コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  慶良間諸島【座間味島】アクセス&おすすめスポット!

慶良間諸島【座間味島】アクセス&おすすめスポット!

by mapple

更新日:2018年5月23日

慶良間諸島国立公園に指定されて以来、人気急上昇の座間味島。ケラマブルーと呼ばれる透明度の高い海で、海水浴からシーカヤックやホエールウォッチングまで 一年を通してさまざまな海遊びが楽しめる。

◉総合案内/座間味島観光案内所 098-987-2277

沖縄本島から座間味島・阿嘉島へのアクセス

那覇泊港から高速船とフェリーを利用。座間味島と阿嘉島は同じ船が経由する。週末や連休、夏休みなどの繁忙期は予約がないと乗船できない場合があるので、電話予約で事前に席の確保を。高速船とフェリーで乗り場が異なるので注意。

◉高速船・フェリー 問い合わせ 098-868-4567(座間味村那覇出張所)

那覇泊港~間味港・阿嘉港
高速船クイーンざまみ 片道 50分(直行便) 3140円1日2~3便
フェリーざまみ 片道 1時間30分または2時間 2120円1日1便座

[注]高速船は北岸、フェリーは南岸発着

島から島への移動は村内航路みつしまを利用

座間味島と阿嘉島間は、座間味村営ボート「村内航路みつしま」が1日4便運航。隣村の渡嘉敷島阿波連漁港へは事前予約があるときのみ運航する(ケラマ航路。片道運賃のほか、環境協力税100円が別途必要)。

◉村内航路みつしま 問い合わせ 098-987-2614(座間味村産業振興課)

座間味港~阿嘉港
片道15分 300円1日6便

座間味港(阿嘉港経由)~阿波連漁港(渡嘉敷島)
片道35分 700円 1日2便(事前予約制)

島内の移動

古座間味ビーチ、阿真ビーチへは座間味港ターミナルからバスが運行。レンタカーは台数が少ないので事前に予約を。展望台などをめぐるには起伏が多いため、レンタバイクが便利。

バス
片道300円
座間味村営バス 098-987-2614(座間味村産業振興課)

レンタカー
3時間4500円~、6時間6000円~
あさぎレンタカー 098-896-4135
ざまみレンタカー 098-987-3250
レンタルかにく 098-987-2334

レンタバイク
3時間2500円~、6時間3000円~
あさぎレンタカー 098-896-4135
ざまみレンタカー 098-987-3250
レンタルかにく 098-987-2334

レンタサイクル
電動自転車1時間800円、3時間1800円
レンタルかにく 098-987-2334

古座間味ビーチ

熱帯魚が待つシュノーケリングスポット
座間味港からバスで5分(300円)、徒歩なら20分

白い砂浜とケラマブルーの対比が美しい座間味島のメインビーチ。波打ち際からほんの数メートル泳ぐと熱帯魚に出会える。ビーチエントリーできる人気のダイビングスポットでもある。

ビーチデータ
更衣室 無料、コインロッカー 200円
シャワー 水シャワー 300円(夏期のみ)
WC あり
レンタル 夏期のみ(シュノーケル3点セット1000円、ライフジャケット500円、パラソル1000円ほか)
売店 夏期限定でパーラーが出店

シュノーケリングに最適な座間味島の人気No.1ビーチ

ウッドデッキテラスからの眺め

足漕ぎカヤック&シュノーケリング

クルージング感覚で楽しめる注目の足漕ぎカヤック

自転車のように漕いで進む足漕ぎカヤック。パドルを漕いで進むカヤックとは違う、爽快な海上クルージングが楽しめる。ポイントに移動して、そのままシュノーケリングもOK。

お楽しみポイント

カヤック両側のトランポリン部にも乗れるので、小さい子どもも一緒にファミリーやグループで楽しめる。

足漕ぎカヤックツアー 予約制

簡単な操縦方法をマスターして出発。安定感があるので初心者も安心してトライできる

料金 1万5000円(器材一式・ガイド料・昼食・保険料込)
所要 約5時間30分●ケラマカヤックセンター
098-896-4677 受付は9:00〜19:00(冬期は〜18:00) 不定休
座間味村座間味125-2 座間味港から徒歩3分 駐車場無料

ビーチでシュノーケリング
驚くほど透き通った海でシュノーケリング体験。初心者向けの講習もあり、練習時間もたっぷり

阿真ビーチ

のんびりムードで海水浴やキャンプを満喫
座間味港からバスで5分(300円)、徒歩なら20分

海水浴やシーカヤックに最適な穏やかな遠浅の渚が広がる。海を眺めながらビーチサイドでキャンプができる、座間味村くじらの里ふれあい広場と隣接している。

ビーチデータ

更衣室 なし
シャワー 水シャワー300円、温水シャワー300円(キャンプ場施設を利用)
WC キャンプ場施設を利用
レンタル 夏期のみあり
売店 夏期限定でパーラーが出店

沖合にはカヤックでめざす無人島が浮かぶ

冬期限定のチャレンジ!ホエールウォッチング

間近でクジラと出会えるチャンス!

