トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 伊豆・箱根 > 南伊豆

南伊豆

南伊豆のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

南伊豆のおすすめのご当地グルメや名物・名産品をご紹介します。いけんだ煮味噌、南伊豆の伊勢エビ天丼、南伊豆のアワビなど情報満載。

南伊豆のおすすめご当地グルメ・名物・名産品

  • スポット:265 件
  • 記事:39 件

1~20 件を表示 / 全 16 件

いけんだ煮味噌(いけんだにみそ)

豪快な海の幸を地元漁師の味付けで堪能

  • ご当地名物料理

伊勢エビの差し網漁でとれた魚介と季節の野菜や海藻などをふんだんに入れた漁師鍋。魚介と野菜のだしが出たスープはこくがあり、食材のエキスが体に染み渡る。

南伊豆の伊勢エビ天丼(みなみいずのいせえびてんどん)

高級食材を天ぷらにして豪快に盛り付け

  • ご当地名物料理

丼からはみ出すほどの大きな伊勢エビの天ぷらがのり、ボリューム満点。野菜もたっぷりで、甘めのタレがほどよくマッチし、あっという間に平らげてしまう。

南伊豆のアワビ(みなみいずのあわび)

生でも焼いてもおいしい貝の王様

  • 旬魚介

黒潮にもまれた南伊豆のアワビはしっかりとした食感が特徴。刺身や蒸しアワビもおいしいが、地元名物・アワビステーキも食べたいところ。特製のソースがアワビの旨みを引き出す。

南伊豆のサザエ(みなみいずのさざえ)

口の中に広がる潮の香りが愛される

  • 旬魚介

磯の香り豊かな南伊豆のサザエは、地元の漁師に愛されてきた海の幸。とれたばかりのサザエを、網焼きにして食べられる店もある。つぼ焼きからサザエ丼まで、楽しみ方は豊富。

南伊豆のサザエ

南伊豆の伊勢エビ(みなみいずのいせえび)

南伊豆に来たら必ず食べたい魚介の一つ

ぶ厚い殻の中に甘く弾力のある身がギッシリ詰まって食べごたえがある。漁期は9月中旬~5月中旬で、旬の時期は、民宿や旅館ではさまざまな伊勢エビ料理が味わえる。

南伊豆の伊勢エビ

伊豆の金目鯛(いずのきんめだい)

金目鯛の旨みをさまざまな料理で味わう

鯛の仲間ではなく、金色の目をもつ鯛のような姿からその名が付いた鮮やかな姿の魚。伊豆の漁港には新鮮で上質な金目鯛が揚がる。稲取沖でとれるものは特に「地金目鯛」とよばれる高級品。

伊豆の金目鯛

伊豆の干物(いずのひもの)

種類豊富な魚介を旨みの詰まった干物で

  • おみやげ

太平洋沿い一体に多くの漁港をもつ伊豆では、新鮮で良質な干物がみやげとして人気が高い。それぞれの魚介の旨みが凝縮され、ふっくらと柔らかいのが特徴。

伊豆の干物

伊豆のワサビ漬け(いずのわさびづけ)

鼻にツンとくるさわやかな刺激を味わう

  • おみやげ

独特の香味ある日本原産の香辛料・ワサビは、伊豆の特産品。名物のワサビ漬けは、刻んだワサビを酒粕に混ぜて漬け込んだもの。酒のつまみやご飯の副菜となり、みやげとして人気。

伊豆のワサビ漬け

伊豆のスイーツ(いずのすいーつ)

旅先で味わっても、おみやげにしてもいいお菓子

  • おみやげ

道の駅、観光地のみやげ店や食事処など、いろいろな場所で出会える伊豆のスイーツ。洋菓子なら新鮮な材料を使ったケーキやクリームたっぷりのロールケーキ、和菓子なら定番のもなかやまんじゅうなどがおすすめ。日持ちするお菓子なら、旅行のおみやげにも喜ばれそう。

伊豆のスイーツ

伊豆のパン(いずのぱん)

地元で評判のパンの店

  • おみやげ

人気観光地伊豆には、あちらこちらにこだわりのパンの店が点在している。製法や材料にこだわったパンは地元でも人気。ランチやおやつはもちろん、おみやげにも使いたい。

伊豆のパン

下田のクリ(しもだのくり)

コロンとした実は秋の味覚の代表格

天津甘栗、甘露煮、栗きんとん、栗ご飯、モンブランなど、子どもから大人まで馴染みのある木の実。皮にツヤがあり丸みを帯び、ずっしり重いものがおいしい。たけのこや椎茸狩りでも人気の一条竹の子村でも9月上旬~10月上旬、園内で栗拾いが楽しめる。

伊豆・箱根のミカン(いずはこねのみかん)

美肌作りに欠かせないビタミン豊富なフルーツ

日本の冬に欠かせないフルーツ。「愛媛みかん」「有田みかん」「三ヶ日みかん」などが有名だが、これはすべて温州みかんのこと。温州みかんは日本原産で、宮川早生、南柑20号などさまざまな品種がある。形が扁平で皮の粒がはっきりしているものが良い。伊豆・箱根エリアでは湯河原、小田原、伊豆の東海岸などが有名スポット。

伊豆・箱根のミカン

南伊豆・東伊豆のタケノコ(みなみいずひがしいずのたけのこ)

鮮度たっぷりのタケノコはそのまま刺身にもなる

4~5月ごろにおいしい時期を迎えるタケノコ。時間が経つとえぐみが出てくるが、掘りたてならそのまま食するのも良い。酢の物や和え物、炊き込みご飯や煮物など、いろいろな料理に使われる。南伊豆・東伊豆の観光農園でもタケノコの収穫が楽しめる。

南伊豆・東伊豆のタケノコ

伊豆のアジサイ(いずのあじさい)

雨がもっとも似合う梅雨時の可憐な花

開花から日が経つにつれて花の色が変わっていくことから「七変化」と呼ばれる。白やピンク、紫、水色、青など、さまざまな色合いは土壌の酸性度の違いが生むもので、全国各地にアジサイ寺やアジサイロードと呼ばれる名所がある。伊豆エリアでは、三島の源兵衛川沿いや下田公園などで咲き誇る様子が見られる。

伊豆のアジサイ

松崎のマーガレット(まつざきのまーがれっと)

次々につぼみを開かせる白く可憐な「恋の花」

恋占いの花として有名なキク科の多年草。名はギリシャ語で「真珠」の意。カナリア諸島が原産地で、日本へは明治時代に導入された。花は白い一重咲きが一般的だが、黄色や桃色、八重咲き、丁字咲きなど多くの品種がある。静岡県南伊豆町の伊浜は全国有数の生産地で、ハウスのほか2月~3月は露地栽培の畑も見られる。

下田のスイセン(しもだのすいせん)

ナルシストの語源ともいわれるスイセン

別名「雪中花」とも呼ばれ、春の訪れを告げる清楚な花。白や黄色の花を咲かせ、甘い香りを漂わせる。比較的温暖な地方の海岸近くなどで群生する。伊豆半島南端、下田の爪木崎では、12月下旬から1月下旬にかけて白いスイセンが咲き誇り、芳香を漂わす。遊歩道も整備されており、海を眺めながらの散策も楽しい。

下田のスイセン

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください