トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 北関東 > 佐野・栃木・足利 > 佐野 > 佐野市街

佐野市街

佐野市街のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

佐野市街のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。耳うどん、佐野ラーメン、佐野のいもフライなど情報満載。

佐野市街のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:53 件
  • 記事:8 件

1~20 件を表示 / 全 6 件

耳うどん(みみうどん)

一年の無事を願って食べる佐野に伝わる正月料理

  • ご当地名物料理

佐野市仙波地区に伝わる正月料理。小麦粉を練って、耳の形にしたすいとんのようなもので、これを食べると一年中悪いことが聞こえず、無病息災で過ごせるなど、厄除けの意味がある。

耳うどん

佐野ラーメン(さのらーめん)

青竹打ちで作られたちぢれ麺が特徴

  • ご当地名物料理

大正時代に中国人のコックが青竹で手打ち麺を打ったのが始まりとされる。コシのある麺と、名水を使い、すっきりとした味わいの醤油スープがおいしさの理由。

佐野ラーメン

佐野のいもフライ(さののいもふらい)

甘みのあるホクホクのジャガイモがたまらない

  • ご当地名物料理

蒸したジャガイモを串刺しにして揚げた後、特製ソースをかけたもので、佐野市周辺で昔から食べられていた。観光協会ではいもフライの店を紹介したマップも用意している。

佐野のいもフライ

栃木のかんぴょう(とちぎのかんぴょう)

夕顔の栽培に適した栃木の風土が生みだす特産品

  • おみやげ

全国生産の9割以上を占める栃木県の特産品。7~8月に実をつける夕顔の果肉を帯状に切り、乾燥させたもの。夕顔は県中南部を中心に栽培され、かんぴょう干しの最盛期には、農家の庭先を白一面に染める。

栃木のイチゴ(とちぎのいちご)

栃木を代表するイチゴのトップブランドをもつ

  • おみやげ

収穫量日本一を誇る栃木のイチゴ。なかでもイチゴブランドの代表的存在の「とちおとめ」は、県を代表するブランドとなっている。そのほかにもさまざまな品種のイチゴが作られている。

栃木のイチゴ

佐野のカタクリ(さののかたくり)

うつむき加減に咲き、そっと春を告げる

早春に山野や雑木林に群生する高さ15cmほどの花。紅紫色やピンク色の花がうつむき加減に咲き、その可憐な姿は「春の妖精」と呼ばれることも。北関東屈指の規模を誇る佐野市万葉自然公園などが群生地として知られる。

佐野のカタクリ