トップ > 全国 > 東海・北陸 > 伊勢志摩・三重 > 伊勢志摩 > 伊勢・二見浦 > 伊勢神宮内宮 > 岡田屋

オカダヤ

岡田屋

行列必至の老舗うどん店

おはらい町にある伊勢うどんの店。柔らかくて太めの麺に、カツオだしに濃口しょうゆを加えたタレで食べる伊勢うどんは、散策のあとに食べるには手頃なボリュームだ。

住所
三重県伊勢市宇治今在家町31 (大きな地図で場所を見る)
電話
0596-22-4554
交通
近鉄山田線伊勢市駅から三重交通内宮前行きバスで20分、終点下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
10:30~17:00(閉店)
休業日
月1日水曜不定休、木曜、祝日の場合は祝前日休
料金
伊勢うどん=550円/ひやし伊勢うどん=650円/伊勢うどん定食=850円/玉子入伊勢うどん=600円/
ID
24000205

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

同じエリアに関連する記事

おかげ横丁のおすすめスポット!伊勢神宮の参拝後はおみやげ選びを楽しもう

さまざまなジャンルの店がぎゅっと集まった横丁をぶらり散策。和の風情あふれる町並みが広がり、おもしろい発見がたくさんありそう!

伊勢の名物グルメ!伊勢海老、てこね寿司、カキ、伊勢うどんのおすすめ店をご紹介

自然に恵まれた伊勢志摩には新鮮な海の幸をはじめ、日本屈指のブランド牛など絶品グルメが盛りだくさん。伊勢海老、てこね寿司、カキ、伊勢うどんなど、全国的に有名な伊勢グルメを味わいたい人必見!普段は手が出せ...

三重【伊勢神宮】参道土産に迷ったらコレを買おう!

参道には、土産物屋さんがずらりと並んでいる。参拝客をもてなす名物が多数あるので目移りしそう。買い物時間が足りない!とならないよう、おさえておけば安心なアイテムを厳選してご紹介!

三重【伊勢・鳥羽・志摩】1泊2日おすすめ観光モデルコース!

1日目はお伊勢まいりを中心に伊勢エリアを堪能。2日目は足をのばして鳥羽または志摩の定番スポットをめぐるコースをご紹介。

【伊勢神宮】参拝前に知っておきたい基本情報

年間800万人が訪れる伊勢神宮。江戸時代に信仰が広がり「人生一度は伊勢まいり」といわれ人々の崇敬を集めてきた。古くから現在まで続く人々の憧れ「お伊勢さん」のいまさら聞けないあれこれをご紹介。

【伊勢神宮】おはらい町さんぽの楽しみ方♪

たくさんの店が左右に軒を連ねる賑やかな参道は、あちこち目移りしながらさんぽするのが楽しい。ステキなモノとの出会いが待っている!

【伊勢神宮内宮】門前町カフェ&スイーツをチェック!

レトロな町並みに溶け込む、素敵なカフェが点在する門前町。お伊勢まいりや町並みさんぽの休憩にお茶と店自慢のスイーツをいただけば、やさしい味わいが身にしみる。

三重グルメ【あわび】噛むたびに潮の香りと至高の味わい!

海女文化が息づく鳥羽や志摩の夏の味覚。コリコリの食感と磯の香りは、最高の贅沢だ。刺身やステーキなど、さまざまな食べ方で楽しもう。

赤福本店で伊勢神宮の定番土産をチェック!できたて赤福餅を食べよう

お伊勢参りに来たら、必ず食べたい赤福餅。その歴史は古く、300年以上続く名物餅と言われています。築140年もの歴史ある赤福本店の重厚な建物でいただく特別感もごちそうです。お伊勢参りのあとは、風情ある建...

三重【伊勢神宮内宮】天照大御神を祀るお宮へお参り

神宮の最奥に鎮座する天照大御神は、万物をはぐくむ太陽神にも例えられる。広大な敷地には宇治橋や五十鈴川の御手洗場、2つの別宮などがある。伊勢神宮の歴史は約2000年前、第11代、垂仁天皇の皇女・倭姫命が...

エリア × テーマ

トップ > 全国 >  東海・北陸 >  伊勢志摩・三重 >  伊勢志摩 >  伊勢・二見浦 >  伊勢神宮内宮
トップ > グルメ >  和食 >  うどん
トップ > 全国 x うどん >  東海・北陸 x うどん >  伊勢志摩・三重 x うどん >  伊勢志摩 x うどん >  伊勢・二見浦 x うどん >  伊勢神宮内宮 x うどん

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください