>  >  >  >  >  【宮島グルメ】カキ料理!味わいたいあの店のあの一品!

【宮島グルメ】カキ料理!味わいたいあの店のあの一品!

【宮島グルメ】カキ料理!味わいたいあの店のあの一品!

日本一のカキの産地・広島のなかでも特に生産の盛んな宮島では、上質で新鮮なカキをリーズナブルに味わえる。定番から個性派まで多彩なカキ料理を召しあがれ。

宮島カキの基本

味わう前に知っておきたい

県内でも生産量トップクラス

全国シェア約6割を誇る広島のカキ。特に宮島沖にはカキのエサとなるプランクトンが豊富で、カキの養殖にはうってつけ。養殖業者も多い一大産地だ。

大粒で濃厚な甘みが特徴

宮島のカキは、ぽってり大きな身と濃厚な甘みが特徴で、焼いても生でも間違いないおいしさ。「地御前ガキ」などのブランドガキもある。

1・2月がベストシーズン

カキのシーズンは10~3月で、特に1・2月がおいしさ最高潮!シーズン以外は生ガキを提供しない店もあるので、事前の確認がおすすめ。

くらわんか

宮島名物と広島グルメの黄金コンビ
宮島では数少ないお好み焼き専門店。キャベツの甘み、中華麺のパリモチ食感が自慢で、宮島産のカキをトッピングしたお好み焼きが定番人気。カキやホタテの鉄板焼きもそろう。

カキ提供:通年
焼きガキ:あり
生ガキ:なし
カキメニュー:3品
席:テーブル32席、座敷なし、カウンター13席、個室なし

くらわんか

広島カキ入りくらわんか焼き 1300円
本来の味を残すため素焼きにしたカキの香ばしさと野菜の甘味がマッチ!

くらわんか

こちらも食べたい!かきの鉄板焼き 590円
香ばしく焼き上がったカキに、レモンを搾るシンプルな一品

くらわんか

ライブ感あふれる鉄板カウンターが特等席

くらわんか

住所
広島県廿日市市宮島町589-5
交通
宮島桟橋から徒歩7分
営業期間
通年
営業時間
11:00~17:30(閉店18:00)
休業日
水曜不定休
料金
広島風くらわんか焼き=780円/広島風カキ入りくらわんか焼き=1300円/かきの鉄板焼き=590円/ 平均予算(昼):1000円

芝居茶寮 水羽

自家製の合わせ味噌が味の決め手に!
カキや穴子が主役の御膳は約10種類そろい、ていねいな仕込みと味付けに定評がある和食処。地元産カキと特製合わせ味噌で作る鍋料理は、カキのエキスがしみ込んだ冬季限定のお楽しみ。

カキ提供:11月上旬~5月上旬
焼きガキ:あり
生ガキ:なし
カキメニュー:7品
席:テーブル20席、座敷20席、カウンター10席、個室10人~

芝居茶寮 水羽

かき鍋御膳(冬季限定) 2200円
カキのうま味が合わさったまろやかな味わい。カキフライも付く

芝居茶寮 水羽

こちらも食べたい!三宝丼 2200円
かき丼、あなごめしなど8種類がかごの中に。通年味わえる

芝居茶寮 水羽

江戸時代に米屋を改装した和空間

芝居茶寮 水羽

住所
広島県廿日市市宮島町大町1-2
交通
宮島桟橋から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00(閉店)
休業日
不定休
料金
かき鍋御膳=2220円/かきの釜めし=1450円/あなごめし=1980円/三宝丼=2200円/抹茶(力餅付)=680円/ 平均予算(昼):1600円

岩むら

ふわふわ玉子にカキのエキスがじんわり
穴子やカキなどの宮島名物が、手ごろな値段で楽しめる和食処。宮島近海で獲れたカキのエキスが、和風だしに溶け込んだ丼やうどんが人気。

