>  >  >  >  >  【沖縄・読谷】やちむんの里で器探し! お気に入りを見つけよう!

【沖縄・読谷】やちむんの里で器探し! お気に入りを見つけよう!

【沖縄・読谷】やちむんの里で器探し! お気に入りを見つけよう!

素朴で温かな島の焼物、やちむん。日々の暮らしに彩りを添え、心和む時間を与えてくれる器やマグカップを探しに、おでかけしてみませんか?
のどかな風景が広がり穏やかな時間が流れるやちむんの里には、迫力の登り窯をはじめ工房やショップが点在しています。
やちむんの歴史に触れながら、お気に入りの器との出会いを求めて、里内をゆっくりと散策しましょう。

やちむんの里について知ろう

やちむんの里を象徴する大きな登り窯や共同売店をはじめ、独立し営業する19の工房が建ち並び、各工房では壺屋焼や読谷山焼などの技法を継ぐ、さまざまなやちむんが作陶されています。沖縄の暮らしのなかで愛用される素朴なやちむんは、近年、国内はもちろん海外からも広く注目を集めています。

やちむんの里のめぐり方

※拡大できます

①1~2時間で里内をめぐる

ショップを2、3軒めぐるなら1時間ほど。里内をゆっくり見て楽しむなら2時間は必要。

②午前中の時間がおすすめ

午前中は比較的空いていて狙い目。午前9時オープンのショップもある。

③里内は車移動もOK

入口近くに駐車場があるほかショップ付近にも駐車可能。里内では歩行者に気をつけながら徐行運転を心がけて。

④工場見学も楽しめる

見学ができる工房もあるので事前にチェックしておこう。

「やちむん」とは

沖縄の言葉で「焼物」のことで、琉球王国の時代から人々の暮らしに深く根づいた歴史ある工芸品。近年は伝統的なものから独創的なものまでバラエティに富んだ作品が作られていて、旅行のおみやげとしても人気。

「登り窯」とは

陶磁器を焼成する窯の名称。傾斜地を利用して階段状にいくつもの窯室が連なり、下の窯に火をつけると上の窯へと炎が上がる構造になっている。薪を燃やして一気に焚き上げる窯焚きの作業は圧巻である。

やちむんの里について知ろう

青空に映える赤瓦屋根の巨大な登り窯

やちむんの里

住所
沖縄県読谷村座喜味2653-1
交通
那覇バスターミナルから琉球バス交通・沖縄バス29番読谷線読谷バスターミナル行きで1時間15分、親志下車、徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
施設により異なる
休業日
施設により異なる
料金
施設により異なる

ギャラリーうつわ家

壺屋焼を継ぐ味わいのある器

読谷壺屋焼窯元・島袋常秀さんのギャラリー。壺屋焼の伝統紋様を大切にしつつ独自にアレンジした作風で、現代の暮らしになじむ温かみのある作品が人気を集める。

ギャラリーうつわ家

5寸皿重ね焼 1430円
菊唐草の紋様が目をひく

ギャラリーうつわ家

5寸皿一枚焼 1650円
愛らしい巻唐草の一枚焼き

ギャラリーうつわ家

チューカー  1万1000円
深い青色に呉須蝋抜きの紋様が鈴のよう

ギャラリーうつわ家

ギャラリーうつわ家

住所
沖縄県読谷村座喜味2748 やちむんの里内
交通
那覇バスターミナルから琉球バス交通・沖縄バス29番読谷線読谷バスターミナル行きで1時間15分、親志下車、徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00、日曜は10:00~
休業日
不定休
料金
ぐい呑み=各650円/陶ボタン=320円~/

陶芸工房ふじ

いきいきとした魅力ある作風

人間国宝の祖父・金城次郎氏の技法を継承しつつ、女性らしい華やかな作風が魅力。伝統の魚紋をはじめウミガメやクジラなど海の生き物をモチーフとした作品にも注目。

陶芸工房ふじ

7寸皿 4000円
中央に描かれたウミガメがかわいい

陶芸工房ふじ

角皿(中) 3500円
赤絵の菊紋が鮮やか

陶芸工房ふじ

陶芸工房ふじ

住所
沖縄県読谷村座喜味2677-1
交通
那覇バスターミナルから琉球バスまたは沖縄バス29番読谷線読谷バスターミナル行きで1時間15分、親志下車、徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00(閉店)
休業日
無休
料金
陶コップ=1800円/小皿=1300円/7寸皿=3600円/

