エリア・ジャンルからさがす

トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 北関東 > 日光・鬼怒川 > 日光 > 日光市街

日光市街

日光市街のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した日光市街のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。人気のパワースポットで良縁祈願「日光二荒山神社」、森に囲まれた洋館で洋食を「西洋料理 明治の館」、ご当地素材を使った自家製の絶品プリン「日光ぷりん亭」など情報満載。

日光市街のおすすめのスポット

  • スポット:218 件
  • 記事:22 件

日光市街の新着記事

【日光】絶景ドライブ! おすすめ観光スポットをチェック!

~世界遺産の日光の寺社と奥日光の美しい自然景観を楽しむ~日光といえば、なんといっても日光東照宮。世界遺産に登録された絢爛豪華な社殿をじっくり見学し、お昼には名物の湯波を味わいたい。日光と奥日光を結ぶい...

【日光】「ゆば」を使った絶品グルメ!正統派&アレンジ派

日光を訪れたなら、一度は食べておきたい郷土料理として挙げられる「ゆば料理」。じっくり食べたい人は本格コース、気軽に楽しみたい人はお手ごろなアレンジメニューがおすすめ。

【日光】明治期の趣を残す♪レトロ建築めぐり!

避暑地として明治の頃から利用され、大正期には大いに賑わった日光。当時の面影を残す建築の数々が今も残り、古き良き時代の空気を感じさせてくれる。

【東北自動車道&日光宇都宮道路】サービスエリア・パーキングエリアをチェック!

絶景ドライブの前の休憩や腹ごしらえに、ちょっと立ち寄りたいサービスエリア・パーキングエリア。地元ならではのグルメやおみやげなどをご紹介。

【日光スイーツ】かき氷&チーズケーキをチェック!

日光を訪れたら絶対食べたいのが、伝統製法で作られた天然氷の「かき氷」。きめ細かくふわふわの食感は一度食べたらとりこになるおいしさ♡そしてもう一つの定番スイーツ「チーズケーキ」もお見逃しなく♪

【日光市街】クラシカルなレトロ館で贅沢ランチ!

日本の洋食文化の草分けとなった日光。外国人の避暑地として栄えた当時のレトロな建物で、伝統と先進性を併せ持つ日光スタイルの美味ランチをご賞味あれ。

日光東照宮を徹底ガイド!参拝ルートからトリビアまで参拝準備はこれでOK

日本が誇る世界遺産「日光東照宮」。江戸初期の名工たちが集結し作り上げた職人技と美の結晶です。御祭神として祀られるのは、徳川初代将軍の徳川家康公で、おもな社殿は3代将軍家光公が建て替えたもの。国宝8棟、...

【日光山輪王寺大猷院】3代将軍家光公を祀る仏教美術の世界

東照宮の建て替えを遂行した家光公の墓所は、「祖父を凌いではならない」という家光公の意向を踏まえたひかえめな造り。本殿へ続く道には多くの門が用意され、派手さはなくとも華麗な装飾は見ごたえがある。

日光【霧降高原】さわやかドライブ! 絶景&人気スポットへ!

霧降高原道路を車で走って、高原ドライブを楽しもう。日光三名瀑の霧降ノ滝、ニッコウキスゲの群生が見られるキスゲ平、絶景の六方沢橋、そして動物とふれあえる大笹牧場など、大自然を満喫できる爽快なルートだ。

【日光市街】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

もっと見る

1~20 件を表示 / 全 218 件

日光市街の魅力・見どころ

世界遺産の社寺が並ぶ日光山内とにぎやかな参詣道

日光市街のメインは東武線やJR線の駅から日光山内にかけてで、参詣道沿いに飲食店やみやげ物店が並んでいる。日光名物の湯波や和菓子の店が数多い。日光山内の入口にある神橋の脇には日本最古の西洋式ホテルである「日光金谷ホテル」のクラシックな建物が建つ。日光山内には天台宗の大本山のひとつである「日光山輪王寺」、家康が眠り、眠り猫と三猿の彫刻、豪華絢爛な唐門や陽明門で知られる「日光東照宮」、日光山岳信仰の中心である「日光二荒山神社」という世界遺産に登録された社寺が並ぶ。

日光市街のおすすめスポット

日光二荒山神社

人気のパワースポットで良縁祈願

勝道上人によって1200年以上前に開かれた日光。その山岳信仰の中心として古くから崇拝されてきた。本社が現在の地に移った後、江戸幕府によって新しい社殿が造営されたが、今でも霊峰二荒山(現在の男体山)山頂に奥宮、中禅寺湖畔に中宮祠が鎮座する。

日光二荒山神社
日光二荒山神社

日光二荒山神社

住所
栃木県日光市山内2307
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス「世界遺産めぐり」で13分、大猷院・二荒山神社前下車すぐ
料金
拝観料(神苑)=大人300円、小・中学生100円/良縁祈願板札=500円/良縁笹の結び札=200円/良い縁結ぶ守=1000円/本社神苑券=300円/招き猫おみくじ=200円/えんみくじ=300円/良縁祈願板札=500円/恋みくじ=300円/

西洋料理 明治の館

森に囲まれた洋館で洋食を

格子窓から四季折々表情を変える庭園が望める、緑豊かな洋館レストラン。熟練のシェフが腕をふるうのは、明治時代に培われた歴史ある西洋料理。懐かしく心温まる味わいの食事を約束してくれる。地元素材の料理も数多く揃う。

西洋料理 明治の館
西洋料理 明治の館

西洋料理 明治の館

住所
栃木県日光市山内2339-1
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで5分、神橋下車、徒歩8分
料金
オムレツライス=1760円/ビーフシチューのつぼ焼き=2530円/ロールキャベツ=1870円/虹鱒のムニエル明治の館風=1760円/

日光ぷりん亭

ご当地素材を使った自家製の絶品プリン

レトロな店構えのプリン専門店。日光霧降高原大笹牧場の牛乳と日光産の卵を使用した、とろりとしたなめらかな食感を味わおう。乙女ぷりんは栃木産イチゴのジュレがたっぷり。

日光ぷりん亭
日光ぷりん亭

日光ぷりん亭

住所
栃木県日光市上鉢石町1017
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで8分、神橋下車すぐ
料金
乙女ぷりん=400円/日光ぷりん=380円/

TENTO CHOCOLATE

老舗和菓子店のチョコレート店

日光東照宮御用達の老舗和菓子店「日昇堂」のチョコレート店。こだわりの羊羹のほか、ラスクなどもラインアップ。キュートな見た目にファンも多い。

TENTO CHOCOLATE
TENTO CHOCOLATE

TENTO CHOCOLATE

住所
栃木県日光市上鉢石町1038-1
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで5分、神橋下車すぐ
料金
三猿もなか=432円(3個入り)/日光湯波おかき=450円(1袋)/TENTO=1998円(5個入り)/

日光本宮カフェ

神社にいるかのような雰囲気が魅力のカフェ

世界遺産の日光山内、二荒山神社の所有建築を改装したカフェには、あちこちにその面影が見える。二社一寺の彩色をしている職人に塗装を依頼するなどのこだわりが表現され、骨組みは江戸時代からのもの。

日光本宮カフェ
日光本宮カフェ

日光本宮カフェ

住所
栃木県日光市山内2384
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで9分、神橋下車すぐ
料金
要問合せ

日光宮前だんご

秘伝のみそだれ

享保8(1723)年創業の伝統を誇るこの店の看板メニュー・宮前だんごは、もち米を一切使わず、米と米粉で作る。みそだれと黒砂糖をつけて焼くだんごは、甘みと香ばしさが絶妙。

日光宮前だんご
日光宮前だんご

日光宮前だんご

住所
栃木県日光市下鉢石町956
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで3分、日光郷土センター前下車すぐ
料金
宮前だんご(5本)=550円/抹茶セット(だんご2本付)=550円/ゆばでんがく(2個)=450円/こんにゃくでんがく=300円/ぜんざい=450円/

滝尾神社

良い緑のパワースポット

二荒山神社の別宮で、二社一寺の奥にある石畳の参道を約2kmほど歩いた場所にひっそりと立つ。楼門前には、小石が穴を通れば願いがかなうという「運試しの鳥居」がある。安産子種石も有名。

滝尾神社
滝尾神社

滝尾神社

住所
栃木県日光市山内2310-1
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで5分、神橋下車、徒歩30分
料金
情報なし

日光湯波巻き 全【ZEN】

新感覚の湯波料理が話題

日光湯波と栃木産食材を組み合わせた和創作料理を楽しめる。自慢の一品は、とちぎ和牛とわさびの湯波巻。小鉢や煮物などが付く御膳で味わうのがおすすめ。その他にも数ある湯波巻を味わいたい。

