>  >  >  >  >  会津若松観光の楽しみ方!必見スポットや町あるきのコツ、おすすめグルメも紹介

会津若松観光の楽しみ方!必見スポットや町あるきのコツ、おすすめグルメも紹介

会津若松観光の楽しみ方!必見スポットや町あるきのコツ、おすすめグルメも紹介

猪苗代湖周辺から福島県のほぼ西半分を占める会津地方。
戊辰戦争の舞台となり幕末の歴史が色濃く残る会津若松は、幕末期の歴史を今に伝える城下町です。

鶴ヶ城や白虎隊ゆかりの地、七日町通りや野口英世青春通りなど、歴史を感じる見どころがたくさんあります。

歩き疲れたら、レトロなカフェで雰囲気を楽しみながらひと休み。
お腹が空いたら、伝統の郷土料理や会津そばなど、地元の人に愛されるグルメを楽しみましょう。

そんな魅力満載の会津若松エリアのおすすめ観光スポットやモデルコース、グルメ・カフェスポット、おみやげまでご紹介。
旅行に出かける前に、さくっと予習しておきましょう!

目次

  • 行く前に知っておきたい会津若松の基本知識
  • 会津若松のみどころをさくっと予習!
  • 観光スポットをどうめぐる?
  • おすすめ観光モデルコース
  • 会津若松の楽しみ方① ご当地名物グルメで舌鼓
  • 会津若松の楽しみ方② レトロカフェでひと休み
  • 会津若松の楽しみ方③ レトロ雑貨とスイーツをおみやげに

行く前に知っておきたい会津若松の基本知識

幕末期の歴史を今に伝える城下町

街には白虎隊や新選組で知られる戊辰戦争の跡地が多く残り、激動の時代をたどることができます。また、古い蔵や洋館が残る七日町通りは街歩きも楽しく、タイムスリップしたような気分に。郷土料理や伝統工芸品もチェックしてみよう。

会津若松へはどう行くの?

エリアへのアクセス

【車の場合】
所要時間:2時間50分
料金:6190円

川口JCT
⇩ 東北自動車道
郡山JCT
⇩ 磐越自動車道
会津若松IC

【鉄道の場合①】
所要時間:2時間40分~3時間
料金:9280円

東京駅
⇩ JR東北新幹線
郡山駅
⇩ JR磐越西線
会津若松駅

【鉄道の場合②】
所要時間:4時間20~40分
料金:6790円

浅草駅
⇩ 会津鉄道直通東武特急「リバティ会津」
会津田島駅
⇩ 会津鉄道
会津若松駅

会津若松のみどころをさくっと予習!

会津若松観光の必見スポットを紹介。マップでそれぞれの位置も把握しておきましょう。

【会津若松全体MAP】

鶴ヶ城
戊辰戦争を耐え抜いた不落の名城は、街を見守る会津若松のシンボル。赤瓦が美しい。

飯盛山
戊辰戦争時に白虎隊が自刃した悲劇の地。珍しい建築様式の会津さざえ堂も必見。

七日町通り&野口英世青春通り
趣のある蔵や洋館が点在し、食事処やショップが集まる通りは撮影スポットも多い。

観光スポットをどうめぐる?

おもな見どころは、駅から車で10分圏内。周遊バスやレンタサイクルを利用すると便利です。

まちなか周遊バスを使おう!

会津若松の名所めぐりに便利なまちなか周遊バス。1日フリー乗車券を買って、ぐるっとひとまわりしよう。

まちなか周遊バス「ハイカラさん」「あかべぇ」

JR会津若松駅を起点に、おもな観光スポットを循環。西側からまわる「ハイカラさん」と、東側からまわる「あかべぇ」の2つのルートがあり、約1時間で一周する。

電話番号:0242-22-5555(会津バス若松営業所)
料金:1回乗車210円 ※2019年2月現在

1日フリー乗車券 600円

「ハイカラさん」と「あかべぇ」が1日乗り放題。JR会津若松駅前のバス乗り場そばにある会津バス駅前案内所で購入できる。

●七日町、鶴ヶ城へはハイカラさんが便利

JR会津若松駅から七日町〜鶴ヶ城〜東山温泉〜飯盛山をまわる。8時から17時30分まで30分間隔で運行。会津若松駅を11時〜12時30分に出る便は東山温泉を経由しない。

↑赤と青の2つの車両がある

●飯盛山、東山温泉へはあかべぇが便利

ハイカラさんとは逆回りで循環する。JR会津若松駅を9時15分から16時15分まで、30分おきに出発。会津若松駅を毎時45分に出る便は東山温泉を経由しない。

城下町レンタサイクルを活用しよう

鶴ヶ城、飯盛山、御薬園、会津町方伝承館にあるステーションで自転車の貸し出しをしている。ステーションであれば、どこに乗り捨ててもOK 。台数が限られているので、事前の予約がおすすめ。

営業時間: 4月上旬〜11月、9:00〜16:00
料金: 1日500円(1台)
※身分証明書の提示が必要

【鶴ヶ城ステーション】
電話番号:0242-27-4005
台数:20台
場所:鶴ヶ城内観光案内所にて受付

【飯盛山ステーション】
電話番号:0242-33-6030
台数:5台
場所:市営飯盛山駐車場・観光案内所にて受付

【御薬園ステーション】
電話番号:0242-27-2472
台数:5台
場所:御薬園内券売所にて受付

【大町ステーション】
電話番号:0242-22-8686
台数:5台
場所:会津町方伝承館にて受付

手ぶらでまちなか観光サービスを使おう

会津東山温泉、会津芦ノ牧温泉の宿に宿泊する観光客には、会津若松駅観光案内所で手荷物を渡せば宿泊先まで配送してくれる(一部利用できない施設あり)。

電話番号:0242-32-0688 (会津若松駅観光案内所)
営業時間:10:00〜14:00
料金: 1個300円

おすすめ観光モデルコース

所要時間:6時間

START 会津若松駅

⇩まちなか周遊バス「あかべぇ」で5分、飯盛山下下車

1 飯盛山で白虎隊の悲劇をしのび墓参り(所要40分)

⇩ あかべぇで7分、会津武家屋敷前下車

2 会津武家屋敷 で武家の暮らしに触れる(所要50分)

⇩ あかべぇで12分、鶴ヶ城入口下車

3 鶴ヶ城で赤瓦の天守閣から街を一望(所要1時間)

⇩ 徒歩5分

4 蕎麦 香寿庵 でランチタイム(所要1時間)

⇩ 北出丸大通りからあかべぇで8分、七日町駅前下車

5 駅カフェでおみやげ探し(所要30分)

⇩ 徒歩すぐ

6 七日町通りから 野口英世青春通りを散歩(所要1時間)

⇩ 徒歩5分

7 蔵喫茶 杏でのんびりティータイム(所要40分)

⇩ 徒歩10分

GOAL 会津若松駅

 

【モデルコースMAP】 ※拡大できます

1 飯盛山

悲劇の舞台となった地で、白虎隊士の足跡をたどる

白虎隊の悲劇の舞台として知られる飯盛山。最期まで会津藩に尽くした少年たちの墓には、今も花や線香が絶えることがない。自刃の地から鶴ヶ城を眺めて、少年たちに思いを馳せてみたい。白虎隊の悲劇の時にはすでに建っていた国指定重要文化財の会津さざえ堂も見ごたえあり。

1 飯盛山

階段を上った先は広場になっており、十九士が眠る墓がある

飯盛山

住所
福島県会津若松市一箕町八幡弁天下
交通
JR磐越西線会津若松駅からまちなか周遊バス「あかべぇ」で5分、飯盛山下下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
見学自由(スロープコンベアは8:00~17:00、時期により異なる)
休業日
無休
料金
見学料=無料(施設により異なる)/スロープコンベア=250円/

2 会津武家屋敷

会津の武家の暮らしぶりに触れよう

幕末期の家老・西郷頼母の邸宅を復元するなど、会津の歴史的な建物が集まる。広大な敷地には会津の歴史を伝える資料館や、坂本龍馬を暗殺したという佐々木只三郎の墓もある。

2 会津武家屋敷

代々家老を務めた西郷家の屋敷の表玄関。38もの部屋がある

会津武家屋敷

住所
福島県会津若松市東山町石山院内1
交通
JR磐越西線会津若松駅からまちなか周遊バス「あかべぇ」で12分、会津武家屋敷前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
8:30~17:00(閉館17:30)、12~翌3月は9:00~16:30(閉館17:00)
休業日
無休
料金
大人850円、中・高校生550円、小学生450円(障がい者手帳持参で入場料大人650円)

