トップ > 関東・甲信越 > 北関東 > 日光・鬼怒川 > 日光 > 日光市街 > 

【日光】湯波??絶品グルメ!正統派&アレンジ派

くらしたび

更新日:2022年3月10日

この記事をシェアしよう!

【日光】湯波??絶品グルメ!正統派&アレンジ派

日光を訪れたなら、一度は食べておきたい郷土料理として挙げられる湯波料理。じっくり食べたい人は本格コース、気軽に楽しみたい人はお手ごろなアレンジメニューがおすすめ。

Why 湯波?

1.なぜ“湯葉”ではなく“湯波”?

京都では端から引き上げて1枚にするため“湯葉”、日光では中央から引き上げて二つ折りにし、シワがまるで波のように見えるので“湯波”と書かれるように!

2.なぜ日光といえば”湯波”?

日光山の修行僧の精進料理が起源といわれている湯波。その流れで地域でも参拝者に振る舞われるようになり、現在も多くの店が湯波料理を提供しているそうだ。

正統派

伝統的な技が駆使されたコース料理は、湯波を心ゆくまで味わえる

元祖日光ゆば料理 恵比寿家

和の技法を駆使した驚きの湯波料理を堪能
創業100年以上、現在は4代目が営む湯波の名店。生ゆばをはじめ、煮る・揚げるなど、多彩な調理法を用いたまったく違った食感や味わいの湯波料理が楽しめる。コースは3種で2310円から。

元祖日光ゆば料理 恵比寿家

Aコース 5000円
全9品中、湯波料理が6品も。4回に分けて、できたてが配膳される

元祖日光ゆば料理 恵比寿家

日光街道沿いだが、入口は左手奥にある

元祖日光ゆば料理 恵比寿家

44畳の和室に10卓がゆったりと並ぶ

元祖日光ゆば料理恵比寿家

住所
栃木県日光市下鉢石町955
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで3分、日光郷土センター前下車すぐ
料金
Aコース=5000円/Bコース=3500円/Cコース=2400円/

本格懐石湯波料理 割烹 与多呂

味覚・視覚ともに大満足の手間ひまかけられた湯波懐石
2代目が提供するのは、湯波の味を最大限に生かした本格懐石。「味は絶品、見た目も感動」と評判を呼んでいる。繁忙期は13時半頃に売り切れる場合もあるので予約がベター。湯波ランチは3300円から。

本格懐石湯波料理 割烹 与多呂

湯波上ランチ 4400円
1品ずつ提供されるのでできたてが楽しめる。全7品。

本格懐石湯波料理 割烹 与多呂

大通りから一本奥に入った場所にある

本格懐石湯波料理 割烹 与多呂

大広間のほか個室も用意、車椅子OKの部屋も

本格懐石湯波料理 割烹 与多呂

住所
栃木県日光市下鉢石町965
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで3分、日光郷土センター前下車、徒歩4分
料金
湯波上ランチ・焼魚ランチ=4320円/湯波ランチ=3240円/本格懐石湯波料理=6480円/湯波懐石けごんコース=10800円/湯波懐石男体コース=8640円/湯波懐石女峰コース=6480円/

アレンジ派

湯波が現代風に変身!お手ごろに食べられるアレンジメニューをチェックしよう

日光湯波巻き 全【ZEN】

湯波と和牛がコラボした絶品の創作巻き寿司
栃木県の食材をメインに、フレンチと和食を取り入れた創作料理を提供。その日の食材に合わせて仕込まれた料理は、味わい深く思わず舌鼓を打つほど。こだわりの器も合わせて楽しみたい。

日光湯波巻き 全【ZEN】

湯葉巻御膳 2530円
和牛と山葵の湯葉巻、本日の小鉢3種、自家製たまり漬けなど全7品

日光湯波巻き 全【ZEN】

木をふんだんに使ったスタイリッシュな外観

日光湯波巻き 全【ZEN】

外の岩肌を眺められる内装は圧巻

日光湯波巻き 全【ZEN】

住所
栃木県日光市上鉢石町1007
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで5分、神橋下車すぐ
料金
湯波巻御膳=2160円/

