コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【宮島】表参道商店街で名物グルメ食べ歩き♪

【宮島】表参道商店街で名物グルメ食べ歩き♪

by mapple

更新日:2018年7月11日

宮島のメインストリートの表参道商店街には、フード系からスイーツまで魅惑のテイクアウトグルメが勢ぞろい!宮島名物をいろいろ&リーズナブルに味わおう。

表参道商店街

だから行くべき!

約70店が軒を連ねる

嚴島神社へと続く約350mのアーケード街で、個性豊かな70店が軒を連ねる。新店も続々と登場している宮島でもっともアツい通り。

宮島名物が大集合!

カキや穴子の飲食店、もみじまんじゅうの専門店、宮島名物を扱うショップが集結!食べ歩きはもちろん、おみやげもゲットできる。

ベストタイムは午後5時まで

夕方に閉店する店が多いため、目当ての店は先にみておきたいところ。雨天時は休業する店もあるため注意しよう。

紅葉堂 弐番屋

揚げたてサクサクな進化形もみじまんじゅう
揚げもみじの専門店。味は3種類から選べ、季節限定でレモンも登場。町家を改装した店内でイートインもできる。

定番!揚げもみじ 各180円
行列が絶えない宮島名物。高温で素早く揚げたサクサク衣とアツアツ餡が絶妙!

いつも揚げたてが食べられます♪

竹串を奉納する揚げもみ神社を店内奥で発見!

○錦本舗

穴子が香る蒸しまんじゅう
老舗旅館の錦水館が手がける蒸し饅頭専門店。牛まん、湯葉まんもある。

定番!宮島の穴子まん 450円
穴子や椎茸、ごぼうなどで作る特製餡がたっぷり。柚子胡椒が隠し味に!

宮島サイダー250円もぜひ!

古今果anco

2017年2月オープン
職人技が光る餡スイーツ
藤い屋がプロデュースする菓子処。コロネやアンパンなど餡スイーツが人気。

電話番号:0829-44-1020
営業時間:10:00~18:00
定休日:無休
住所:廿日市市宮島町490
交通:宮島桟橋から徒歩10分
駐車場:なし

アンコロネ(左)200円、宇治抹茶(右)250円
職人が炊いた粒餡とカスタードをパイの中に入れた新感覚スイーツ。抹茶クリーム味もある

スムージー(夏期限定)1杯480円~と一緒にどうぞ

牡蠣屋のモヒート

2017年5月オープン
自家製フルーツコンポートがた~っぷり♪
牡蠣屋が手がけるモヒートのテイクアウト専門店。冬にはオイスターチャウダーも販売する。

電話番号:なし
営業時間:9:30頃~18:00頃(時期により変動あり)
定休日:不定休
住所:廿日市市宮島町530-1
交通:宮島桟橋から徒歩7分
駐車場:なし

モヒート 各500円
自家製のミントと自家製フルーツコンポートが何とも爽やか。ノンアルコールもある。右からフレッシュレモン、ピンクグレープフルーツ、酸味キウイフルーツ、ストロベリー&ブルーベリー

宮島ブルワリー

2017年11月オープン
弥山の天然水で仕込んだご当地ビール
宮島ビールの醸造所。1階のビアスタンドでは樽生ビールを立ち飲みできる。

電話番号:0829-40-2607
営業時間:11:00~22:00(フードは〜21:00、時期により変動あり)
定休日:木曜(祝日の場合は営業)
住所:廿日市市宮島町459-2
交通:宮島桟橋から徒歩10分
駐車場:なし

新定番!宮島ビール 各350円〜
併設の醸造所から届く宮島生まれのビール。季節変わりでさまざまな味が楽しめる

沖野水産

宮島食べ歩きの王道といえばコレ!
カキの養殖業者が営む店。遠赤外線を使った焼きガキは、ふっくらとした焼き加減が絶妙。

定番!焼きガキ テイクアウトは1個200円
殻ごと焼かれた、濃厚なうま味を持つ大粒ガキ。1個から購入できる気軽さも魅力 ※写真は3個600円

gelateria BACCANO

フレッシュな甘さの自然派ジェラート
素材の味を大切にした、宮島唯一のジェラート専門店。2階にはイートインスペースもある。

ジェラート(シングル) 1個450円
保存料・着色料不使用。広島名産のレモンから季節限定まで、日替わりで18種類

ジェラートを挟んだビスケットサンド1個400円も人気

三遊姫

プリプリ食感のかまぼこ天はビールと相性抜群!
宮島名物のにぎり天が店頭にズラリと並ぶ。カキ、青ネギなど14種類がそろう。

定番!にぎり天 1本300円
魚のすり身に具を混ぜ合わせて揚げたもの。注文後に揚げ直すため、いつでもアツアツ。写真は左から枝豆、アスパラベーコン、タコネギ

筆者:mapple

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×