エリア・ジャンルからさがす

トップ > 全国 x 和菓子 > 中国・四国 x 和菓子 > 山陽・瀬戸内 x 和菓子 > 広島・宮島 x 和菓子 > 宮島 x 和菓子

宮島 x 和菓子

宮島のおすすめの和菓子スポット

宮島のおすすめの和菓子スポットをご紹介します。できたてアツアツ。登録商標である新名物の揚げもみじ「紅葉堂 弐番屋」、もみじ饅頭のバリエーションが豊富「やまだ屋本店」、品揃え豊富な老舗「藤い屋 宮島本店」など情報満載。

宮島のおすすめの和菓子スポット

  • スポット:10 件
  • 記事:3 件

宮島の新着記事

広島おすすめ観光モデルコース! 2つの世界遺産をめぐる!

世界遺産を見学したり、お好み焼きを食べたり。広島観光の王道を網羅した1泊2日のモデルコースを参考に、旅のシミュレーションを立ててみましょう。おすすめ広島観光モデルコースの1日目は宮島へ。憧れの嚴島神社...

【宮島】おすすめ宿をチェック!

ハイクラスな日本旅館が多い宮島の宿。対岸の大野浦には「宮浜温泉」がある。

世界遺産【嚴島神社】知っておきたい7つのコト!

広島が世界に誇る嚴島神社。2018年は清盛公が社殿を造営されて850年の節目を迎える記念の年。ますます注目が高まる神秘の社殿、その魅力を総力取材で紹介します!

【宮島でいいね!】人気&話題のキーワードをチェック!

神秘的な嚴島神社に参拝したり、焼きたてのもみじまんじゅうを味わったり。宮島に来たらハズせない、旅キーワードをチェック!

宮島のおすすめカフェ 絶景&コーヒー自慢のお店に行こう♪

ここ数年、続々とオープンし宮島を賑わせているカフェは、絶景カフェや和カフェなどタイプもさまざま。宮島のシンボルである大鳥居や五重塔など、ここならではの景色を望むことができるカフェで特別なひと時を過ごし...

【宮島】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

もみじまんじゅうの手焼き体験や、瀬戸内の生き物との触れ合いなど。旅の思い出をより深めてくれる、宮島らしいスポットをご紹介。

宮島のあなごめしオススメの5店! 100年以上続く宮島発祥の名物グルメ

明治時代に駅弁として生まれたあなごめし。今や宮島グルメの代表格として、宮島周辺には名店がひしめきあう。ランチにはもちろん、弁当のテイクアウトもスタンバイ。100年以上続く、宮島発祥の名物を食べるならこ...

宮島グルメで必ず食べたいカキ料理 味わいたいあの店のあの一品!

日本一のカキの産地・広島のなかでも特に生産の盛んな宮島では、上質で新鮮なカキをリーズナブルに味わえます。中には通年生ガキが味わる店も!鮮度抜群の一大産地で、定番から個性派まで多彩なカキ料理を召しあがれ...

嚴島神社のシンボル【大鳥居】魅力をチェック!

瀬戸内海にどっしりと立つ大鳥居。岸や社殿から眺めることができるが、干潮・満潮を利用すれば間近にその迫力を体感することも!大鳥居へ迫る2つのアプローチをご紹介。※2019年6月〜8月に大鳥居の修復工事を...

【宮島】最旬ニュース!知って得する観光情報をチェック!

食べ歩きグルメが充実したり、ラグジュアリーな宿が誕生したりと、宮島に新たな魅力が増加中!観光前にチェックしておきたい、最旬ニュースをお届け♪
もっと見る

1~20 件を表示 / 全 10 件

宮島のおすすめの和菓子スポット

紅葉堂 弐番屋

できたてアツアツ。登録商標である新名物の揚げもみじ

揚げもみじや宇治金時などのスイーツがテイクアウトできる。人気はアツアツの揚げもみじにソフトクリームをトッピングした揚げもみソフト。カフェスペースを併設している。

紅葉堂 弐番屋
紅葉堂 弐番屋

紅葉堂 弐番屋

住所
広島県廿日市市宮島町表参道商店街
交通
宮島桟橋から徒歩7分
料金
揚げもみソフト=480円/揚げもみじ=180円/揚げもみじドリンクセット=380円/宇治金時ミルクかけ=380円/

やまだ屋本店

もみじ饅頭のバリエーションが豊富

昭和7(1932)年創業のもみじ饅頭の老舗。こしあん、粒あんなどの定番の他、ミルク、いちごといった一味違う物や季節限定品も多数用意。モチモチ食感の桐葉菓(とうようか)も大人気。自分でもみじ饅頭を焼く体験や注文して焼き立てが食べられるコーナーもある。

