>  >  >  >  >  >  別府グルメ【湯上がりスイーツ】湯めぐりの合間に立ち寄りたい!

別府グルメ【湯上がりスイーツ】湯めぐりの合間に立ち寄りたい!

別府グルメ【湯上がりスイーツ】湯めぐりの合間に立ち寄りたい!

ひんやりスイーツから、温泉熱で作る名物グルメまで、充実のラインアップをご紹介!

カフェ

時間を贅沢に使うならこちら
「温泉につかったあとはリラックスしたい!」というあなたは、素敵なスイーツとともにカフェで大人の時間を楽しんで。

喫茶なつめ

レトロ喫茶でひとやすみ
別府駅の路地裏にあり、地元でも愛されている昔懐かしい喫茶店。珈琲や紅茶などのドリンク類はもちろん、湯めぐりの途中に味わいたいパフェやぜんざいなどのスイーツメニューも充実している。

MENU
はちみつトースト650円
ぜんざい850円

喫茶なつめ

珈琲三昧
オリジナル珈琲のゼリーや豆を使ったパフェ。アイスクリームやプリンものる

喫茶なつめ

小豆や抹茶プリンなどが入った抹茶三昧(900円)

喫茶なつめ

家具や照明などのインテリアにも注目したい

喫茶なつめ

住所
大分県別府市北浜1丁目4-23
交通
JR日豊本線別府駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
10:00~19:45(L.O.)
休業日
水曜(1月1日休)
料金
温泉珈琲=550円/生チョコケーキバナナパフェ=850円/ 平均予算(昼):800円, 平均予算(夜):800円

与八郎 Cafe & Sweets

いでゆ坂にあるステキカフェ
鉄輪温泉街の中心地、いでゆ坂沿いに建つ。シロップからソース、小豆、練乳まですべてパティシエの手作りという、純氷仕立てのかき氷が人気で、ティラミスのほか宇治金時やマンゴーなどもある。

MENU
チョコレートパフェ810円
白玉ぜんざい680円

与八郎 Cafe & Sweets

かき氷ティラミス
ふわっと軽い口どけで、売り切れることもあるほど人気

与八郎 Cafe & Sweets

各種ドリンクと好きなケーキを選べるケーキセットはケーキ+ドリンク代から100円引き

与八郎 Cafe & Sweets

店内にあるイートインスペース

甘味茶屋

きな粉たっぷりの手延べ団子
大分名物の「やせうま」、手延べだんご入りの豊後ぜんざい、だんご汁など大分の素朴な味が楽しめる店。浴衣で訪れたくなる古風な茶店風の店構えが、くつろぎの時間を与えてくれる。

MENU
だんご汁と天むすび2個セット1130円
宇治ミルク金時760円

甘味茶屋

やせうま
砂糖ときな粉をよくからませて味わう郷土のおやつ

甘味茶屋

手延べだんごが入った豊後ぜんざい(620円)

甘味茶屋

剪定された庭の奥に入り口がある

甘味茶屋

住所
大分県別府市実相寺1-4
交通
JR日豊本線別府駅からタクシーで10分
営業期間
通年
営業時間
10:00~20:30(閉店21:00)
休業日
無休(点検期間休、12月31日~翌1月1日休)
料金
やせうま=320円/手延べ団子入り豊後ぜんざい=620円/だんご汁定食=1080円/だんご汁=670円/ 平均予算(昼):1000円, 平均予算(夜):1000円

テイクアウト

湯めぐり途中の食べ歩きならこちら
次の温泉を目指す前に、軽く甘いものが食べたいというあなたにおすすめ。和菓子からジェラートまでが勢ぞろい!

鉄輪豚まん本舗

できたてを味わえる手製の豚まん
「鉄輪温泉に名物みやげを」ということで考案された豚まんの店。地元の主婦たちによる手製の豚まんは地獄で蒸したもので、散策のおやつにぴったり。

鉄輪豚まん本舗

鉄輪豚まん 1個
蒸し上がりに一つひとつ焼印を押す

鉄輪豚まん本舗

住所
大分県別府市井田3組
交通
JR日豊本線別府駅から亀の井バス鉄輪行きで20分、終点下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:00
休業日
第2月曜、祝日の場合は翌日休
料金
鉄輪豚まん=190円/ピンクの豚(冷凍販売のみ)=620円(1セット2個入)/

湯沢家

温泉熱で蒸したモチモチ食感がたまらない
鉄輪温泉街にある食堂。注文を受けてから温泉熱で蒸す湯けむり団子は、もっちりとした食感で1串4個の5本入りで販売。だんご汁も味わえる。

湯沢家

湯けむり団子
ひと口サイズの串だんごにたっぷりきな粉がかかる

湯沢家

住所
大分県別府市鉄輪御幸5-1
交通
JR日豊本線別府駅から亀の井バス鉄輪行きで20分、終点下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
8:30~18:00
休業日
不定休
料金
湯けむり団子=750円(5本)/ 平均予算(昼):800円

冷乳果工房 GENOVA

100種のフレーバーがそろうアイスクリーム
果物や野菜などを使ったアイスクリームは100種あり、常時約25種が並ぶ。人気のストロベリーキュービックは、ジャージー牛乳のコクとイチゴの酸味がマッチ。

冷乳果工房 GENOVA
冷乳果工房 GENOVA

シングルコーン
イチゴの果肉が入るストロベリーキュービックと自然な甘さを感じるパンプキン

冷乳果工房 GENOVA

住所
大分県別府市北浜1丁目10-5
交通
JR日豊本線別府駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
15:00~24:00
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休
料金
シングルコーン=360円~/シングルカップ=410円~/

