設 >  九州・沖縄 x 日帰り入浴専用施設 >  阿蘇・熊本・大分 x 日帰り入浴専用施設 >  別府・由布院 x 日帰り入浴専用施設 >  別府 x 日帰り入浴専用施設 >  別府・観海寺温泉 x 日帰り入浴専用施設

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください