トップ > 全国 x うなぎ > 関西 x うなぎ > 京都 x うなぎ

京都 x うなぎ

京都のおすすめのうなぎスポット

京都のおすすめのうなぎスポットをご紹介します。京極かねよ,碓屋,わらじやなど情報満載。

京都のおすすめのうなぎスポット

  • スポット:6 件
  • 記事:1 件

1~10 件を表示 / 全 6 件

京極かねよ

インパクト抜群の名物どんぶり

大正元(1912)年創業の老舗鰻店。丼からはみ出るほどのだし巻きがのるきんし丼が名物。だし巻きをめくると、主役の香ばしい鰻が現れる。特製の甘辛いタレとご飯の相性も抜群。

京極かねよ
京極かねよ
京極かねよ
京極かねよ

京極かねよ

住所
京都府京都市中京区六角新京極東入ル松ケ枝町456
交通
地下鉄京都市役所前駅から徒歩5分
料金
きんし丼(並)=2300円/うなぎ丼(並)=2300円/(70歳以上は毎月15日抽選にて30名までランチ無料)

碓屋

専門店の鰻をもっと気軽に

鰻割烹出身の主人が夫妻で営む和食店。愛知県一色産鰻だけを使い、炭焼きで地焼きする関西風蒲焼きが丼や単品でいただける。昼限定のう飯重には、出汁を利かせたおかずがぎっしり。

碓屋
碓屋

碓屋

住所
京都府京都市中京区三条通大宮西入ル上瓦町58
交通
地下鉄二条城前駅から徒歩7分
料金
鰻蒲焼き・白焼き=1950円/鱧蒲焼き=1190円/う飯重(昼限定)=1500円/

わらじや

店頭のわらじが目印、うぞふすいの老舗

名物の「うぞふすい」は、白焼きの鰻に餅、シイタケ、ニンジンなどを入れて玉子でとじたもの。先付け、吸物が付いている。歴史を感じさせる店先にかかる、大きなわらじが目を引く。

わらじや
わらじや
わらじや

わらじや

住所
京都府京都市東山区七条通本町東入ル西之門町555
交通
京阪本線七条駅から徒歩5分
料金
鰻雑炊=6706円/鰻巻き(1本)=4000円/

かね正

タレの香り漂わす関西風のうな丼錦糸玉子が決め手

カウンターの目の前で焼くうなぎは背開きだが蒸しは入れない関西風。香ばしいうなぎの上に錦糸玉子が一面に盛られるきんし丼は、すまし汁と香の物付。

かね正

住所
京都府京都市東山区大和大路通四条上ル
交通
京阪本線祇園四条駅から徒歩3分
料金
きんし丼=1800円/まむし丼=1700円/うな丼=1600円/うな重=2900円/

松乃鰻寮

食通をうならせるオリジナルのう会席

あっさりと上品なうなぎ会席が味わえる。2人以上なら鰻のスープと雑炊がセットになったうなべがおすすめ。鰻料理を堪能するならう会席(うなぎづくし)、気軽に楽しむならうな重を。

松乃鰻寮
松乃鰻寮
松乃鰻寮
松乃鰻寮

松乃鰻寮

住所
京都府京都市左京区岩倉木野町189
交通
叡山電鉄鞍馬線木野駅からすぐ
料金
うなべ=6480円~/う会席=15120円~/お昼膳(14:30迄)=6480円/鰻御膳=9720円/おまかせ御膳=10800円/鰻重=4104円~/(サービス料別10~15%)

廣川

備長炭で焼き上げ秘伝のタレを絡めた香ばしいうなぎを味わえる

江戸前の蒲焼きがおいしい店。備長炭で焼き上げた香ばしいうなぎに、秘伝のタレが絶妙にからむ。ふっくら焼いたうなぎは鰻重定食やコースで味わうのがおすすめ。

廣川

廣川

住所
京都府京都市右京区嵯峨天竜寺北造路町44-1
交通
嵐電嵐山本線嵐山駅から徒歩3分
料金
鰻重定食=3900円/鰻重定食(上)=5000円/蒲焼きコース=7300円・9600円/

条件検索

エリアとジャンルを指定してください