コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【青森タウン】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ!

【青森タウン】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ!

by mapple

更新日:2018年4月4日

縄文時代の痕跡が残る三内丸山遺跡や日本を代表する青森ねぶた祭など、歴史と文化が詰まった街。新鮮な海の幸や地酒を味わえる飲食店が多く、グルメも楽しみ。

青森市森林博物館

全国初の本格的な木の博物館
青森営林局の旧庁舎を転用した建物は、おもに青森県産ヒバ材を利用したルネサンス様式。自然や森と人間生活のかかわりをわかりやすく紹介している。昔の生活用品も展示されている。

明治41(1908)年に建てられた建物はモダンな造り

青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸

日本初の鉄道連絡船ミュージアム
昭和63(1988)年の青函連絡船廃止まで活躍した、八甲田丸の船体を生かしたミュージアム。連絡船の歴史がひと目でわかるパネルや、ゆかりの品など見どころが満載。

青森港に浮かぶ連絡船がそのまま博物館に

青森公立大学国際芸術センター青森

青森から新しい芸術文化を発信
アーティスト・イン・レジデンスを中心として、展覧会、ワークショップ、レクチャーなどを開催し、青森市独自の芸術文化をつくり上げることを目的に造られた施設。野外彫刻の見学も楽しい。

周辺の自然環境を生かし、安藤忠雄氏が設計

善知鳥神社

「青森市」発祥の地でお参りを
善知鳥とはこの地にいた鳥の名前で、昔青森市は善知鳥村といわれていた。大同2(807)年、坂上田村麻呂が再建したといわれ、奥州街道終点碑やパワースポット龍神之水などの史跡がある。

交通安全、海上守護の神様として信仰を集める

棟方志功記念館

国内最大の棟方コレクション
ダイナミックな作風で観る者を圧倒する板画家、棟方志功の記念館。代表作『釈迦十大弟子』などの板画のほか、倭画、油絵、書など、年4回の展示替えをしながら順次公開している。

校倉造りを模した外観と日本庭園が趣を添える

青森県近代文学館

青森を代表する作家の資料を展示
太宰治、寺山修司など、青森県を代表する作家13人をはじめ、青森にちなんだ文学者の常設展示があり、青森県と文学のかかわりを総合的に紹介している。県立図書館2階にある。

原稿、書簡などの資料で作家の生涯を紹介

合浦公園

家族みんなで楽しめる海浜公園
明治27(1894)年に完成した歴史ある公園。松林に囲まれ、春の桜、秋の紅葉と四季折々の美しさを見せる。海水浴場や野球場、多目的広場などもあり、市民に親しまれている。

「日本の都市公園100選」のひとつに選ばれている

りんご茶屋

郷土料理と津軽民謡が楽しめる
女将の伸びやかな津軽民謡に合わせた唄付け伴奏や合奏を堪能できる。演奏を聴きながら、この土地ならではの郷土料理が味わえ、地酒も手ごろな値段で楽しめる。三味線の体験も可能。

カニやウニなどをリーズナブルに楽しめる 貝焼き味噌820円

割烹さん平

個室で味わう絶品のおまかせ料理
日本庭園を眺められる落ち着いた個室で、ほたて、ナマコなど、青森の魚介を存分に楽しめる。リーズナブルなのもうれしい。前日までに予約をして、予算や料理の希望を伝えよう。

新鮮な魚介をさまざまな調理法でいただける。おまかせコース1080円〜

鮨処すずめ

大間のマグロが食べられる
おしゃれな内装にBGMのジャズが心地よい寿司店。地元の新鮮素材のにぎりが食べられ、料金表もあるので安心して注文できる。店主が自信をもって選んだ大間のマグロはぜひ食べたい。

大間産中とろ入りおまかせ握り10貫3000円

肴処あおもり家別室

青森の味覚を楽しむ極上の空間
落ち着いた雰囲気のなかで、最高級の国産和牛「倉石牛」の瓦焼き、金木産の馬刺、シャモロックのつくねなど、食材にこだわった料理がいただける。居酒屋らしいおつまみも豊富。

瓦で食材を焼く瓦焼きが名物。究極瓦焼き倉石牛1280円

ねぶたの國たか久

料理と津軽三味線ライブを満喫
激しいたたき奏法が特徴の津軽三味線や、ねぶた囃子がライブで楽しめる。活きイカ姿造り1620円〜や、ほたて味噌貝焼648円など、郷土料理をいただきながら、楽しい時間を過ごそう。

津軽三味線はリクエストにもこたえてもらえる

お食事処 四季の千成

子ども連れにも人気の食事処
懐かしい雰囲気と昔ながらの味で、子どもから大人まで幅広い年齢層に人気。ラーメン、鍋焼きなどの食事から甘味まで、メニューは充実。なかでも豚肩ロース生姜焼850円が人気だ。