横田屋窯

渋さがある深くて美しい色彩

里はずれにある工房の軒先に置かれたやちむんは、深く美しい色彩とおおらかな絵付け、ぬくもりのある風合いが魅力。伝統的でありながらも独創性を感じる作品を作る注目の窯元。

横田屋窯

マグカップ 1980円
やや大きめで持ちやすい

横田屋窯

3寸皿 660円
緑と飴色の三彩点打の豆皿

横田屋窯

横田屋窯

住所
沖縄県読谷村座喜味2651-1
交通
那覇バスターミナルから琉球バス交通・沖縄バス29番読谷線読谷バスターミナル行きで1時間15分、親志下車、徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00(閉店)
休業日
日曜
料金
皿=3240円/

読谷山焼 北窯売店

個性あふれる4つの人気窯元

北窯の松田共司さん、松田米司さん、宮城正享さん、與那原正守さんが手がけた器を共同販売する。4人4様の個性あふれるやちむんは、作家別に見比べてみるのも楽しい。

読谷山焼 北窯売店

4寸マカイ(松田米司さん) 各 1100円
種類も豊富な愛らしい碗

読谷山焼 北窯売店

茶托セット(與那原正守さん) 3850円
ペルシャブルーの色合いがすてき

読谷山焼 北窯売店

チーズ入れ(與那原正守さん) 1980円
個性的な形で使い方もいろいろ

読谷山焼 北窯売店

読谷山焼北窯売店

住所
沖縄県読谷村座喜味2653-1 やちむんの里内
交通
那覇バスターミナルから琉球バス交通・沖縄バス29番読谷線読谷バスターミナル行きで1時間15分、親志下車、徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:30~17:30(閉店)
休業日
不定休(盆時期休、12月31日~翌1月3日休)
料金
フリーカップ=1620円/マグカップ=1836円/長角皿=1620円/マカイ5寸=1620円/4.5寸=1296円/蓋物=2160円/カラカラ=2700円/お猪口=432円/

セレクトショップも要チェック!

読谷村で工房を構える陶工のやちむんを多く取り扱うセレクトショップ。人気が高まる若手作家の器にも注目です。

うつわ処 IRODORI

読谷村で活動する工房を中心に県内で作陶された器を販売。伝統的なものから目新しいものまでバラエティに富んだやちむんを取り扱う。

うつわ処 IRODORI

眞正陶房(安里貴美枝さん)スープカップ 3000円(税別)

うつわ処 IRODORI

nagaremo(森本美晴さん)フリーカップ 2000円(税別)

うつわ処 IRODORI

工房 双子堂(折尾あやさん)色絵付けフリーカップ 1800円(税別)

うつわ処 IRODORI

読谷村の住宅街にある店には所狭しとたくさんの器が並ぶ

うつわ処 IRODORI

住所
沖縄県読谷村古堅562 B-56

読谷村共同販売センター

読谷村内に工房を構える作家の作品を取り扱う販売所。種類も豊富なやちむんをはじめ、ほかにも琉球ガラスや読谷山花織の小物などがそろう。

読谷村共同販売センター

陶器工房 壹(壹岐幸二さん)プレート 2750円

読谷村共同販売センター

ei-bou(北川稔さん)ひし形小鉢 1980円

読谷村共同販売センター

土工房陶糸(糸数裕樹さん)吊り下げ鉢 1200円

読谷村共同販売センター

やちむんの里からも近い国道58号沿いに建つ赤瓦屋根の施設

読谷村共同販売センター

住所
沖縄県読谷村座喜味2723-1
交通
那覇バスターミナルから琉球バス交通・沖縄バス20番・120番名護バスターミナル行きで1時間、親志入口下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00(閉店)
休業日
木曜(年末年始休)
料金
西口洋一さんの丸皿=7020円/西口洋一さんのビアカップ=2700円/山城尚子さんのマグカップ=2160円/シーサー=2160円~/
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  > 
×