トップ > 全国 x 記念館 > 九州・沖縄 x 記念館 > 沖縄 x 記念館

沖縄 x 記念館

沖縄のおすすめの記念館スポット

沖縄のおすすめの記念館スポットをご紹介します。石垣島出身のヒーロー伝説「具志堅用高記念館」、中世ドイツ貴族生活様式に触れることが出来る「博愛記念館」、戦時中撃沈された対馬丸についての資料館。船内の様子なども展示「対馬丸記念館」など情報満載。

沖縄のおすすめの記念館スポット

  • スポット:3 件
  • 記事:1 件

1~20 件を表示 / 全 3 件

沖縄の魅力・見どころ

歴史に翻弄され続けた亜熱帯の島々。国内屈指の観光地として人気

本州の南西、亜熱帯性気候に属する東シナ海上に浮かぶ、大小160の島々からなる島嶼群。古くは琉球王国として独自の歴史と文化を有し、中国や東南アジア諸国との交易を通じて発展した。1609(慶長14)年の薩摩藩の侵攻をきっかけに紆余曲折を経て1879(明治12)年、日本へ統合。1945(昭和20)年には太平洋戦争における沖縄戦の激戦地となり、多くの人が犠牲となった。戦後は米軍の統治下に入ったが、1972(昭和47)年に本土復帰を果たし、現在は国内屈指の観光地として人気を集めている。

具志堅用高記念館

石垣島出身のヒーロー伝説

13回のタイトル防衛記録を持つ元WBA世界J・フライ級チャンピオン具志堅用高の記念館。全試合の映像を公開しているほか、実際に使用したグッズの展示など格闘技ファンならずとも見応えあり。

具志堅用高記念館
具志堅用高記念館

具志堅用高記念館

住所
沖縄県石垣市新川2376-1
交通
南ぬ島石垣空港からタクシーで40分
料金
入館料=大人400円、高校生300円、中学生200円、小学生100円/(団体15人以上は大人300円、障がい者手帳持参で入館料200円引き)

博愛記念館

中世ドイツ貴族生活様式に触れることが出来る

ドイツの古城マルクスブルク城を再現した、うえのドイツ文化村のシンボル。「騎士の間」や「婦人の間」では、中世ドイツ貴族の生活様式に触れたり、貴族の衣装体験もできる(有料)。

博愛記念館
博愛記念館

博愛記念館

住所
沖縄県宮古島市上野宮国775-1
交通
宮古空港からタクシーで15分
料金
入館料=大人(高校生以上)750円、小人400円/キンダーハウスと共通入園券=大人850円、小人400円/(障がい者手帳持参で入館料半額)

対馬丸記念館

戦時中撃沈された対馬丸についての資料館。船内の様子なども展示

太平洋戦争中に学童疎開者など1700名余を乗せた対馬丸が長崎へ向かう途中で魚雷に撃沈され1500名余が犠牲になった対馬丸事件を伝える。船内の様子や生存者や遺族の証言、遺影を展示。

対馬丸記念館
対馬丸記念館

対馬丸記念館

住所
沖縄県那覇市若狭1丁目25-37
交通
ゆいレール旭橋駅から徒歩15分
料金
大人500円、中・高校生300円、小学生100円(団体20名以上は1割引、障がい者手帳持参で無料)

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください