トップ >  関西 > 京都 > 亀岡・美山 > 亀岡・湯の花温泉 > 

嵐山で川下り体験をしよう!保津川下り&嵐山トロッコ列車で京都の自然美を満喫!

まっぷるマガジン編集部

更新日: 2024年2月10日

この記事をシェアしよう!

嵐山で川下り体験をしよう!保津川下り&嵐山トロッコ列車で京都の自然美を満喫!

京都の保津川下りと嵐山トロッコ列車は、保津峡の自然美を楽しめるアトラクション的乗り物。
亀岡市の保津橋あたりから嵐山の渡月橋まで続く保津峡の渓谷美を楽しむなら、行きは嵐山からトロッコ列車、帰りは船で保津川下りが断然おすすめ!

嵐山から山肌を縫うようにゆったり進むトロッコ列車で、四季折々の景色を眺めながらの列車の旅で癒やされてください。帰りは次々と変わる川の表情を全身で感じながらの保津川下りです。
船頭さんの竿さばきに導かれ、時には落差のある急流を、時には穏やかな流れに身をまかせながら、約90分の保津川下りを。

嵐山で川下り&トロッコ列車で観光するならおすすめルートはこちら

トロッコで行き、川下りで帰ってくる、列車と舟をセットにして楽しむのがおすすめ!
START 所要時間3時間30分
JR・嵯峨嵐山駅
↓徒歩すぐ
トロッコ嵯峨駅

トロッコ列車
↓トロッコ列車25分
トロッコ亀岡駅
↓バス15分/馬車25分
保津川下り乗船場

保津川下り
↓船2時間
嵐山着船場
↓徒歩5分
嵐電・嵐山駅

嵐山の絶景を楽しむ「トロッコ列車」

どの季節も眺めが美しい! 所要25分880円
トロッコ嵯峨駅からカラフルなトロッコ列車に乗り、トロッコ亀岡駅まで全長約7.3㎞、約25分の旅に出かけよう。雄大な渓谷美のなかに点在する見どころを知らせる車掌のアナウンスも聞きごたえあり。

嵐山の絶景を楽しむ「トロッコ列車」


春には満開になった桜のトンネルのなかをゆっくりと進む


窓オープンの「リッチ号」なら、自然がもっと近くなる


のんびりと時間をかけて走る列車なので、紅葉も存分に堪能できる

嵯峨野トロッコ列車

住所
京都府京都市右京区嵯峨天竜寺車道町
交通
JR嵯峨野線嵯峨嵐山駅からすぐ
営業期間
3~12月
営業時間
9:02~16:02(約1時間間隔で1日8往復、繁忙期は~17:10※HPで要確認 )
休業日
期間中水曜、祝日の場合は運行(春・夏休み・紅葉期は無休、GWは運行)
料金
チケット(片道)=大人630円、小学生320円/(一種の障がい者本人と同伴者1名半額、二種は本人のみ半額)

嵐山で絶景体験をしよう!「保津川下り」

スリル満点のアドベンチャー! 所要約2時間4100円
保津川下りは、亀岡から嵐山まで約16㎞の渓流を下る舟旅。熟練の船頭が3名ほど乗り込み、ガイドを務めながら見事な竿さばきで狭い岩間をすり抜けていく。

嵐山で絶景体験をしよう!「保津川下り」

急流部で見られる船頭さんの華麗なる竿さばきは、感動もの

嵐山で絶景体験をしよう!「保津川下り」

最前列や最後尾に座れば、船頭さんとお話しすることもできる

嵐山で絶景体験をしよう!「保津川下り」

川の流れを身近に感じながら、山々を眺めるひとときに心がやすらぐ

嵐山観光はこちらもおすすめ「京馬車」

馬車で保津川下りの乗船場へ
トロッコ亀岡駅から保津川下りの乗船場へと向かう際、馬車を利用するのもおすすめ。リバーサイドの景色が癒し度満点。所要時間は約25分。

保津川下り

住所
京都府亀岡市保津町下中島2
交通
JR嵯峨野線亀岡駅から徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
3月10日~12月10日は9:00~15:00(最終便、1日7便、時期により異なる)、土・日曜、祝日は随時運航(定員人数になり次第出航)、12月11日~翌3月9日は10:00~14:30
休業日
無休(2・9月に点検休あり、12月29日~翌1月4日休)
料金
乗船料=大人4500円、小人(4歳~小学生)3000円/(障がい者手帳持参で1割引)

亀岡・湯の花温泉の新着記事

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。