日光湯波巻き 全【ZEN】
日光湯波巻き 全【ZEN】

日光湯波巻き 全【ZEN】

住所
栃木県日光市上鉢石町1007
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで5分、神橋下車すぐ
料金
湯波巻御膳=2160円/

魚要

元祖湯波そばの店

日光産の玄そばを、石臼で自家製粉した手打ちそばが味わえる。人気は郷土の味覚を加えた湯波そば。揚げ巻きゆばとぜんまい巻きゆば、長寿ゆばがのった絶品だ。

魚要
魚要

魚要

住所
栃木県日光市御幸町593
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで3分、日光郷土センター前下車すぐ
料金
湯波そば=1200円/冷たい湯波そば=1300円/

神橋

朱色の雅な橋

日本の三奇橋のひとつに数えられ、日光観光のシンボル的存在。大谷川に架かる鮮やかな朱塗りのアーチ形の橋は、くっきりと緑に映えて美しい。

神橋
神橋

神橋

住所
栃木県日光市上鉢石町
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで5分、神橋下車すぐ
料金
見学料=無料/橋通行料=大人300円、高校生200円、小・中学生100円、団体割引有り/

金谷ホテルベーカリー カテッジイン・レストラン

レトロカジュアルな雰囲気

金谷ホテル歴史館に隣接しており、金谷ベーカリー伝統のパンを使ったメニューやスイーツが気軽に楽しめる。朝食やランチプレートもおすすめ。パンのショップもある。

金谷ホテルベーカリー カテッジイン・レストラン
金谷ホテルベーカリー カテッジイン・レストラン

金谷ホテルベーカリー カテッジイン・レストラン

住所
栃木県日光市本町1-25金谷ホテル歴史館
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで7分、金谷ホテル歴史館下車すぐ
料金
クラブハウスサンド=1400円/アップルパイ=411円(スイーツセットは飲物100円引)/

鉢石カフェ

かき氷は必食

文化元(1804)年創業の老舗和菓子店。かき氷は2種類。ほか和カフェセットや和風パフェなど、ゆったりとした時間が流れる中で渾身の味を堪能できる。

鉢石カフェ
鉢石カフェ

鉢石カフェ

住所
栃木県日光市下鉢石町946
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで4分、日光支所前下車すぐ
料金
天然氷のかき氷(4月中旬~11月中旬、氷がなくなり次第終了)=990円/

油源

「日光の味」を伝える品がそろう江戸時代創業の老舗

観光客でも手に入れたい日光のおふくろの味が揃う。全国各地で待ちわびる人も多い山椒若葉煮、きゃらぶき、柚みそなどをおさえたい。いちごジャムも人気。店内では湯波ランチも味わえる。

油源
油源

油源

住所
栃木県日光市上鉢石町1028-1
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで5分、神橋下車すぐ
料金
日光いなり具だくさん=620円/ゆばちらし弁当=880円/日光鶏めし弁当=830円/山椒若葉煮=1080円~/柚子みそ=550円/きゃらぶき=650円/いちごジャム=420円/湯波づくし膳=1600円/クリームあんみつ=550円/

日光まるひで食堂本店

食べごたえのある湯波が、餡の中いっぱいに

西参道の入口にある食堂の老舗。人気が高いのが「元祖ゆば丼」だ。醤油ベースの餡の中には湯波がたっぷり。固めに仕上げられているので、湯波の食感が存分に楽しめる。

日光まるひで食堂本店

日光まるひで食堂本店

住所
栃木県日光市安川町10-24
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで10分、西参道入口下車すぐ
料金
元祖ゆば丼=890円/

日光山輪王寺大猷院

建築美を極めた門をくぐろう

徳川3代将軍家光の廟所。祖父家康の廟所東照宮に凌いではならないとの遺言により、控えめに作られているが洗練された装飾が施されている。

日光山輪王寺大猷院
日光山輪王寺大猷院

日光山輪王寺大猷院

住所
栃木県日光市山内2300
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス「世界遺産めぐり」で13分、大猷院・二荒山神社前下車すぐ
料金
見学料=大人550円、小・中学生250円/三仏堂と共通の輪王寺券=大人900円、小・中学生400円/龍神破魔矢=3000円/ (障がい者手帳持参で見学料大人250円、小人100円)

ジャンルで絞り込む