トップ > 全国 x 墓・古墳 > 関西 x 墓・古墳 > 奈良 x 墓・古墳 > 吉野・十津川 x 墓・古墳

吉野・十津川 x 墓・古墳

吉野・十津川のおすすめの墓・古墳スポット

吉野・十津川のおすすめの墓・古墳スポットをご紹介します。後南朝最後の皇子の墓「自天王・忠義王の陵墓」、南朝の武将、楠正勝が葬られている史跡「楠正勝の墓」、石玉垣に囲まれて静かにたたずむ天皇御陵「後醍醐天皇陵」など情報満載。

吉野・十津川のおすすめの墓・古墳スポット

  • スポット:4 件

1~20 件を表示 / 全 4 件

吉野・十津川のおすすめの墓・古墳スポット

自天王・忠義王の陵墓

後南朝最後の皇子の墓

金剛寺本堂の左にある後南朝最後の皇子の墓。南北朝の動乱時、皇位略奪を謀った南朝の自天王と忠義王は、長禄元(1457)年、赤松家の謀略によって殺害された。

自天王・忠義王の陵墓

自天王・忠義王の陵墓

住所
奈良県吉野郡川上村神之谷
交通
近鉄吉野線大和上市駅から奈良交通湯盛温泉杉の湯行きバスで40分、終点で奈良交通下桑原行きバスに乗り換えて20分、柏木下車、徒歩20分
料金
情報なし

楠正勝の墓

南朝の武将、楠正勝が葬られている史跡

南朝の史跡のひとつ。楠正成の孫、楠正勝は弟とともに、足利勢に対抗しようとしたが、病に倒れこの地に葬られた。その墓が湯泉地温泉から約3km村道を登った場所に残る。

楠正勝の墓

楠正勝の墓

住所
奈良県吉野郡十津川村武蔵
交通
JR和歌山線五条駅から奈良交通新宮駅行きバスで2時間30分、十津川村役場下車、徒歩45分
料金
情報なし

後醍醐天皇陵

石玉垣に囲まれて静かにたたずむ天皇御陵

如意輪寺の境内にある後醍醐天皇の御陵。京への思いを抱き続けた天皇の意を偲び、京都方面を正面に築造。山陵は円墳で、杉や美林の中に石玉垣に囲まれて静かにたたずむ。

後醍醐天皇陵

住所
奈良県吉野郡吉野町吉野山1024如意輪寺内
交通
近鉄吉野線吉野駅からタクシーで7分
料金
無料

村上義光墓

大塔宮護良親王の身代わりとして自害した武将村上義光の墓

信濃の武将、村上義光の墓。義光は、大塔宮護良親王の身代わりとして、蔵王堂二夭門上で自害した。捨てられた義光の首を里人が拾って、この地に葬ったといわれている。

村上義光墓

村上義光墓

住所
奈良県吉野郡吉野町左曽
交通
近鉄吉野線吉野駅から吉野山ロープウェイで3分、吉野山駅下車、徒歩10分
料金
情報なし