3 鶴ヶ城

激動の時代を今に伝える

会津若松のシンボルとして長い歴史をもつ鶴ヶ城。幕末の戦争のあと取り壊されたが、市民の熱い思いで天守閣が再建されてから50年余りその美しい姿は今も訪れる人を魅了する。

3 鶴ヶ城

難攻不落といわれた名城で、約1か月にわたる猛攻に耐えた石垣は往時のまま

鶴ヶ城

住所
福島県会津若松市追手町1-1
交通
JR磐越西線会津若松駅からまちなか周遊バス「ハイカラさん」で21分、鶴ヶ城入口下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
8:30~16:30(閉館17:00)
休業日
無休
料金
入場料(天守閣)=大人410円、小・中学生150円/入園料(茶室麟閣)=大人200円、小・中学生無料/共通券(天守閣、茶室麟閣)=大人510円/(障がい者手帳持参で無料)

4 蕎麦 香寿庵

甘みと食感の絶妙なバランス

南会津産の「会津のかおり」を100%使用し、自家製粉して仕込む十割そばを提供する。ほのかな甘みや香りを感じながら、みずみずしい食感やのどごしが存分に楽しめる。

4 蕎麦 香寿庵

天ざるそば 1360円
天ぷらはそばの風味を損ねないさっぱりとした味わい。旬の野菜を中心に6品付く。

蕎麦 香寿庵

住所
福島県会津若松市東栄町1-84
交通
JR磐越西線会津若松駅からまちなか周遊バス「ハイカラさん」で19分、北出丸大通り下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~15:00(L.O.)、17:00~19:00(L.O.、そばがなくなり次第閉店、月曜は昼のみ)
休業日
無休
料金
天ざるそば=1360円/高遠そば=800円/ソースカツ丼=980円/会津香寿膳=1620円/会津白虎膳=1300円/ 平均予算(昼):1000円, 平均予算(夜):3000円

5 駅cafe

行き交う列車を眺める、大正ロマン風の駅カフェ

どこか懐かしい雰囲気のJR七日町駅舎内にあるカフェ。酒の仕込み水を使い、13時間かけてていねいに水出しするコーヒーが評判。会津17市町村のアンテナショップでもあり、会津産の食品や雑貨が並んでいる。

5 駅cafe

大きなカフェテーブルやタンス、机などもアンティークのもの

駅カフェ

住所
福島県会津若松市七日町5-1
交通
JR只見線七日町駅構内
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00(L.O.)
休業日
無休(1月1日休)
料金
自家製パウンドケーキセット=648円/スコーンセット=626円/そば粉マフィンセット=626円/特製ブラウニーセット=594円/会津木綿マカロン=648円/粕愛ス(ブルーベリー、ピーチ、アップル)=各411円/会津みしらず乾燥柿=515円/プレーンスコーン=620円(5個入)/水出しコーヒー=453円/会津産のジャム=540円/からむしコースター=810円~(1枚)/瀧之湯せっけん=771円/木履庵会津木綿グラニューバッグ=1998円/会津木綿柄ノートA5サイズ=258円/ 平均予算(昼):500円

6 七日町通りから野口英世青春通り

フォトジェニックな建物めぐり

歴史ある建物が点在し、レトロな雰囲気を楽しみながら散策できる2つの通りは、会津若松の人気観光ストリート。福西本店や野口英世青春館の黒漆喰の建物群や、歴史ある建物で営む酒蔵や漆器店、雑貨店、カフェなどが点在する通りを歩いて楽しもう。

6 七日町通りから野口英世青春通り

古い蔵や洋館が点在し、昔ながらのたたずまいが残る通り。食事処やショップが集まる

七日町通り

住所
福島県会津若松市七日町
交通
JR只見線七日町駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

野口英世青春通り

住所
福島県会津若松市中町
交通
JR磐越西線会津若松駅からまちなか周遊バス「ハイカラさん」で15分、野口英世青春広場前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

