トップ > 全国 > 東北 > 北東北 > 三陸海岸 > 宮古・浄土ヶ浜

宮古・浄土ヶ浜

宮古・浄土ヶ浜のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

宮古・浄土ヶ浜のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。三陸の海鮮料理、岩手のひっつみ、三陸のウニなど情報満載。

宮古・浄土ヶ浜のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:52 件
  • 記事:11 件

1~20 件を表示 / 全 7 件

三陸の海鮮料理(さんりくのかいせんりょうり)

三陸沖の新鮮な魚介を楽しもう

  • ご当地名物料理

三陸沖は、親潮と黒潮とが交わる豊かな海域。ヒラメやアワビ、ホタテ、ヤリイカ、イクラなどを使ったさまざまな魚介料理を楽しめる。ドンコの味噌焼きなど三陸でしか味わえないご当地メニューもある。

三陸の海鮮料理

岩手のひっつみ(いわてのひっつみ)

地元の野菜をふんだんに使った郷土料理

  • ご当地名物料理

旧南部藩地方で食べられてきた郷土料理。鶏肉、ゴボウやニンジンなど野菜をだしで煮て、水で練った小麦粉をひきちぎって入れる。引っ張って摘むという意味の方言「ひっつみ」が名前の由来。

三陸のウニ(さんりくのうに)

香ばしい焼きウニで旨みを堪能する

  • 旬魚介

全国のウニの生産量の約1割を占める岩手県。5~8月にかけて、主にキタムラサキウニとエゾバフンウニの2種類が漁獲される。食べる直前に火であぶって食べる焼きウニは旨みを引き出す最高の食べ方。

三陸のウニ

三陸の鮭(さんりくのさけ)

県の魚として親しまれる岩手の鮭

毎年秋から冬にかけて三陸沖に産卵回帰する鮭。北海道に次ぎ、鮭の生産量が多い岩手県では、「南部鮭」とも呼ぶ。定置網で漁獲される秋鮭は、7~2月までとれ、11月に最漁期を迎える。

三陸の鮭

三陸のサンマ(さんりくのさんま)

脂がのったサンマは旬の時期に食べたい一品

9~11月頃、北海道から南下してくるサンマは、三陸沖に来た頃にちょうど脂ののった状態となる。サイズも大きく身の締まった上質なサンマは、焼き魚、刺身、タタキなどいろいろな料理で味わえる。

三陸のサンマ

三陸のホヤ(さんりくのほや)

苦みと甘みをあわせもつ「海のパイナップル」

  • 旬魚介

海のパイナップルと呼ばれ、独特の香りと苦み、甘みが伴っており、一度食べたら忘れられない珍味。6~7月頃がもっとも旬で、肉質も厚くなり甘みと旨みが増しておいしくなる。

三陸のホヤ

三陸の水産加工品(さんりくのすいさんかこうひん)

豊富な海の幸を使った珍味に舌鼓

  • おみやげ

豊かな環境の三陸沖で育った岩牡蠣やウニ、アワビ、ホタテなど、海の幸を使った珍味がそろう。また、磯の香りのするワカメやメカブなど、素材の味を生かした加工品も人気がある。

三陸の水産加工品