おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  【松阪】江戸の面影残る城下町ぶらりさんぽ!

【松阪】江戸の面影残る城下町ぶらりさんぽ!

【松阪】江戸の面影残る城下町ぶらりさんぽ!

by mapple

更新日:2018年3月22日

江戸時代、松阪の城下町は松阪もめんの商いで商人の町として発展。往事の面影が残る町を散策してみよう。

こんな歴史があります

戦国時代に蒲生氏郷が城下町として礎を築いた松阪は、江戸時代には三井家、長谷川家、小津家などの商人が活躍する商業の町へと発展を遂げた。その基盤となったのが江戸で大流行した「松阪もめん」。松阪に住み江戸に店を持つ、いわゆる「江戸店持ち」が多いのも特徴だ。そんな豪商たちの足跡をたどりながら、ぶらり町歩きを楽しみたい。

こんな歴史があります

松阪の町並みの詳細情報


住所
三重県松阪市魚町
交通
近鉄山田線松阪駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休

おさんぽコース

歩く時間 約40分
歩く距離 約3㎞

START JR/近鉄・松阪駅
↓ 1㎞/15分
1.御城番屋敷
↓ 0.2㎞/3分
2.本居宣長記念館・鈴屋
↓ 0.2㎞/3分
3.松坂城跡
↓ 徒歩すぐ
4.松阪市立歴史民俗資料館
↓ 0.4㎞/5分
5.松阪もめん手織りセンター
↓ 0.2㎞/3分
6.松阪商人の館
↓ 1㎞/13分
GOAL JR/近鉄・松阪駅

レンタル着物で城下町を散策

松阪もめん きものレンタルセンター

着物のレンタル着付け場所

松阪もめん きものレンタルセンター
松阪もめん きものレンタルセンター

「和創館 八幡屋」ではレンタル着物を用意している。 あらかじめセットされている襦袢と着物をはおり、ベルトと紐で締め、簡単につけられる帯を結んだら、なんと3分で着付け完了。

和創館 八幡屋の詳細情報


住所
三重県松阪市日野町589-1
交通
近鉄山田線松阪駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
10:00~19:00
休業日
木曜

松阪市観光情報センター

申し込みはこちらからも可能

松阪市観光情報センターの詳細情報


住所
三重県松阪市京町507-2
交通
JR紀勢本線松阪駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00(閉館)
休業日
無休年末年始休

御城番屋敷

紀州藩士たちが住んだ組屋敷
江戸末期に松坂城の警護のために派遣された、紀州藩士とその家族が住んでいた組屋敷で、現存する武家の組屋敷は全国でも珍しい。

御城番屋敷

西棟北端にある一軒を公開している

城下町話

御城番武士の先祖は、徳川家康に仕えながら横須賀城を守った「横須賀党」の武士たち。家康から初代紀州藩士徳川頼宣のもとへ一党が遣わされた。

御城番屋敷の詳細情報


住所
三重県松阪市殿町1385
交通
近鉄山田線松阪駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
10:00~16:00(閉館)
休業日
月曜年末年始休

2.本居宣長記念館・鈴屋

松阪が誇る国学者の記念館
『古事記伝』で知られる江戸時代の国学者、本居宣長の資料を展示。隣接する、宣長が60年間を過ごした魚町の旧宅「鈴屋」は1階のみ見学可。

2.本居宣長記念館・鈴屋

宣長の祖父が建てた居宅の1階。2階の鈴屋には入れないので、外から見学

城下町話

「鈴屋」は宣長53歳のときに、物置を改造して造った書斎。床近くに36個の鈴を連ねた「柱掛鈴」を掛け、勉強に疲れると鳴らして気分転換したという。

本居宣長記念館 旧宅「鈴屋」の詳細情報


住所
三重県松阪市殿町1536-7
交通
近鉄山田線松阪駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休12月29日~翌1月3日休

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる伊勢志摩’19」です。掲載した内容は、2017年10月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×