めぐりショップ

みゆき坂沿いにあるスイーツ店
白池地獄の向かいにあり、みやげ屋に併設する。プレーンやショコラ味がある蒸しプリンをはじめ、散策のお供にぴったりな鉄輪ジェラートがある。

めぐりショップ

鉄輪ジェラート
フレーバーは季節により異なる

不老軒 楠店

別府のおやつ「石垣餅」はいかが?
昭和7年創業の老舗和菓子店。毎朝手作りするという石垣餅は、弾力があり、さつまいもの自然な甘さを感じる一品。店内にはかるかんや一口羊羹なども並ぶ。

不老軒 楠店

石垣餅 よもぎ(右)、白(左)
石垣をモチーフにした郷土菓子。粒餡入りとなしから選べる

不老軒 楠店

遠方にもファンをもつ別府のおはぎ(大・210円、小110円)

別府プリン

人気のご当地スイーツはいかが?

おやど湯の丘

鉄輪温泉にある温泉宿。食事処で館内限定の地獄蒸しプリンが味わえる。

おやど湯の丘

湯沸くプリン
生クリームがたっぷり使われた半熟の生地と苦めのカラメルソースがベストマッチ

おやど湯の丘

住所
大分県別府市小倉4-1
交通
JR日豊本線別府駅から亀の井バス立命館アジア太平洋大学行きで20分、本坊主下車、徒歩7分
営業期間
通年
営業時間
イン15:00、アウト10:00
休業日
不定休
料金
1泊2食付=13110円~/外来入浴(10:00~15:00、~20:00の場合あり、不定休)=1500円(1時間)/外来入浴食事付(17:00~21:00、祝日を除く月~木曜のみ、食事処利用、要予約)=5400円~/

大分香りの博物館 カフェ サ・サンボン

大分香りの博物館にあるカフェ。ランチタイムは平日でも満席になる人気店。いちおしのプリンは、ココナッツのプリンに抹茶のペーストがのる。

大分香りの博物館 カフェ サ・サンボン

抹茶のプリン
とろっとした食感で抹茶の渋味とココナッツのほどよい甘さが絶妙

大分香りの博物館 カフェ サ・サンボン

抹茶ペーストの下は真っ白のプリン

大分香りの博物館 カフェ サ・サンボン

住所
大分県別府市北石垣48-1 大分香りの博物館内
交通
JR日豊本線別府大学駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:30(L.O.)
休業日
日曜
料金
日替わりのランチ=950円~/ 平均予算(昼):1200円

岡本屋売店

岡本屋旅館の別棟の売店。地獄蒸しプリンは甘さを控えた濃厚な味にカラメルソースがよく合う。

岡本屋売店

地獄蒸しプリン
プレーンのほか、カスタードやサツマイモ、コーヒー、バナナ味などがある

岡本屋売店

住所
大分県別府市明礬3
交通
JR日豊本線別府駅から亀の井バス立命館アジア太平洋大学行きで30分、地蔵湯前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
8:30~17:30(閉店18:30)
休業日
無休
料金
地獄蒸し玉子サンド=400円/地獄蒸しプリン=260円(1個)/おいもプリン=260円(1個)/温玉うどん=550円/湯の花まんじゅう=650円(1パック)/ 平均予算(昼):500円, 平均予算(夜):500円

血の池地獄

血の池地獄に併設するレストラン極楽亭で味わえる。

極楽ぷりん
低温で蒸した昔ながらのやわらかいプリンは、湯上がりにもおすすめ

血の池地獄

住所
大分県別府市野田778
交通
JR日豊本線亀川駅からタクシーで6分
営業期間
通年
営業時間
8:00~17:00(閉園)
休業日
無休
料金
8地獄共通観覧券=大人2100円、高校生1350円、中学生1000円、小学生900円/赤湯泉=648円(40g×3個入)/血ノ池軟膏=1400円/血の池石けん=1296円/血の池バーガー=750円~/赤鬼ワインドレッシング=540円/赤鬼トマトドレッシング=540円/毎日が地獄せんす=1296円/

春香苑

地元の人に親しまれる焼き肉店。塩アイスなど、食後に食べたいデザートメニューが充実。

春香苑

黒ゴマプリン
坊主地獄の泥をイメージした生地にたっぷりのゴマが使われ、甘さ控えめ

春香苑

住所
大分県別府市南立石一区4-1
交通
JR日豊本線別府駅から亀の井バススギノイパレス行きで10分、観海寺入口下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
11:00~23:30(L.O.)
休業日
不定休
料金
冷麺=735円(中)/冷麺定食=1200円/ロース定食=1300円/カルビ定食=1080円/焼肉ピビンパ=1000円/ 平均予算(昼):1000円, 平均予算(夜):4000円

ホテル三泉閣

別府の中心部にあるホテル。オリジナルプリンは1階の売店で購入できる。

ぷるりんちゃん
フグのコラーゲンが入った温泉蒸しプリン。ほろ苦いカラメルソースがアクセント

ホテル三泉閣

住所
大分県別府市北浜3丁目6-23
交通
JR日豊本線別府駅から徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
イン15:00、アウト10:00
休業日
無休
料金
1泊2食付=10950~43350円/外来入浴(14:00~17:00)=700円/
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる大分・別府 由布院’18」です。掲載した内容は、2017年7~9月の取材・調査によるものです。飲食店メニュー、商品内容や料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。消費税の見直しにより各種料金が変更される可能生があります。そのため施設によっては税別を表示している場合があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。また、2016年4月発生の熊本地震、2017年7月の九州北部豪雨、および2017年9月の台風18号の影響により交通機関の状況が変更する場合があります。おでかけの際は最新の情報をご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
×