やまだ屋本店
やまだ屋本店

やまだ屋本店

住所
広島県廿日市市宮島町835-1
交通
宮島桟橋から徒歩5分
料金
こしあん=100円/抹茶=100円/栗っこ=100円/桐葉菓=150円/桐葉菓6入=960円/もみじファミリー10入=1080円/

藤い屋 宮島本店

品揃え豊富な老舗

大正14(1925)年創業の和菓子店。広島産大長レモンを使用したお菓子「淡雪花」の人気が高く。店内で焼きたてのもみじまんじゅうを食べることができる。

藤い屋 宮島本店
藤い屋 宮島本店

藤い屋 宮島本店

住所
広島県廿日市市宮島町1129
交通
宮島桟橋から徒歩7分
料金
もみじまんじゅう=90円~/淡雪花=800円(4個入)/

博多屋

本場のこしあんもみじ

自家製餡の本場こしあんもみじのほか、つぶあん、クリーム、チョコ、チーズなど7種類を実演販売する。

博多屋
博多屋

博多屋

住所
広島県廿日市市宮島町459
交通
宮島桟橋から徒歩10分
料金
抹茶もみじ=90円/フルーツもみじ=90円/

木村家本店

創業時の原料と製法を守るもみじ饅頭の老舗

創業時の原料と製法を守る、もみじ饅頭の老舗。王道のこし餡はもちろん、フルーツケーキのような味わいのレーズンやプロセスチーズなどの変わりダネまで、ほかでは味わえないおいしさだ。

木村家本店
木村家本店

木村家本店

住所
広島県廿日市市宮島町844-1
交通
宮島桟橋から徒歩5分
料金
かぼちゃ=90円/レーズン=90円/

坂本菓子舗

自家製餡がやさしい甘さのもみじ饅頭

昭和30(1955)年創業で、もみじ饅頭を販売。もみじ饅頭は手ごねの生地と自家製餡を使うさらしあんのほか桜あんもみじ、もんぶらんもみじなど季節限定商品がそろう。

坂本菓子舗
坂本菓子舗

坂本菓子舗

住所
広島県廿日市市宮島町455
交通
宮島桟橋から徒歩10分
料金
さらしあん=90円(1個)/桜あんもみじ(春限定)=90円(1個)/宇治金時もみじ(夏限定)=100円(1個)/もんぶらんもみじ(秋限定)=90円(1個)/焼きいももみじ(冬限定)=90円(1個)/

岩村もみじ屋

つぶ餡はここが元祖

高松宮宣仁親王が厳島訪問の際に所望した「つぶ餡入りのもみじまんじゅう」が、この店の名物「つぶもみじ」だ。こだわりの北海道産小豆を使った自家製粒餡のもみじ饅頭は絶品。

岩村もみじ屋
岩村もみじ屋

岩村もみじ屋

住所
広島県廿日市市宮島町304-1
交通
宮島桟橋から徒歩15分
料金
つぶもみじ=90円/こしあん=90円/

ミヤトヨ本店

チーズもみじ発祥の店

自動化された製造機を使わず、ひとつひとつ手作りを守るもみじまんじゅうの店。チーズもみじまんじゅうが人気。バニラ、抹茶、ストロベリーなどのアイスクリームを詰めたアイスもみじも好評だ。

ミヤトヨ本店
ミヤトヨ本店

ミヤトヨ本店

住所
広島県廿日市市宮島町854-1
交通
宮島桟橋から徒歩5分
料金
もみじまんじゅう=90円(1個)/チーズもみじまんじゅう=100円(1個)/アイスもみじまんじゅう=各120円/アイスもみじ=120円(1個)/スイートポテト=120円(1個)/

吉川 七浦堂

こだわりの絶品こし餡

宮島で唯一、こし餡一本で勝負する創業約90年のもみじまんじゅうの老舗。小豆の皮をていねいに処理して炊き上げた自家製のさらし餡は絶品。上品であっさりとした名店の味を堪能しよう。

吉川 七浦堂
吉川 七浦堂

吉川 七浦堂

住所
広島県廿日市市宮島町541-12
交通
宮島桟橋から徒歩7分
料金
こし餡=70円/

紅葉堂本店

「揚げもみじ」は注文後に揚げて、アツアツで提供

明治45(1912)年創業、もみじまんじゅうの専門店。注文を受けてから油で揚げる「揚げもみじ」は、こし餡とクリーム、チーズの3種類。姉妹店の紅葉堂 弐番屋でも味わえる。

紅葉堂本店

紅葉堂本店

住所
広島県廿日市市宮島町448-1
交通
宮島桟橋から徒歩10分
料金
揚げもみじ=180円/アーモンド=90円/もみじまんじゅう=90円/