エリア・ジャンルからさがす

トップ > 全国 x 祭り > 東海・北陸 x 祭り > 伊勢志摩・三重 x 祭り > 伊勢志摩 x 祭り

伊勢志摩 x 祭り

伊勢志摩のおすすめの祭りスポット

伊勢志摩のおすすめの祭りスポットをご紹介します。その年の大漁を願う。じゃこっぺ踊りや伊勢海老みこしなどを開催「伊勢えび祭」、大注連縄が境内に入る頃、海上で打ち上げられる花火を楽しむ「二見大祭 しめなわ曳」、船員、漁師、海女が参詣し海上安全を祈願「御船祭」など情報満載。

伊勢志摩のおすすめの祭りスポット

  • スポット:14 件

1~20 件を表示 / 全 14 件

伊勢志摩のおすすめの祭りスポット

伊勢えび祭

その年の大漁を願う。じゃこっぺ踊りや伊勢海老みこしなどを開催

伊勢海老に感謝し、その年の大漁を願い行われる。伊勢海老の子どもたちのようにピチピチ跳ねるじゃこっぺ踊り、巨大な伊勢海老みこしなど様々なイベントを開催。

伊勢えび祭
伊勢えび祭

伊勢えび祭

住所
三重県志摩市浜島町浜島浜島海浜公園ほか
交通
近鉄志摩線鵜方駅から三重交通宿浦行きバスで20分、浜島下車、徒歩5分(浜島海浜公園)
料金
要問合せ

二見大祭 しめなわ曳

大注連縄が境内に入る頃、海上で打ち上げられる花火を楽しむ

猿田彦大神の霊石・興玉神石を遥拝する神社で開催される例祭。夕方からしめなわ曳が行われ、大注連縄が境内に入る頃、海上では花火が打ち上げられる。

二見大祭 しめなわ曳

二見大祭 しめなわ曳

住所
三重県伊勢市二見町江575二見興玉神社
交通
JR参宮線二見浦駅から徒歩15分
料金
無料

御船祭

船員、漁師、海女が参詣し海上安全を祈願

旧暦1月18日に行われる「御船祭」は、志摩一円から船員、漁師、海女が参詣。全国から奉納された大漁旗が一面に立ち並ぶ中、海上安全を祈願する。

御船祭
御船祭

御船祭

住所
三重県鳥羽市松尾町519青峯山正福寺大門
交通
近鉄鳥羽線鳥羽駅からタクシーで30分
料金
要問合せ

魚魚まつり

鳥羽の新鮮な魚介を堪能できるイベント

鳥羽の新鮮な魚介類を紹介する。伊勢エビ汁1000食のふるまいや若手調理人による「鯛の早さばきバトル」、ステージイベント、海の幸の即売会など多彩な催しが行われる。

魚魚まつり

住所
三重県鳥羽市鳥羽1丁目近鉄鳥羽駅前広場及び周辺
交通
近鉄鳥羽線鳥羽駅からすぐ
料金
要問合せ

しろんご祭

海女がつがいのアワビの初採りを海女頭をかけ競う

鳥羽の菅島で行われる。ホラ貝の合図で海女がいっせいに海に潜り、つがいのアワビの初採りを競う。最初に採った者がその年の海女頭になる。アワビを供え豊漁を祈願する。

しろんご祭
しろんご祭

しろんご祭

住所
三重県鳥羽市菅島町白髭神社ほか
交通
近鉄鳥羽線鳥羽駅から徒歩7分の佐田浜(鳥羽マリンターミナル)から市営定期船菅島行きで15分、菅島港下船、徒歩15分
料金
要問合せ

鼻かけえびす初笑い神事

伊勢海老漁で知られる浜島の新春行事

伊勢海老漁で知られる浜島の大漁・商売繁盛を祈る新春行事。鼻かけえびすを囲み、南方向の海に向かい、万歳しながら「ワーハッハッハ」と3回大きく笑うと福を招くという。

鼻かけえびす初笑い神事

鼻かけえびす初笑い神事

住所
三重県志摩市浜島町浜島681恵比寿神社
交通
近鉄志摩線鵜方駅から三重交通宿浦行きバスで20分、浜島下車、徒歩10分
料金
要問合せ

斎王まつり

伊勢への群行を再現。地元特産品の販売やアトラクションもある

斎王が伊勢に群行された様子を再現する、雅やかな「斎王群行」をメインに、地元特産品の販売、アトラクションなどを開催する。

斎王まつり

斎王まつり

住所
三重県多気郡明和町斎宮歴史博物館ほか
交通
近鉄山田線斎宮駅から徒歩10分(斎宮歴史博物館)
料金
要問合せ

あわび王国まつり

志摩町の特産品あわびを堪能

あわび王国を称する志摩町の祭り。あわびやふくだめを格安でお腹いっぱい味わえるほか、海産物や志摩産真珠製品の販売など、盛りだくさんの内容だ。志摩町の「荒波太鼓」などの芸能も披露される。

