おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  混雑覚悟でも行ってみたい!
全国のおすすめ花火大会 2019年の日程や打ち上げ数も

混雑覚悟でも行ってみたい!
全国のおすすめ花火大会 2019年の日程や打ち上げ数も

混雑覚悟でも行ってみたい!全国のおすすめ花火大会 2019年の日程や打ち上げ数も 写真提供:諏訪市

by mapple_travel_guide

更新日:2019年7月3日

夏の風物詩といえば、夜空を鮮やかに彩る花火大会。
今年も全国600か所以上で開催される予定ですが、なかでも全国的に有名な大会から風情を感じる趣あるイベントまで、テーマに分けてご紹介します。
日本三大花火に、花火師たちが技術を競う競技会、息つく間もないほど打ち上げ数の多いもの。色を変えながら立体的に咲く花火は日本独特の技術で、世界一美しいと称えられています。
混雑もまた夏の夜の熱い楽しみ。光のアートに身をゆだね、一生残る思い出作りに出かけましょう!
近くの花火大会スポットを探したい方はこちら

目次

  • 1.一度は行ってみたい! 日本三大花火
  •  全国花火競技大会「大曲の花火」(秋田県)
  •  長岡まつり大花火大会(新潟県)
  •  土浦全国花火競技大会(茨城県)
  • 2.4万発も!? 打ち上げ数がハンパない花火大会
  •  うつのみや花火大会(栃木県)
  •  隅田川花火大会(東京都)
  •  諏訪湖祭湖上花火大会(長野県)
  •  なにわ淀川花火大会(大阪府)
  •  筑後川花火大会(福岡県)
  • 3.花火職人日本一は誰? 新作が見られる競技花火大会
  •  ふくろい遠州の花火(静岡県)
  •  伊勢神宮奉納全国花火大会(三重県)
  •  宇陀市はいばら花火大会(奈良県)
  •  やつしろ全国花火競技大会(熊本)
  • 4.水面に映って2倍きれい! 海辺で人気の花火大会
  •  道新花火大会(北海道)
  •  とうろう流しと大花火大会(福井県)
  •  宮島水中花火大会(広島県)
  •  浦富海岸元気フェスティバル 岩美花火祭り(鳥取県)
  •  松山港まつり・三津浜花火大会(愛媛県)
  • 5.浴衣で出かけよう! 温泉地の花火大会
  •  湯の川温泉花火大会(北海道)
  •  浅虫温泉花火大会(青森)
  •  湯河原温泉海上花火大会(神奈川県)
  •  下呂温泉花火ミュージカル夏公演(岐阜県)
  •  豊浦夏まつり&花火大会(山口県)
  • まだまだあります、近くの花火大会スポット

1.一度は行ってみたい! 日本三大花火

秋田の「大曲の花火」、新潟の「長岡まつり大花火」、茨城の「土浦全国花火競技大会」は、その規模や歴史の深さから、「日本三大花火」呼ばれるようになった花火大会。どれも毎年70万人以上が訪れ、打ち上げ数も全国トップクラスの大規模な花火大会です。

全国花火競技大会「大曲の花火」(秋田県)

「花火の街」大曲が誇る日本一の芸術花火

1910(明治43)年に始まり、途中一時中断はあったものの、今回で93回目の開催となる「大曲の花火」。ここで行われる「全国花火競技大会」は、いわば花火師日本一決定戦。内閣総理大臣賞や経済産業大臣賞、文部科学大臣賞、中小企業庁長官賞、観光庁長官賞など数々の賞が授与されることから、全国の花火師たちの目標となっている。一流の花火師が熱く燃える花火芸術の最高峰をこの目で確かめてみたい。なかでも、注目の大会提供花火「ワイドスターマイン」は、1年をかけて製作するという力作だ。

全国花火競技大会「大曲の花火」(秋田県)
写真提供:大曲商工会議所

【開催日】8月31日
【打ち上げ数】約1万8000発
【人出】約75万人
【有料席】有料桟敷席A席(6名用)23000円・C席(5名用)15000円・イス席(1名)3000円※先着順販売
【住所】秋田県大仙市雄物川河川敷
【アクセス】JR秋田新幹線大曲駅から徒歩30分

このスポットの詳細を見る

長岡まつり大花火大会(新潟県)

正三尺玉やナイアガラ、フェニックスとどれもがビッグスケール

歴史と伝統を持つ長岡まつり大花火大会は、信濃川河川敷で2日間にわたり行われる。尺玉(10号玉)を惜しみなく、これでもかというほど打ち上げる圧倒的なスケールの大きさを誇る花火大会であり、打ち上げられる花火の種類も豊富。見どころは、直径650mもの大輪となる「正三尺玉」やナイアガラ、ミュージック付きスターマイン「米百俵花火・尺玉100連発」。また、全長2kmにも及ぶ「フェニックス」、音楽とシンクロしたストーリー性のある「天地人花火」、「花火この空の花」も見逃せない。正三尺玉を間近で見るには長生橋上流、フェニックス花火は大手大橋下流がおすすめ。

長岡まつり大花火大会(新潟県)

【開催日】8月2日、3日
【打ち上げ数】非公表
【人出】104万人(2日間で)
【有料席】有料席あり(詳細は公式ホームページを参照)
【住所】新潟県長岡市信濃川河川敷 長生橋下流
【アクセス】JR上越新幹線長岡駅から徒歩20分

このスポットの詳細を見る

土浦全国花火競技大会(茨城県)

全国の花火師たちが腕を競う

全国の花火師たちが一堂に会し、優勝をかけてその技術を競う花火大会。秋田の大曲と並ぶ二大競技大会の一つだ。スターマインの部、10号玉の部、創造花火の部の三部門に分かれており、質の高さ日本一を競い、華やかな芸術品が夜空を彩る。大会提供のワイドスターマイン「土浦花火づくし」が複数の場所から同時に打上げられ、その迫力は圧巻だ。かなりの人出で大変な混雑が予想されるので、時間に余裕をもって出かけよう。

土浦全国花火競技大会(茨城県)

【開催日】10月26日
【打ち上げ数】2万発
【人出】75万人
【有料席】桟敷席半マス(3名まで)11000円・1マス(6名まで)22000円(予定)
【住所】茨城県土浦市佐野子 桜川河畔・学園大橋付近
【アクセス】JR常磐線土浦駅から徒歩30分(JR土浦駅からシャトルバスも運行)

このスポットの詳細を見る

2.4万発も!? 打ち上げ数がハンパない花火大会

花火大会の規模を決めるのはやはり打ち上げ数。1万発を超えると大きな大会だと言われています。休みなく打ち上げられる花火に辺りは昼間のような明るさに。観客動員数も一桁違うビッグイベントは混雑必至ですが、光の饗宴は一見の価値があります。有料席でぜいたくに味わうのもいいですね。

筆者:mapple_travel_guide

エリア

 >  > 

×