慶良間近海に回遊してくるザトウクジラを見学する冬期限定のツアー。シーズン中は島の展望台からクジラを探し、無線でボートを誘導するため、高い確率でクジラと会える。

間近で見ると迫力満点のザトウクジラ

ボートウォッチング 予約制

お楽しみポイント

小型ボートを利用するため、クジラをより間近で見られる。クジラがボートに近寄ってくることも。

料金 5400円(乗船料、ガイド料、保険料込)
所要 約2時間●座間味村ホエールウォッチング協会
098-896-4141(期間中のみ) 12月27日~4月5日、受付は8:30〜17:00
期間中無休 座間味村座間味地先1 座間味港からすぐ 駐車場無料

ホエールツアーQ&A

ベストシーズンはいつ?
例年1月から3月中旬がピークだが、年によって差がある。

乗船するときの服装は?
海上は寒く、しぶきがかかることがあるので防水・防寒着は必須。カメラや携帯電話などの防水対策も万全に。

船酔いが心配…
前日の深酒、寝不足は船酔いのもとなのでひかえよう。心配なら乗船前に酔い止め薬を服用して対策を。

こんなジャンプが見られたらラッキー!

座間味港周辺の立ち寄りスポット

定期船や村内航路みつしまが発着する

座間味島には3つの集落があり、港を中心に広がるメイン集落にマリンショップや宿泊施設、飲食店が集中している。食料品から日用雑貨までそろう105(いちまるご)ストアーは、島のコンビニ的存在。

海畑食堂

沖縄そばの種類は島いちばん
座間味港から徒歩5分

島stay holoholoに併設する食事処。昼は本場の沖縄そば、夜は居酒屋になり、島で獲れた魚介や野菜を使う沖縄料理が味わえる。

098-987-3757
11:00~14:00、18:30~21:00
火曜定休 座間味村座間味124 駐車場無料

 

しゃれた雰囲気の明るい店内

麺によもぎを練り込んだフーチバーそば650円など

WAYAMA MOZUKU

島産もずくを使った名物そば
座間味港から徒歩3分

座間味産のもずくをたっぷり練り込んだ「もずくそば」が看板メニューで、温・冷のもずくそばが味わえる。座間味の海を熟知した店主がシュノーケリングツアーも開催。

つけ麺スタイルの冷たいもずくそば700円には、生もずくのトッピングが

レストランまるみ屋

ボリューミーな定食が充実
座間味港から徒歩5分

日替わりランチ700円をはじめ、定食スタイルでボリューム満点のメニューが豊富。夜は座間味産のもずく酢やジーマミ豆腐の揚げだしなどの一品料理も味わえる。

島産のもずくを使ったチャンプルー700円ほか

お食事処 ぼくの店 おじさん

カツ丼の大看板が目印
座間味港から徒歩3分

港から古座間味ビーチへ向かう途中にある食堂。地元で人気のボリュームたっぷりのカツ丼のほか、そばやチャンプルーといったランチにぴったりなメニューがそろう。

名物のカツ丼(スープ付き)800円

店名の「おじさん」は魚の名

ラ・トゥーク

近海魚を個性的な創作料理で味わう
座間味港から徒歩3分

南国ムードが漂うレストラン&バー。バジルの風味が香る島魚のカルパッチョなど、近海で獲れた魚介や地元の食材をふんだんに使ったオリジナル料理が充実している。

マグロの花かつお節包み揚げ750円、もずくそばのアサリとエビのパスタ仕立て930円ほか

民宿みやむらの2階にあるレストラン

Amulet Zamami

自家製酵母のパンメニューが好評
座間味港から徒歩3分

ランチメニューはおもにワンプレート900~1000円。夜はワインを片手にイタリアンを。自家製パンのサンドイッチや、生地から手作りするピザがおすすめ。

098-987-2861
12:00〜15:00、18:00〜翌1:00 (夏期は7:30〜10:00も営業) 日曜定休
座間味村座間味153 駐車場なし

手作りのピザ1200円とサンドイッチ1000円

店内は多国籍な雰囲気

ざまみむん市場

座間味限定の島みやげをゲット
座間味港からすぐ

座間味港旅客待合所にある地元の特産品を集めた売店。座間味産のグルクンやもずくの加工品、焼き菓子などのほか、Tシャツや小物など多彩な島みやげがそろう。

クジラやマンタが描かれたクリアファイル432円

長命草入りパウンドケーキ1296円(上)、接骨草入りうどん600円

座間味集落 散策のポイント

●港の観光案内所で無料配布の地図をゲットしよう
●港から徒歩10分圏内に飲食店や宿が集中しているので、歩きやすい
●飲み物やお菓子は105ストアーで買おう
●ビーチへは港から運行するバスに乗ると楽ちん

座間味港ターミナル

阿佐集落・古座間味ビーチ行きと阿真キャンプ場(阿真ビーチ)行きのバスが船便の発着に合わせて運行。全区間片道300円

105 ストアー

17:00~22:00(夏期は〜23:00) 無休

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる沖縄'19」です。掲載した内容は、2017年11月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×