食堂すゞき

湯波と生パスタの新しい食感に感動!
東京の名店やホテルで修業したシェフが地元日光で食堂をオープン。以来20年間、肉料理やパスタ、ラーメンなどジャンルにとらわれないメニューを展開。地元だけでなく遠方にもファンが多い。

食堂すゞき

湯波入り2色生パスタ豆乳クリームチーズソースパスタセット 2090円
サラダ、3種デザート、ドリンク付き

食堂すゞき

御幸町交差点の角にある

食堂すゞき

住所
栃木県日光市御幸町581-2
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から徒歩15分
料金
湯波2色生パスタ豆乳クリームチーズセット=1296円/和豚もちぶた豚トロ石焼きビビンバ=1188円/コースメニュー=2484円~/ティラミス=378円/

まるひで食堂

食べごたえのある湯波があんの中いっぱいに!
西参道の入口にある食堂の老舗。いちばん人気が高いのが「元祖ゆば丼」だ。醤油ベースのあんの中には、湯波がたっぷり。固めに仕上げられているので、湯波の食感が存分に楽しめる。

まるひで食堂

元祖ゆば丼 950円
濃いめの味付け。ゆばの刺身、ゆばの吸い物、たまり漬けが付いたセットは1370円

まるひで食堂

店内で食事をすれば山内観光中も駐車OK

食べ歩きスイーツ♥

ちょい食べにオススメ!
ちょっとだけ湯波を食べたい人へのおすすめ&食後のデザートにぴったりの湯波スイーツをご紹介♪

補陀洛本舗 石屋町店

天然の出汁で炊き上げたおこわを半生のゆばで巻き上げている。イートインも可。

補陀洛本舗 石屋町店

ゆばむすび 450円
(予約可)

ふだらく本舗

住所
栃木県日光市石屋町406-4
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から徒歩5分
料金
ゆばむすび=400円(2個)/山菅最中=950円/日光銘菓ふだらく饅頭=110円(1個)/

ダイニングカフェ湯波こまち 東武日光駅前店

ハンバーガーやコロッケなどアレンジ湯波メニューが豊富。テイクアウトも可。

ダイニングカフェ湯波こまち 東武日光駅前店

テリヤキゆばバーガー 380円
湯波と玉ねぎがたっぷり

ダイニングカフェ 湯波こまち 東武日光駅前

住所
栃木県日光市松原町255ホテルヴィバ日光 1階
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅からすぐ
料金
テリヤキゆばバーガー=300円/ゆばトマトラーメン=950円/日光ブランドHIMITSU豚ポークソテー=1300円/日光名物湯波フライカツ丼=950円/

LANCATLGUE CAFE NIKKO

アンティーク家具が配された店内で、ゆっくりランチやスイーツが楽しめる。

LANCATLGUE CAFE NIKKO

ユバプリン 450円
豆乳プリンに湯波がオン

LANCATLGUE CAFE NIKKO

住所
栃木県日光市安川町4-1迎ビル 2階
交通
JR日光線日光駅・東武日光線東武日光駅から東武バス中禅寺湖方面行きで6分、総合会館前下車すぐ
料金
くみ上げゆばのとろゆばごはん=1200円/ユバプリン=450円/コーヒー=500円/泡立ちカフェオレ=600円/

静岡や伊豆、日光、栃木、岐阜エリアの旅行ガイドブックの編集から取材執筆、撮影などに携わっている、静岡を拠点とする編集プロダクションです。
代表の志水は、静岡のローカル情報番組のコメンテーターを歴任するなど、20年以上にわたり旅と暮らしに関わり続けています。乗り鉄&呑み鉄旅が好き。日本各地の手ぬぐい収集癖がある一方、引っ込み思案。
その他にも多彩で個性的なライター陣により、現場の空気感を拾い上げたレポートをお伝えしていきます。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください