トップ > 全国 > 九州・沖縄 > 阿蘇・熊本・大分 > 別府・由布院 > 別府 > 別府・観海寺温泉 > 竹瓦温泉

タケガワラオンセン

竹瓦温泉

別府温泉を代表する下町の湯

別府の市営温泉のなかでも歴史が古く、別府温泉のシンボル的存在。唐破風づくりの重厚な建物同様に、館内もレトロな雰囲気が漂う。砂湯が名物だが、地元の人から愛されている半地下の内風呂も昔ながらの風情を残していて趣がある。泉質は女湯のみ異なる。

住所
大分県別府市元町16-23 (大きな地図で場所を見る)
電話
0977-23-1585
交通
JR日豊本線別府駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
6:30~22:30(閉館)、砂湯は8:00~21:30(閉館22:30)
休業日
12月は第3水曜、砂湯は第3水曜、祝日の場合は翌日休
料金
入浴料=大人300円、小人100円/砂湯(1回)=1500円/
ID
44000301

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

同じエリアに関連する記事

大分観光はこれでOK!押さえておきたいおすすめ観光スポットと各エリアの特徴

日本一のおんせん県を謳う大分県。温泉湧出量全国1位の別府をはじめ、国内屈指の温泉リゾートとして国内外から人気を集める由布院、炭酸系温泉として名高い長湯など、大分県には多彩な温泉地が点在しています。また...

別府グルメ【焼肉】別府市内のコンビニよりも多いかも?

別府のあちらこちらで目にする「焼肉」の看板。戦後、大陸から引き上げてきた人々が開店した店にはじまり、観光客の増加とともに焼肉店が増えたといわれる。豊後牛や鮮度の高い肉をリーズナブルに味わえるのも特徴。

別府で話題の女性におすすめ湯宿5選

レトロな温泉旅館が多い別府に、スタイリッシュなホテルや女性にやさしい宿などが近年続々登場している。新しいもてなしスタイルが話題の5つの宿を紹介。

おんせん県大分の【温泉を極める】6つのテーマ

源泉総数がダントツ日本一の大分県。名実ともに「おんせん県」である大分には、どんな温泉があるのか?どんな特徴があるのか?をテーマ別にわかりやすく紹介。自分の目的に合わせて行きたい温泉を決めよう!

大分【別府】ってこんなところ!温泉、お宿、グルメ&みやげ!

まずは知っておきたい温泉のこと、旅を彩る素敵な旅館、湯めぐり途中に食べたい名物グルメ、それぞれの特徴をざっくりとつかもう。

別府温泉はココがすごい! 温泉パーフェクトガイド

湧出量、源泉数とも日本随一を誇り、広い市街に温泉地が点在する別府は“おんせん県”大分の代表格!明礬、鉄輪、柴石、亀川、堀田、観海寺、別府、浜脇の8つの温泉地を総称して「別府八湯」と呼び、泉質や湯の色が...

別府グルメ【寿司&海の幸】旬のとれたて魚介が大集合!

瀬戸内海に太平洋の黒潮がぶつかる豊後水道は、魚介の宝庫。荒波にもまれて身がしまった極上の味わいを、寿司や海鮮丼などで堪能できる。

大分【別府】湯上がりスイーツ♪ 湯めぐりの合間に立ち寄りたい!

ひんやりスイーツから、温泉熱で作る名物グルメまで、充実のラインアップをご紹介!

別府グルメ【別府冷麺】冷たいスープとオリジナル麺のハーモニー

別府市内の60〜70店で提供されるオリジナルの冷麺。専門店や焼肉店のほか、ラーメン屋や居酒屋などで、各店の個性豊かな冷麺が楽しめる。

エリア × テーマ

トップ > 全国 >  九州・沖縄 >  阿蘇・熊本・大分 >  別府・由布院 >  別府 >  別府・観海寺温泉
トップ > 宿泊・温泉 >  日帰り温泉・入浴施設 >  共同湯
トップ > 全国 x 共同湯 >  九州・沖縄 x 共同湯 >  阿蘇・熊本・大分 x 共同湯 >  別府・由布院 x 共同湯 >  別府 x 共同湯 >  別府・観海寺温泉 x 共同湯

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください