エリア・ジャンルからさがす

トップ > 日本 x 和カフェ・甘味処 > 関東・甲信越 x 和カフェ・甘味処 > 北関東 x 和カフェ・甘味処 > 日光・鬼怒川 x 和カフェ・甘味処

日光・鬼怒川 x 和カフェ・甘味処

日光・鬼怒川のおすすめの和カフェ・甘味処スポット

日光・鬼怒川のおすすめの和カフェ・甘味処スポットをご紹介します。秘伝のみそだれ「日光宮前だんご」、かき氷は必食「鉢石カフェ」、「三福茶屋」など情報満載。

  • スポット:9 件
  • 記事:3 件

日光・鬼怒川のおすすめエリア

日光・鬼怒川の新着記事

1~20 件を表示 / 全 9 件

日光・鬼怒川のおすすめの和カフェ・甘味処スポット

日光宮前だんご

秘伝のみそだれ

享保8(1723)年創業の伝統を誇るこの店の看板メニュー・宮前だんごは、もち米を一切使わず、米と米粉で作る。みそだれと黒砂糖をつけて焼くだんごは、甘みと香ばしさが絶妙。

日光宮前だんご
日光宮前だんご

日光宮前だんご

住所
栃木県日光市下鉢石町956
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで3分、日光郷土センター前下車すぐ
料金
宮前だんご(5本)=550円/抹茶セット(だんご2本付)=550円/ゆばでんがく(2個)=450円/こんにゃくでんがく=300円/ぜんざい=450円/

鉢石カフェ

かき氷は必食

文化元(1804)年創業の老舗和菓子店。かき氷は2種類。ほか和カフェセットや和風パフェなど、ゆったりとした時間が流れる中で渾身の味を堪能できる。

鉢石カフェ
鉢石カフェ

鉢石カフェ

住所
栃木県日光市下鉢石町946
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで4分、日光支所前下車すぐ
料金
天然氷のかき氷(4月中旬~11月中旬、氷がなくなり次第終了)=990円/

きしの

参拝の合間のみやげ探しや食事に便利

東照宮や輪王寺の近くにある店。数人で抹茶を頼むと、それぞれ違う和菓子がつく。おしるこ、湯波定食などもあり、オリジナルのみやげも各種そろう。

きしの
きしの

きしの

住所
栃木県日光市山内2281-3
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス世界遺産めぐりで10分、表参道下車、徒歩3分
料金
おしるこ=500円/湯波定食=2000円/抹茶と和菓子=700円/湯波そば=1000円/

松月氷室

日光天然氷のかき氷は格別の食感

冬は北陸並みに気温が低く、雪が少ない日光は氷作りに適した地だ。日光には天然氷の生産を続ける店が3軒あり、そのうちの松月氷室では天然氷のかき氷が味わえる。

松月氷室
松月氷室

松月氷室

住所
栃木県日光市今市379
交通
JR日光線今市駅から徒歩5分
料金
とちおとめ=550円/なつかしメロン=550円/レインボー=400円/生みかん=550円/ (時期により変動あり)

甘味処 笙

老舗ホテルが提供する特製かき氷

日光金谷ホテルの1階にある甘味処で、素材、製法にこだわった和のメニューを提供している。日光天然氷のかき氷はふわりとしたやさしい食感。

甘味処 笙

住所
栃木県日光市上鉢石町1300日光金谷ホテル内
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで5分、神橋下車、徒歩3分
料金
栃木県産とちおとめ自家製シロップのかき氷=950円/日光天然氷のかき氷抹茶小豆(わらび餅入り)=1188円/

神社 カフェ 開運(あずまや)

二荒霊泉を使った抹茶(和菓子付)やコーヒーなどが味わえる

二荒山神社の境内にあり、二荒霊泉を使った抹茶(和菓子付)やコーヒーなどが手頃な値段で味わえる。おいしい水で入れた茶やコーヒーでひと休みするのに最適だ。

神社 カフェ 開運(あずまや)

神社 カフェ 開運(あずまや)

住所
栃木県日光市山内2307二荒山神社
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス「世界遺産めぐり」で13分、大猷院・二荒山神社前下車すぐ
料金
抹茶(和菓子付)=400円/珈琲=400円/霊水持ち帰り用の容器=300円/