オリジナルのたれがからんだポークが美味

酒肴旬三ッ石

青森や全国各地の地酒が充実
地酒と、新鮮な山菜や海の幸が楽しめる店。珍しいフジツボなど地元の食材を使った旬の料理が味わえる。田酒をはじめ、全国の地酒が200種類以上もそろっているので、飲み比べよう。

一品料理は432円~、田酒各種1合702円〜

フランス料理 ポミエ

青森の素材をフレンチでいただく
魚介や肉、野菜など地元の素材を料理に使う人気のフランス料理店。メインディッシュからデザートまで、コースで楽しみたい。ランチコースは1890円〜、ディナーコースは4320円〜。

香ばしく焼いた本マグロのほほ肉の網焼き

小倉家 旬亭 浜まち

生姜味噌が決め手の青森伝統おでん
全国B-1グランプリにも出場した、知る人ぞ知る有名店。体の芯まで温まる生姜味噌おでんがいちばん人気。2名から注文できる浜まちコース全8品は、ボリュームもあっておすすめ。

生姜味噌が食欲をそそる青森生姜味噌おでん盛り合わせ540円

マロン

地元で愛される憩いの喫茶店
自家焙煎の豆を使ったコーヒーと、オリジナルクッキーで知られる喫茶店。壁にずらりと掛けられた約60個ものアンティーク時計も魅力だ。落ち着いたムードのなかでくつろごう。

ジャマイカンカレー770円(飲み物とセット880円)

喫茶クレオパトラ

体にやさしいメニューで人気
野菜入りのサンドや、玉ねぎがたっぷり入ったサラサラサンド、ごぼうを使ったタルトなどが人気。コーヒー410円にはちみつが付いてくるのもこの店ならでは。その味を試してみよう。

サラサラサンド900円には野菜がたっぷり入っている

二階堂

上品な甘さが人気の菓子工房
個性的な和洋菓子が評判。抹茶とカスタードのシュークリーム「太郎と花子」や、チョコクリームの「ちょこっとしりあいでシュー」などネーミングもユニーク。添加物などを使わず、やさしい味わいだ。

季節限定のシュークリームが販売されることも。1個178円

café quatre

居心地のよい隠れ家カフェ
青森駅近くの裏路地にたたずむ、雑貨店を併設するカフェ。アンティークを配したインテリアが、モダンな雰囲気。味噌汁付きのワンプレートランチなどフードメニューも充実している。

カトルディッシュ(フリードリンク付きランチ) 1296円

珈琲茶館 麦藁帽子

本格的なコーヒーが飲める専門店
ふた付きのカップで出されるオリジナルブレンドは、香り高い。目の前でミルクとコーヒーをカップにそそぐカフェオレもおすすめ。コーヒーと和のスイーツがあるのがユニーク。

オリジナルブレンド(ショート)400円のほかケーキや軽食も

北洋硝子

手作りの美しいガラスをみやげに
鮮やかな色使いと、さまざまな形が特徴の「津軽びいどろ」を開発・制作している。工場(見学は要予約)とショールームがあり、職人の手による美しい製品を手に取って選べる。

さまざまな技法で作られる。ぐい呑み1080円〜

シュトラウス

伝統的なウィーンの味が楽しめる
オーストリアの国家資格・マイスターを持つ先代の教えのもと、その技術、味を受け継ぎ伝統のウィーン菓子を提供。県産食材を使用したスイーツも提供。2階はウィーン調のカフェサロン。

ザッハートルテ 550円

CLOSE UP アスパムでおみやげ探し

青森の銘菓や特産品から伝統工芸品など、おみやげ探しならアスパムにお任せ。

青森県観光物産館アスパム

ベイエリアのランドマーク
青森ベイエリアが一望できる地上51mの有料展望台と、360度全周映像のパノラマ映画館がある観光物産館。1階おみやげコーナーは県内最大級の品ぞろえ。

ふかうら雪にんじん ドレッシング 150㎖ 589円
フルーツのように甘いふかうら雪人参が、華やかな加工品に

浪岡アップルサイダー グランプレミアム 180㎖ 378円
温め専用ながら冷やしてもおいしい完熟りんごジュース

りんごソース 300㎖ 565円
ツンとした香りがないまろやかソース

農家が干したリンゴ 70g 626円
噛むほどに旨みが広がる不思議食感の干しりんご

伝統工芸品も! 

津軽塗箸(5色)各648円
伝統の津軽塗を持ち手にあしらった滑りにくい箸

こぎん刺し小銭入れ 各1512円
津軽伝統の刺し子のりんご形小銭入れ

筆者:mapple

まっぷる青森 弘前・津軽・十和田’18

発売日:2017年12月08日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×