トップ >  中国・四国 > 山陽・瀬戸内 > 広島・宮島 > 宮島 > 

世界遺産【嚴島神社】知っておきたい7つのコト!

まっぷるマガジン編集部

更新日: 2024年2月25日

この記事をシェアしよう!

世界遺産【嚴島神社】知っておきたい7つのコト!

広島が世界に誇る嚴島神社。2018年は清盛公が社殿を造営されて850年の節目を迎える記念の年。ますます注目が高まる神秘の社殿、その魅力を総力取材で紹介します!

2018年はメモリアルイヤー!

嚴島神社 造営850年!平清盛 生誕900年!!
2018年は、嚴島神社が今の姿になってから850年目にあたる節目の年。さらに、その構想を練ったキーパーソン・平清盛の生誕900年ということもあり、島をあげて多彩なイベントを開催する。

問い合わせ
平清盛記念事業実行委員会
0829-44-2011(宮島観光協会)

平清盛とは…

元永元(1118)年、京で生まれる。武家として初めて太政大臣(現在の総理大臣に相当する役職)に就き、平家の隆盛を築く。治承5(1181)年、熱病により64歳で死去。

平清盛とは…

嚴島神社 だからスゴイ!

嚴島神社 だからスゴイ!

東廻廊は嚴島神社の中でも指折りのビュースポット

①砂州に立つ神秘の海上社殿

古くから神が宿る島として、島そのものが信仰の対象だった宮島。そのため、陸地に社殿を建てるのは恐れ多いと、遠浅の砂浜に社殿を建立。瀬戸内の海を敷地にした奇想天外な構想は、満潮時にはまるで海に浮いているような姿に。

②6世紀に創建され、12世紀に平清盛が造営

嚴島神社の歴史は古く、1400年以上前に佐伯鞍職により創建されたのがはじまり。海上安全、商売繁盛の神として多くの人の信仰をあつめる。現在の姿に改めたのは、時の権力者・平清盛。平安の雅を今に伝えている。

③全国的に珍しい寝殿造りの社殿

平安貴族の住まい「寝殿造り」を巧みに取り入れた全国的に珍しいスタイル。御本社を寝殿に見立て、東西の社殿を廻廊で連結。御本社前にある平舞台を庭に、その先に広がる瀬戸内海を池に見立て造られている。

④社殿はもちろん、前面の海も背後の山も世界遺産

荘厳華麗な建築美と、目の前に広がる瀬戸内海、そして背後にそびえる弥山の自然美が融合した神秘的な社殿は、世界中の人々を魅了している。その比類ない景観美が認められ、1996年、世界文化遺産に登録された。

⑤境内の見どころの多くが国宝&重要文化財

御本社、東西の廻廊、高舞台など社殿のほとんどが国宝または重要文化財。次から次へと見どころが現れ、見る人を圧倒する。

⑥嚴島神社のシンボル・大鳥居

遠浅の砂浜に立つ嚴島神社の大鳥居。境内からはもちろん、海岸沿いからも眺めることができ、潮が引くとなんと鳥居まで歩いて行くことも!高さ約16mもある大鳥居は、間近で見ると迫力満点。

※2019年6〜8月に大鳥居の修復工事を予定。詳しくは嚴島神社HPを参照。

⑦潮の干潮・満潮で表情を変える

満潮のときには海に浮かんでいるように見え、干潮のときには砂地にどんと鎮座する。時間とともに社殿のさまが変わる粋な計らいも、清盛の考案といわれている。

嚴島神社

住所
広島県廿日市市宮島町1-1
交通
宮島桟橋から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
6:30~18:00(閉門、時期により異なる)
休業日
無休
料金
神社=大人300円、高校生200円、小・中学生100円/神社・宝物館共通=大人500円、高校生300円、小・中学生150円/(障がい者手帳持参で大人100円、小・中・高校生無料)

2018年開催の代表的な行事をpick up!

宮島表参道商店街「あかり」

実施日時
~2019年3月31日の夕暮れ~23:00頃

場所
表参道商店街

料金
無料

内容
ちょうちんが商店街を照らす情緒あるライトアップ。

宮島町家通りの「行灯」

実施日時
~2019年4月30日の夕暮れ~23:00頃

場所
町家通り

料金
無料

内容
あんどんに描かれた絵をストリートギャラリーとして楽しむ。

VRスコープ

実施日時
2018年4月1日~販売用VRがなくなり次第終了

場所
宮島観光協会HPとスマホ

料金
800円(宮島桟橋売店でVR購入)

内容
嚴島神社平舞台からの「24時間360度映像」を、スマホとVRスコープで鑑賞。

辻村寿三郎 人形展「平清盛」

実施日時
2018年4月20日~5月20日

場所
大本山大聖院

料金
無料

内容
清盛をテーマにした辻村作品を見学できる。

宮島スタンプラリー

実施日時
1期:2018年7月21日~8月31日
2期:2018年12月上旬~2019年1月中旬

場所
島内

料金
無料

内容
嚴島神社と弥山の10か所以上でスタンプを集めると抽選で記念品がもらえる。

中国・四国の新着記事

【大人編】松山の遊ぶところ2024 とっておきスポット9選!

四国で一番人口の多い都市、松山。城下町として栄えた松山には風情溢れる大人向けのスポットが数多くあります。 今回は松山の大人向けおすすめスポットを9選ご紹介します。大人気の観光地道後温泉はもちろん...

【大人編】徳島の遊ぶところ2024 とっておきのおすすめスポット10選!

日本三大盆踊りのひとつである阿波踊りや、世界最大級の大きさを誇る鳴門の渦潮で有名な徳島。そんな徳島には定番スポット美しい渓谷や動物園に併設された遊園地とくしまファミリーランドなど、まだまだ楽しいスポッ...

【大人編】山口の遊ぶところ2024 おすすめスポット10選をご紹介!

海の景色が美しく美味しいものがたくさんの山口県。 有名な角島大橋はもちろんですがそのほかにも魅力がいっぱいのスポットがたくさんあります。 今回は山口県のおすすめスポット厳選10選をご紹介します。 ...

【香川 高松・夜ごはん】高松で夜を楽しめるとっておきのお店10選!高松で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や観光の帰りに高松で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、高松でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 旧武家屋敷で...

【高知・夜ごはん】高知で夜を楽しめるとっておきのお店10選!高知で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や観光の帰りに高知で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、高知でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 土佐の味めぐ...

【徳島・夜ごはん】徳島で夜を楽しめるとっておきのお店10選!徳島で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や観光の帰りに徳島で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、徳島でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 骨付き阿波尾...

【広島・ディナー】広島で夜を楽しめるとっておきのお店10選!広島でディナーをするならどこがいい?

仕事や観光の帰りに広島で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか。 そこで今回は、広島でおすすめのディナーのお店をご紹介いたします。 広島のお好み...

【鳥取・夜ごはん】鳥取で夜を楽しめるとっておきのお店10選!鳥取で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や観光の帰りに鳥取で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、鳥取でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 白イカや松葉...

【下関・夜ごはん】下関で夜を楽しめるとっておきのお店8選!下関で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や遊びの帰りに下関で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、下関でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 下関生まれの...

【鳥取 米子・ディナー】米子で夜を楽しめるとっておきのお店7選!米子でディナーをするならどこがいい?

仕事や観光の帰りに鳥取の米子で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、米子でおすすめのディナーのお店をご紹介いたします。 山陰の...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。