あわび王国まつり

あわび王国まつり

住所
三重県志摩市志摩町布施田ふれあい公園
交通
近鉄志摩線鵜方駅から三重交通御座港行きバスで45分、布施田西口下車、徒歩10分
料金
あわび王国大盤振る舞いコーナー引換券=200円/

石神さん春祭り

働き者の海女たちを男衆がおもてなし

5月7日の「磯日待(いそひまち)」という海女の安息の日に、大漁祈願と大願成就を願って行なわれる祭り。当日は男衆料理で男性が女性をもてなす。

石神さん春祭り

住所
三重県鳥羽市相差町神明神社(石神さん)
交通
近鉄鳥羽線鳥羽駅からかもめバス国崎行きで40分、千鳥ヶ浜下車、徒歩4分
料金
要問合せ

潮かけ祭り(大島祭)

神事を終えると観客も交えて海水を掛け合う

780年余りの伝統を誇る祭り。海の安全と豊漁を祈願する神事を終えると、海水を掛け合うみそぎが行われる。観客も交えてあちこちで、船同士や人同士で海水をかけ合ったり、海に投げ入れたりする奇祭。

潮かけ祭り(大島祭)

潮かけ祭り(大島祭)

住所
三重県志摩市志摩町和具和具大島・和具漁港周辺
交通
近鉄志摩線鵜方駅から三重交通御座港行きバスで50分、和具下車、徒歩3分(和具漁港)
料金
要問合せ

ゲーター祭

平穏な新年を迎えるため諸悪を払う神島の奇祭

鳥羽市沖に浮かぶ神島の奇祭で、諸悪を払い平穏な新年の日の出を迎える行事。元旦の夜明けに島中の男衆がグミの枝を束ねた直径2mほどの輪を竹で刺し、持ち上げて落とす。

ゲーター祭

住所
三重県鳥羽市神島町八代神社ほか
交通
近鉄鳥羽線鳥羽駅から徒歩7分の佐田浜(鳥羽マリンターミナル)から市営定期船神島行きで35分、神島港下船、徒歩15分

わらじ祭

大漁と平穏無事を祈願し巨大なワラジを編む

ダンダラボッチという大男が、村人が造った大ワラジを見て退散したという民話が起源の祭。畳一枚分の大きさの巨大なワラジを編み、大漁と平穏無事を祈願して海へ流す。

わらじ祭
わらじ祭

わらじ祭

住所
三重県志摩市大王町波切波切神社、波切漁港周辺、須場の浜
交通
近鉄志摩線鵜方駅から三重交通御座港行きバスで20分、波切下車、徒歩3分(波切漁港周辺)
料金
要問合せ

浜島大祭

子供神輿や船神輿など、勇壮で活気あふれる祭

宇気比神社の例大祭。はっぴ姿の子供たちが神輿をかつぎ、元気なかけ声を響かせながら町内を練り歩く。その後、青年による勇壮な船神輿の渡御が行われ、大漁や豊作を願う。

浜島大祭

住所
三重県志摩市浜島町宇気比神社ほか町内一円
交通
近鉄志摩線鵜方駅から三重交通宿浦行きバスで20分、浜島下車、徒歩10分(宇気比神社)
料金
要問合せ

汗かき地蔵まつり

2月24日の縁日には、汗かき地蔵を参詣する人々で賑わう

吉事が起こる時には白い汗、凶事が起こる時には黒い汗をかくといわれる汗かき地蔵。縁日の2月24日には堂の山周辺に数々の屋台が建ち並び、参詣する人々で賑わう。

汗かき地蔵まつり
汗かき地蔵まつり

汗かき地蔵まつり

住所
三重県志摩市大王町波切412
交通
近鉄志摩線鵜方駅から三重交通御座港または越賀中学校行きバス20分、波切小学校前下車、徒歩5分
料金
要問合せ