7 蔵喫茶 杏

江戸時代創業の老舗酒蔵で極上の酒スイーツを味わう

嘉永3(1850)年創業、末廣酒造の嘉永蔵に併設されたカフェ。明治25(1892)年に建てられた一番古い杏蔵を利用した和モダンな店内で、末廣酒造の日本酒や酒粕を贅沢に使った手作りスイーツや、最高峰酒「純米大吟醸 玄宰」が楽しめる。

7 蔵喫茶 杏

大吟醸シフォンケーキ 500円、オリジナルブレンド 500円(セットは100円引き)

大吟醸を使った自家製シフォンケーキは、食べるとお酒の華やかな香りがふんわり漂う。仕込み水で淹れたコーヒーと合わせて

蔵喫茶 杏

住所
福島県会津若松市日新町12-38
交通
JR磐越西線会津若松駅からまちなか周遊バス「ハイカラさん」で12分、大和町下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:30(閉店18:00)
休業日
水曜、祝日の場合は営業(12月31日~翌1月1日休)
料金
大吟醸シフォンケーキ=500円(セットの場合100円引き)/酒ゼリー=530円/オリジナルブレンド=500円/仕込み水の水出しカフェ=600円/姫の白ざけ膳=750円/

会津若松の楽しみ方① ご当地名物グルメで舌鼓

地元のおいしい料理に出会うのは、旅の楽しみのひとつ。伝統の郷土料理から地元の人に愛されるローカルフードまで、会津若松を訪れたら食べてみたい料理はこちら!

【郷土料理】渋川問屋

商人で賑わった空間で食事

明治時代に「会津一」と謳われ、昭和40年代まで続いた海産物問屋。現在は大正時代に建てられた帳場蔵の中で、食事ができる。看板メニューの「祭り御膳」には身欠きニシンや棒タラなど、かつての海産物問屋らしい素材を使い、郷土料理をお膳の中に盛り込んで会津らしさが満点。料理が盛られた器も見事だ。同建物に洋風の喫茶レストランも併設している。

【郷土料理】渋川問屋

祭り御膳 2200円〜
食前酒に始まり、会津の味覚が満載。ニシンは山椒漬け、天ぷら、コンブ巻きで食す

渋川問屋

住所
福島県会津若松市七日町3-28
交通
JR只見線七日町駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~20:00(閉店21:00)
休業日
不定休
料金
会津塩川牛ステーキコース=2200円~/会津会席膳=4400円/八重御膳=3300円/祭り御膳=2200円~/1泊2食付(別館)=26500円~/ 平均予算(昼):2200円, 平均予算(夜):3300円

【会津そば】桐屋・権現亭

会津屈指のこだわりのそば店

豊かな風味と強いコシが特徴。福島県のオリジナル品種「会津のかおり」をはじめ、一番粉のみを使った飯豊権現そば、石臼挽き十割そばの会津頑固そばなどが味わえる。

【会津そば】桐屋・権現亭

会津のかおり 1620円
香りと弾力あるコシが美味。会津に来たらぜひ味わってみたいイチオシのそば

桐屋・権現亭

住所
福島県会津若松市上町2-34
交通
JR磐越西線会津若松駅から会津バス永井野行きで4分、郵便局前下車、徒歩6分
営業期間
通年
営業時間
11:00~15:00(L.O.)、17:00~21:00(閉店21:30、日曜、連休最終日は昼のみ)、祝日の夜は~19:30(閉店20:00)
休業日
水曜(1月1日休)
料金
会津のかおり=1588円/そば三昧=1750円/天ざる三昧=2743円/天ざる頑固=2581円/会津頑固そば=1588円/飯豊権現そば=1588円/夢見そば(水そば)=562円/そば屋のミニ天丼=637円/ 平均予算(昼):1500円, 平均予算(夜):1500円

【会津ソースカツ丼】名物カツ丼の店 白孔雀食堂

濃厚なソースがたっぷりからむカツ丼

脂身をカットしたやわらかい上質なロースと、創業から約80年、3代にわたりつぎ足し続ける濃厚なソースが絶妙な巨大カツ丼。器からはみ出るほどのカツをガブリと豪快にいただこう。

