>  >  >  >  >  >  【姫路城周辺】魅力的な!おすすめ立ち寄りスポット!

【姫路城周辺】魅力的な!おすすめ立ち寄りスポット!

【姫路城周辺】魅力的な!おすすめ立ち寄りスポット!

姫路駅や姫路城の周辺には、ふらりと寄ってみたくなる魅力的な見どころや店が集まっている。城の行き帰りに訪ねると姫路観光の満足度がさらにアップ。

姫路城西御屋敷跡庭園 好古園

四季折々の自然が美しい日本庭園
好古園は西御屋敷跡、武家屋敷跡などの地割を活かした、趣の異なる九つの庭園群からなる風光明媚な日本庭園。茶席を楽しめる茶室「双樹庵」もある。

姫路城西御屋敷跡庭園 好古園

茅葺きあずまや「臨泉亭」が印象的な「築山池泉の庭」

姫路城西御屋敷跡庭園 好古園

各庭を結ぶ園内の小径や築地塀は江戸時代を彷彿させる

姫路城西御屋敷跡庭園 好古園

シンボリックな御屋敷の庭にある渡り廊下

姫路城西御屋敷跡庭園 好古園

住所
兵庫県姫路市本町68
交通
JR山陽新幹線姫路駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉園17:00、時期・イベントにより異なる)
休業日
無休(12月29~30日休)
料金
入園料=大人(18歳以上)300円、小人(小・中・高校生)150円/姫路城との共通券=大人1040円、小人360円/(30名以上の団体は2割引、市内在住の65歳以上は高齢者福祉優待カード持参で無料、障がい者手帳持参で本人と同伴者1名無料)

男山 千姫天満宮

恋愛成就のご利益を授かろう
姫路城主だった本多家の繁栄を願って建てられた、千姫ゆかりの社。本多忠刻と千姫が当時珍しい恋愛で結婚し、仲睦まじかったことから恋愛成就の神様として知られる。

男山 千姫天満宮

姫路城の北西、男山の中腹にある

男山 千姫天満宮

境内にある「撫で牛」をなでると子孫繁栄にご利益が

男山 千姫天満宮

千姫が奉納した羽子板の形!
かわいい絵馬(800円)で恋愛祈願しよう

男山千姫天満宮

住所
兵庫県姫路市山野井町1-3
交通
JR山陽新幹線姫路駅から神姫バス好古園方面行きで7分、市之橋・文学館前下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
境内自由
休業日
無休
料金
情報なし

駅前インフォ

観光に便利!

姫路観光 なびポート

JR姫路駅構内にある姫路観光の拠点。各種観光案内や宿泊案内のほか、車いすの貸出も行っている(無料)。

姫路観光 なびポート

姫路観光 なびポート

住所
兵庫県姫路市駅前町210-2
交通
JR山陽新幹線姫路駅構内
営業期間
通年
営業時間
9:00~19:00(閉館)
休業日
無休(点検期間休、12月29~30日休)
料金
無料

城周辺 観光ループバス

JR姫路駅を起点として姫路城のまわりの観光ポイントを1周しているバス。1回乗車券や1日乗車券がある。

城周辺 観光ループバス

姫路城ループバス

住所
兵庫県姫路市姫路城周辺
交通
JR山陽新幹線姫路駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(最終)、土・日曜、祝日は~17:00(最終)
休業日
無休、12~翌2月は月~金曜、祝日の場合は営業(臨時休あり)
料金
乗車料(1回)=大人100円、小人50円/1日乗車券=大人300円、小人150円/(1日乗車券購入で好古園と姫路城、市立美術館(常設展のみ)、姫路文学館(常設展のみ)2割引、県立歴史博物館は団体料金適用、障がい者手帳持参で半額)

ミミちゃん号 西松屋チェーン 姫ちゃり

姫路の町めぐりが気軽に楽しめるレンタサイクル。姫路駅と姫路城周辺に19のサイクルステーションがあり(2017年12月現在)、ステーション間でどこでも貸出と返却ができる。

050-3786-5055(姫ちゃり運営事務局 9:00〜18:00)
7:00〜20:00 
1回100円(60分まで)、以降30分毎に100円
利用場所など詳細はHPでチェック→http://interstreet.jp/himeji/

ミミちゃん号 西松屋チェーン 姫ちゃり

姫路の町を楽しむ“みんなの自転車”

