「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

 >  >  梅雨を楽しく乗り切ろう! 雨の日におすすめの室内おでかけスポット

梅雨を楽しく乗り切ろう! 雨の日におすすめの室内おでかけスポット

梅雨を楽しく乗り切ろう!  雨の日におすすめの室内おでかけスポット

いよいよ梅雨入りを迎え本格的な雨のシーズン到来。

でも、雨だからといって貴重なお休みの日にごろ寝したり、 会いたい人に会うのを先延ばしにするなんてもったいない!

そこで今回は、天気を気にせず楽しめる、室内のお出かけスポットをご紹介します。

定番の美術館、博物館から、ロマンチックなプラネタリウム、楽しく学べる科学館、子どもたちの大好きなテーマパークまで。

雨天決行!で楽しみましょう。

近くの室内おでかけスポットを探したい方はこちら

目次

1. 【美術館】しっとりとアートに触れる

2.【博物館】歴史・文化、貴重なコレクションを楽しむ

3.【水族館】神秘の世界に浸って日常を忘れる

4.【プラネタリウム、科学館、学習館】見て、触れて。楽しく学ぶ

5.【テーマパーク・遊園地】天気なんて関係ない。雨でも遊べる!

1.【美術館】しっとりとアートに触れる

静かに雨が降る日は、美術館に出かけてみませんか?
カフェやショップが併設されているところも多いので、芸術を振り返りながら、休日をゆったり過ごすことができます。今しか見られない企画展には、お出かけの価値があります!

国立新美術館(東京都)

国立新美術館(東京都)

さまざまな展覧会を楽しめる

日本で5つ目の国立美術館。コレクションを持たない美術館として、さまざまな展覧会を中心に自由度の高い活動を展開。黒川紀章によるユニークな建築も見られる。

【おすすめポイント】
・東京の新たなアートエリア六本木に位置する美術館。
・常設コレクションを持たず、展示物に合わせたシンポジウムやトークショーを開催。
・レストラン・カフェ、ミュージアムショップのほか、託児室も併設。
【イベント】
・ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 4月24日~8月5日
・クリスチャン・ボルタンスキー – Lifetime 6月12日~9月2日

【住所】東京都港区六本木7丁目22-2
【アクセス】地下鉄乃木坂駅からすぐ
【料金】入館料無料、企画展は別料金
【営業時間】10:00~17:30(閉館18:00)、企画展開催中の金・土曜は~19:30(閉館20:00)
【休業日】火曜、祝日の場合は翌平日休 年末年始休

絵本美術館&コテージ 森のおうち(長野県)

心和む絵本の世界。画家や作家の来館も

赤松林に囲まれた絵本美術館。年5~6回企画を変えて国内外の絵本原画を展示。特に宮沢賢治の世界に力を入れている。図書室、絵本にちなんだメニューのカフェ、コテージもある。

【おすすめポイント】
・森の中にある絵本美術館とコテージが一緒になったユニークな施設。
・絵本の世界に浸ったあとは併設のカフェ・ポラーノで雨に煙る森を見ながらオリジナル・ケーキセットも楽しめる。
【イベント】ひとつぶの魔法 絵本原画展 4月12日~7月2日

【住所】長野県安曇野市穂高有明2215-9
【アクセス】JR大糸線穂高駅からタクシーで10分
【料金】大人800円、小・中学生500円、3歳以上小学生未満250円

このスポットの詳細を見る

富山県美術館(富山県)

富山県美術館(富山県)

アートとデザインをつなぐ美術館

富岩運河環水公園に開業した美術館。ピカソやミロなどの貴重なコレクション展示のほか、アトリエやギャラリー、遊具が設置された屋上などでアートとデザインを体感できる。子どもから大人まで楽しめる新感覚のスポットだ。

【おすすめポイント】
・充実した現代美術の展示だけでなく、見る、創る、学ぶという双方向での美術体験ができる。
・美しいロケーションの立地により、訪れる人は館内を歩くだけで公園を散策するような気分になれる。展望カフェやミュージアム・ショップも併設。
【イベント】チェコ・デザイン 100年の旅 6月1日~ 7月28日

【住所】富山県富山市木場町3-20
【アクセス】
JR富山駅から富山地方鉄道富山赤十字病院行きバスで9分、富山県美術館下車すぐ
【料金】入館料=大人300円、大学生240円、高校生以下無料/

このスポットの詳細を見る

鳥取砂丘 砂の美術館(鳥取県)

鳥取砂丘 砂の美術館(鳥取県)

世界初の砂像を展示する美術館

砂を使った彫刻「砂像」を展示する、世界初の美術館。「砂で世界旅行」をコンセプトにした展示が好評で、魅力は、なんといってもそのスケールの大きさにある。絵画や彫刻といった普遍的な美術作品とは異なり、砂像彫刻は一定期間しか存在できない貴重なもの。世界的にも異色な砂のアートは一見の価値あり。

【おすすめポイント】毎年海外各国から砂像彫刻家を招き、世界最高レベルの砂像を展示。第12期(2019年4月13日~2020年1月5日)は「砂で世界旅行・南アジア編」〜信仰が息づく多様な文化と平和への道を訪ねて〜
【イベント】南アジア雑貨フェア 4月13日~2020年1月5日

【住所】鳥取県鳥取市福部町湯山2083-17
【アクセス】JR鳥取駅から日本交通鳥取砂丘行きバスで22分、砂の美術館前下車すぐ
【料金】大人600円、小・中・高校生300円

このスポットの詳細を見る

旅の楽しみ再発見!
大人の新ガイド【Re(アール・イー)】でもっと、知的好奇心を満たす旅へ。

エリア

 >  > 
×