【会津ソースカツ丼】名物カツ丼の店 白孔雀食堂

名物カツ丼 1250円
甘めのソースは、カツ、ご飯、キャベツとの相性が抜群。見た目より軽い口あたり

名物カツ丼の店 白孔雀食堂

住所
福島県会津若松市宮町10-37
交通
JR磐越西線会津若松駅からまちなか周遊バス「あかべぇ」で17分、徒の町下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~15:00(閉店、売り切れ次第閉店)
休業日
月・金曜、祝日の場合は営業(臨時休あり、GW・盆時期は営業、1月1~3日休)
料金
名物カツ丼=1050円(ハーフ)・1250円/ 平均予算(昼):1000円

会津若松の楽しみ方② レトロカフェでひと休み

七日町通りと野口英世青春通り周辺は蔵や洋館が点在し、ノスタルジックな雰囲気に包まれています。歩き疲れたら、レトロなカフェで建物の雰囲気も楽しみながら、ひと息いれましょう。

會津壹番館

野口英世ゆかりの建物で自家焙煎コーヒーを

野口英世が左手の手術を受けた、旧會陽医院の建物を利用したカフェ。英世が訪れた国々のコーヒー豆を自家焙煎し、ハンドドリップで淹れたコーヒーが人気。軽食のほか、自家製ケーキは常時5種類そろう。

會津壹番館

建物の1階がカフェ、2階は野口英世青春館

會津壹番館

住所
福島県会津若松市中町4-18
交通
JR磐越西線会津若松駅からまちなか周遊バス「ハイカラさん」で16分、野口英世青春館前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
8:00~19:30(閉店20:00)
休業日
無休(1月1日休)
料金
自家製ケーキ=432円/ケーキセット=864円/ブレンドコーヒー=432円/インカコーラ=594円/ 平均予算(昼):1000円, 平均予算(夜):1000円

会津若松の楽しみ方③ レトロ雑貨とスイーツをおみやげに

会津の伝統工芸の技を生かし、モダンにアレンジされた普段使いにも、おみやげにもぴったりな雑貨。また、茶道文化が栄えた会津若松ならではの老舗の和菓子や地元の食材を生かしたお菓子。おみやげに最適な雑貨やスイーツを探しに行きましょう。

会津のうつわ 工房鈴蘭

コンセプトは “かわいい漆器”

ガラスに漆塗りを施した器を中心に、カラフルな色合いで親しみやすく、いろいろな用途に使える器をそろえている。センスが光るオリジナルの器は、プレゼントにも喜ばれそう。

会津のうつわ 工房鈴蘭
会津のうつわ 工房鈴蘭

お月見グラス(小) 各2592円
満月をイメージした丸い窓付きで、中のドリンクが見えるデザイン。

会津のうつわ 工房鈴蘭

住所
福島県会津若松市七日町3-29
交通
JR只見線七日町駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
12:00~17:00、土・日曜、祝日は11:00~(冬期は変動あり)
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休(年末年始休、臨時休あり)
料金
ミニグラス=2160円/お月見グラス=2592円(小)/八重セレクションフリーカップ=1944円~/マグカップ耐熱ガラス=2700円~/フリーボウル=2808円~/サラダボウル=4860円/サーバー=1512円/フリーカップ=1512円~/レーザー加工グラスすずらん=3024円(小)/お月見シリーズカラープレート=1944円/

本家長門屋 七日町店

城下町らしい和菓子が並ぶ

嘉永元(1848)年、会津藩主から庶民の菓子作りを命じられ開業した老舗和菓子店。とり飴やおこしなど昔ながらの駄菓子のほか、季節商品や贈答向けの上品な和菓子が並ぶ。

本家長門屋 七日町店
本家長門屋 七日町店
本家長門屋 七日町店

fly me to the moon 羊羹ファンタジア 1棹 3500円
月夜に羽ばたく鳥が描かれ、切るたびに絵柄が変わる。シャンパンやレモンの羊羹の酸味がアクセントになっている。

本家長門屋 七日町店

住所
福島県会津若松市七日町3-30
交通
JR只見線七日町駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
9:30~17:30
休業日
無休(12月29日~翌1月2日休)
料金
貝千年(1個)=450円/会津駄菓子袋セット=920円/香木実(17個入)=1900円/くるみゆべし花雪(5個入)=580円/起き上がり最中(6個)=1180円/
筆者:まっぷるトラベルガイド編集部

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

 >  >  >  >  > 
×