家老屋敷館に寄ろう

城の目の前で休憩&お買い物
姫路城大手門のすぐ前、家老屋敷跡公園にある複合施設。江戸時代の建物を思わせる「い」「ろ」「は」「に」の4つの屋敷があり、姫路らしい品々を販売する飲食店やみやげ物店が入る。建物の周囲にはベンチや芝生広場もあり、ひと休みに最適。

家老屋敷館に寄ろう

4つの屋敷をぐるりとめぐってみよう

家老屋敷館

住所
兵庫県姫路市本町68
交通
JR山陽新幹線姫路駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
店舗により異なる
休業日
店舗により異なる
料金
店舗により異なる

家老屋敷館の注目SHOP

姫路の宝蔵

播磨の特産物が勢ぞろい
「い」の屋敷にあるみやげどころ。姫路の伝統工芸品や西播磨地域の各市町の名産品を幅広く扱い、和菓子の実演販売も行っている。

姫路の宝蔵

「い」の屋敷は大手門駐車場からもっとも近い

姫路の宝蔵

住所
兵庫県姫路市本町68 家老屋敷跡公園いの屋敷内
交通
JR山陽新幹線姫路駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00
休業日
無休(12月29~31日休)
料金
お城焼き=86円(1個)/しほ味饅頭=570円(6個入り)/雪彦山純米吟醸(720ml)=1512円/龍力米のささやき(720ml)=3240円/姫革細工=650円~/

オススメみやげ

オススメみやげ

純米吟醸「白鷺の城」(720㎖)1620円

オススメみやげ

千姫さまの姫ぽてと(1個)216円、(4個入)950円

オススメみやげ

姫路らしい模様のがま口(大)2050円

播州姫路本町たまごや

人気の“玉かけめし”をぜひ一度
卵と米はすべて姫路市夢前町にある自社農場で作った自慢の品。プリッと新鮮で光り輝く卵はここだけの味わい。卵もご飯もおかわり自由。

播州姫路本町たまごや

みやげ用の卵なども販売

播州姫路本町 たまごや

住所
兵庫県姫路市本町68 家老屋敷館「は」の屋敷
交通
JR山陽新幹線姫路駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
11:00~16:30(閉店17:00)、1・2月の月~金曜は~15:30(閉店16:00)
休業日
無休(GW・盆時期・年始は営業)
料金
玉かけめし=626円/寅巻き玉子の穴子めし=1490円/寅巻き厚焼玉子=734円/城前おもてなし御膳=2000円/ 平均予算(昼):1000円

オススメランチ

オススメランチ

[城前おもてなし御膳 2000円]
淡路島産穴子の炙り焼きと自社生産卵の取り合わせが絶妙な人気メニュー

時間があればココも行きたい

姫路文学館

ことばと物語から姫路の魅力を紹介
姫路を中心にゆかりある作家や学者を顕彰する施設。姫路城の歴史と物語を紹介する「姫路城歴史ものがたり回廊」、作家たちと作品の魅力を伝える「ことばの森展示室」など文学的な展示が見学できる。

姫路文学館

世界的建築家の安藤忠雄氏が設計を手掛けた建物

姫路文学館

住所
兵庫県姫路市山野井町84
交通
JR山陽新幹線姫路駅から神姫バス西高行きで6分、市之橋・文学館前下車、徒歩4分
営業期間
通年
営業時間
10:00~16:30(閉館17:00)、カフェは9:00~
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休(12月25日~翌1月5日休)
料金
大人300円、高・大学生200円、小・中学生100円、企画展・特別展は別料金(姫路市内在住65歳以上は常設展無料、障がい者とその介護者は常設展無料、特別展半額、20名以上の団体は2割引き)

姫路市立美術館

緑の芝生に囲まれた赤レンガの美術館
地域の美術の振興と文化の高揚を目的として1983(昭和58)年に開館した美術館。郷土ゆかりの作品から世界的な名品まで、多彩なジャンルの美術品を鑑賞できる。

姫路市立美術館

登録有形文化財でもある建物

姫路市立美術館

住所
兵庫県姫路市本町68-25
交通
JR山陽新幹線姫路駅から神姫バス医療センター行きで8分、姫山公園南下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~16:30(閉館17:00)
休業日
月曜、祝日・休日の場合は翌平日休(年末年始休)
料金
入館料=大人200円、高・大学生150円、小・中学生100円、企画展は別料金/(20名以上の団体は2割引)
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
×