おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  青森【津軽半島】絶景ドライブ!おすすめスポット!

青森【津軽半島】絶景ドライブ!おすすめスポット!

青森【津軽半島】絶景ドライブ!おすすめスポット!

by mapple

更新日:2018年4月4日

奥津軽いまべつ駅でレンタカーを借り、津軽半島の先端部をまわるコース。龍飛崎などの絶景はもちろん、途中で味わえる海鮮料理も魅力的。

スタート 奥津軽いまべつ駅 →20分
 高野崎 →21分
 秀鮨 →18分
 青函トンネル記念館 →3分
 龍飛岬観光案内所「龍飛館」 →3分
 龍飛崎 →75分
 十三湖 →12分
 しじみ亭奈良屋 →39分
ゴール 奥津軽いまべつ駅

※各スポット間の時間は時速40kmで算出所要9時間(見学時間含む)/114km

高野崎

奇岩が突き出た迫力ある景勝地

奇岩・怪岩が突き出した景勝地。晴れた日は龍飛岬や下北半島、北海道まで望むことができる。岩場へと続く潮騒橋と渚橋は、満潮時には海に隠れてしまうほどであり、荒々しく豪快な風景が広がる。

高野崎

絶景!

高野崎

夕日スポットとしても評判

高野崎の詳細情報


住所
青森県今別町砂ヶ森
交通
JR北海道新幹線奥津軽いまべつ駅から今別町営海岸方面循環バス宇田回転所行きで16分、高野崎下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし

秀鮨

希少な三厩マグロを味わい尽くす

昭和51(1976)年創業の老舗。地物にこだわった寿司や津軽海峡沖で一本釣りされた三厩産本マグロが味わえると評判。おすすめは「みんまや鮪づくし寿司セット」3000円。赤身はもちろん大トロや中トロも格別。

秀鮨
秀鮨

電話予約しておいたほうが安心

秀鮨

カウンターのほか小上がりもある

秀鮨の詳細情報


住所
青森県外ケ浜町三厩新町35
交通
JR津軽線三厩駅から三厩地区循環バス龍飛崎灯台行きで30分、三厩支所下車、徒歩4分
営業期間
通年
営業時間
11:00~15:00(閉店)、17:00~21:00(L.O.、要予約)
休業日
不定休

青函トンネル記念館

世界最長の海底トンネル

昭和63(1988)年開業の青函トンネルは、世界最長の海底トンネル。その歴史や構造をわかりやすく紹介している。ケーブルカーで海底下の体験坑道まで下りることもできる。

青函トンネル記念館
青函トンネル記念館

ケーブルカー「もぐら号」で坑道へ向かう

青函トンネル記念館の詳細情報


住所
青森県外ケ浜町三厩龍浜99
交通
JR津軽線三厩駅から外ヶ浜町営バス龍飛崎灯台行きで30分、青函トンネル記念館下車すぐ
営業期間
4月下旬~11月初旬
営業時間
8:40~17:00頃(閉館)
休業日
期間中無休

龍飛岬観光案内所「龍飛館」

作家・太宰治ゆかりの宿を利用した案内所

作家・太宰治と友人のN君、棟方志功ゆかりの宿として1999年まで営業していた「旧奥谷旅館」を利用。太宰とN君が過ごした部屋を見学できるほか、龍飛岬観光のすべてがここでわかる。

龍飛岬観光案内所「龍飛館」
龍飛岬観光案内所「龍飛館」

玄関ホールでは棟方志功が書いた看板を展示

龍飛岬観光案内所「龍飛館」

外観はほぼ当時のままの姿で残っている

龍飛岬観光案内所「龍飛館」の詳細情報


住所
青森県外ケ浜町三厩龍浜59-12
交通
JR津軽線三厩駅から外ヶ浜町営バス龍飛埼灯台行きで25分、龍飛岬郵便局下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~15:00(閉館16:00)
休業日
水曜、祝日の場合は翌日休年末年始休

龍飛崎

津軽半島最北端の地

津軽半島の突端に位置する岬。龍が飛ぶかのように強い風が吹くことが名前の由来。突端には龍飛埼灯台があり、全国唯一の362段の階段国道339号が岬下と灯台を結んでいる。

龍飛崎

龍飛埼灯台がある展望台から絶景を一望

龍飛崎

不思議スポット 階段国道

全国で唯一、国道と認定されている階段。もちろん車両は通れないが、道路標識が立つ不思議なスポットとなっている。

龍飛崎

龍飛崎の詳細情報


住所
青森県外ケ浜町三厩龍飛
交通
JR津軽線三厩駅から外ヶ浜町営バス龍飛崎灯台行きで35分、終点下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし

十三湖

特産品のシジミが有名な汽水湖

海水と淡水が混じった汽水湖でヤマトシジミの名産地。青森で3番目に広い湖でもある。湖畔には、豪族・安藤氏が築いたという幻の中世都市十三湊(とさみなと)の遺跡も発見されている。

十三湖

絶景!

十三湖

湖に浮かぶレジャー施設ではアスレチック場などが充実

十三湖

湖周辺では名物しじみラーメンを出すお店も

十三湖

やってみよう!しじみ採り

毎年4月下旬から10月上旬にかけて十三湖中の島ブリッジパークの指定エリア内でしじみ採り体験ができる。

十三湖

市浦地域活性化センターで採取料300円を支払おう

十三湖の詳細情報


住所
青森県五所川原市十三
交通
JR五能線五所川原駅から弘南バス十三湖方面行きで1時間20分、十三下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし

しじみ亭奈良屋

バラエティ豊かな名産シジミ料理

トロリとした旨みが特徴のシジミを、さまざまな料理で提供する。おすすめは釜飯とシジミ料理のセット「しじみ三昧」。ホワイトソース仕立てのしじみチャウダーは女性に人気だ。

しじみ亭奈良屋

しじみ亭奈良屋の詳細情報


住所
青森県中泊町今泉唐崎255
交通
津軽鉄道線津軽中里駅から弘南バス小泊行きで20分、今泉北口下車、徒歩4分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00(閉店18:00、時期により異なる)
休業日
水曜、7・8月は無休GWは営業、12月31日~翌1月3日休

ドライブ途中ちょっと立ち寄り道の駅

津軽半島エリアには眺望自慢な道の駅が点在している。日本海や十三湖を眺めながらいただける海鮮グルメもチェックしておきたい。ドライブの疲れを景色とグルメで癒そう!

みんまや

日本海一望のレストランがある

津軽半島の先端、国道339号沿いにある。レストラン内から見える日本海が美しい。青函トンネル記念館には海面下140mのところにある地下展示場も。物産販売所ではワカメや昆布などが並ぶ。

みんまや

道の駅 みんまやの詳細情報


住所
青森県外ケ浜町三厩龍浜99
交通
津軽自動車道五所川原北ICから国道339号、県道2・43・12号、国道339号を龍飛崎方面へ車で65km
営業期間
4月下旬~11月上旬
営業時間
8:40~17:00、レストランは9:00~16:00
休業日
期間中無休

こどまり

風光明媚な場所で魚介を堪能

海岸線が美しい中泊町小泊地区の竜泊ライン入口に位置し、海産物加工品を数多く販売。併設する「レストラン竜泊」では、地場の海産物を使った定食や丼物が味わえ、特に中泊メバル膳が人気。

こどまり

道の駅 こどまりの詳細情報


住所
青森県中泊町小泊折腰内45
交通
津軽自動車道五所川原北ICから国道339号、県道163号、国道339号を中泊方面へ車で約47km
営業期間
5~11月
営業時間
9:00~17:00、レストランは11:00~15:00
休業日
期間中無休

十三湖高原

牛の形のかわいい建物がお出迎え

物産販売コーナーのほかに、総延長2㎞の遊歩道がある「モー林公園」や、全長136mのゴムローラー滑り台があり家族で楽しめる。おなかがすいたら人気のしじみラーメンを味わおう。

十三湖高原

道の駅 十三湖高原の詳細情報


住所
青森県五所川原市相内実取287-1058
交通
津軽自動車道五所川原北ICから国道339号、県道163号、国道339号を中泊方面へ車で30km
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00、レストランは10:00~(11~翌3月は~17:00)
休業日
無休、レストランは11~翌2月の第2・4木曜12月31日~翌1月2日休

筆者:mapple

まっぷる青森 弘前・津軽・十和田’18

発売日:2017年12月08日

Amazonで購入する
この記事の出典元は「まっぷる青森 弘前・津軽・十和田'18」です。掲載した内容は、2017年8~10月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×