カキ提供:通年
蒸しガキ:あり
生ガキ:なし
カキメニュー:5品
席:テーブル32席、座敷なし、カウンターなし、個室なし

岩むら

かき丼 1200円
カキのうま味をふわふわ玉子がとじこめる。カキは5粒も入る

岩むら

木の風合いで落ち着いた雰囲気

岩むら

住所
広島県廿日市市宮島町464-1
交通
宮島桟橋から徒歩7分
営業期間
通年
営業時間
11:15~15:30(L.O.)、土・日曜は~16:30(L.O.)
休業日
木曜、祝日の場合は営業(GW・盆時期・年末年始は営業)
料金
かき丼=1200円/かきうどん=1100円/ 平均予算(昼):900円

厳島BARL 厳齋

多国籍カキ料理を味わい尽くす
宮島桟橋からすぐの場所にある多国籍料理店。県が選ぶ「広島トップかき」を使い、蒸しガキやせいろ飯など約10種類のメニューで味わえる。

カキ提供:通年
蒸しガキ:あり(12月上旬~3月中旬)
生ガキ:なし
カキメニュー:10品
席:テーブル22席、座敷8席、カウンターなし、個室1室

厳島BARL 厳齋

広島産カキのアヒージョ 1500円
パプリカパウダーを効かせたオイルにカキのうま味がしっかり

厳島BARL 厳齋

バルらしいカジュアルな空間

厳島BARL 厳齋

住所
広島県廿日市市宮島町860-7
交通
宮島桟橋からすぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~20:30
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休
料金
広島県産カキのアヒージョ=1500円/蒸しガキ(2個)=600円/

沖野水産

カキを贅沢に使った満腹メニュー
カキの養殖歴40年の水産業者が営む。一品料理から丼、定食までそろい、いずれも豪快にカキを使った満足感の高い内容。素材の味を引き立たせるシンプルな味付けも自慢。

カキ提供:通年
焼きガキ:あり
生ガキ:あり(11~3月頃)
カキメニュー:12品
席:テーブル12席、座敷なし、カウンター8席、個室なし

沖野水産

カキ定食 1500円(写真の生ガキ付きは11〜3月頃限定で1800円)
焼ガキ、カキフライなどがセットに。カキめしはあなごめしに変更できる

沖野水産

焼きガキ 1皿(2個入) 500円
遠赤外線を使って焼くため、ふっくらとした焼き加減

沖野水産

カキうどん 800円
カキエキスが溶け込んだ和風だしが美味。麺を覆うほどカキをオン!

沖野水産

1人でも入りやすい雰囲気

沖野水産

住所
広島県廿日市市宮島町553-1
交通
宮島桟橋から徒歩7分
営業期間
通年
営業時間
10:00~18:00頃(12~翌2月は~16:00頃)
休業日
水曜
料金
焼きガキ=200円(1個)/

かきふくまる

2017年6月オープン
バリエ豊富な焼ガキを食べ比べ
宮島沖でカキの養殖を営む2代目が切り盛りする。ガーリックバター、グラタン風など焼ガキの種類が豊富。おつまみメニューがそろい、カジュアルにカキを楽しむならここへ。

カキ提供:通年
焼きガキ:あり
生ガキ:あり(11月頃~3月頃)
カキメニュー:9品
席:テーブル15席、座敷なし、カウンターなし、個室なし

電話番号:0829-44-2537
営業時間:10:00~16:00頃
定休日:不定休
住所:廿日市市宮島町553-2
交通:宮島桟橋から徒歩5分
駐車場:なし

かきふくまる

ガーリックバター

かきふくまる

味噌

かきふくまる

焼ガキ 1個200円〜(トッピングあり1個300円)
トッピングは全5種類から選べる

かきふくまる

あつあつかきフライ 1皿400円
注文を受けて揚げる大ぶりのカキが3個も!

かきふくまる

かきピザ 400円
カキとチーズをのせた手の平サイズのミニピザ

かきふくまる

焼ガキは店頭で販売も行なう

筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる広島・宮島 尾道・呉・しまなみ海道’19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  > 
×