トップ > 関東・甲信越 > 首都圏 > 横浜 > 横浜ベイ > みなとみらい > 

横浜夜景10選!光り輝く極上の景色を探してみよう

アーク・コミュニケーションズ

更新日:2021年10月14日

この記事をシェアしよう!

横浜夜景10選!光り輝く極上の景色を探してみよう

横浜といえばロマンティックな夜景は欠かせないでしょう。今回は横浜を代表する極上夜景10選をご紹介していきます。

みなとみらいのビル群や海に浮かぶ豪華客船・氷川丸、横浜ベイブリッジなど、昼の景色とはまた違った表情を楽しめますよ。

横浜赤レンガ倉庫などのクラシック建築と現代建築が織りなす風景も横浜ならでは。夜の風景を心ゆくまで堪能してみてはいかがですか?

※新型コロナウイルス感染症に関連した各店舗の対応・対策により、営業時間等異なる場合があります。あらかじめ最新の状況をご確認ください。

1.69階からの絶景!横浜ランドマークタワーの「スカイガーデン」で横浜夜景を漫喫

1.69階からの絶景!横浜ランドマークタワーの「スカイガーデン」で横浜夜景を漫喫
地上273mからの景色は圧巻の美しさ

横浜ランドマークタワー69階に位置する「スカイガーデン」は横浜みなとみらいの夜景を語る上で外せないスポットです。

地上273mにある展望施設で、2020年6月に“YOKOHAMA360”をコンセプトにリニューアル。展望フロアは4面すべてガラス張りになっているので、360度の美しい夜景を大パノラマで楽しめます。

横浜で最も高い場所から見下ろす夜景は、他では体験できない美しさを誇ります。目の前にはコスモワールドの大観覧車や、大さん橋国際客船ターミナルの夜景までハッキリと見ることができ、とてもロマンティックな風景が広がっています。

「スカイガーデン」内には軽食やアルコールなどを提供する「SKY CAFE(スカイカフェ)」があるので、夜景と一緒に楽しんでみてはいかがですか?

スカイガーデン内にあるカフェ「SKY CAFE」

平日限定で、みなとみらい地区が降雨の時間帯には「新・雨の日キャンペーン」というサービスも行っています。入場料とワンドリンク、さらにノベルティセットが付いて1000円というお得なキャンペーン。 雨に濡れることなく楽しめる展望施設なので、雨の日観光の選択肢に入れてみるのもいいかもしれませんね。

横浜ランドマークタワー 69階展望フロア スカイガーデン

住所
神奈川県横浜市西区みなとみらい2丁目2-1横浜ランドマークタワー 69階
交通
みなとみらい線みなとみらい駅から徒歩3分
料金
大人1000円、65歳以上・高校生800円、小・中学生500円、幼児(4歳以上)200円(障がい者手帳持参で本人と同伴者1名半額)

2.ノスタルジックな夜景が魅力の「横浜赤レンガ倉庫」

2.ノスタルジックな夜景が魅力の「横浜赤レンガ倉庫」
異国情緒あふれる赤レンガ倉庫の夜景

幻想的な夜景が楽しめると人気なのが「横浜赤レンガ倉庫」。ライトアップされた赤レンガ造りの歴史的建造物は、ノスタルジックな雰囲気を醸しています。

赤レンガ倉庫を照らすライトアップは温かみのあるオレンジ色。まるで外国にいるような風景を楽しめるとあって、夜景スポットとしてとても人気があります。

季節のイベント開催時にはいつもと違った夜景を楽しめるので、色々な時期に訪れてみるのがおすすめです。特に毎年恒例の「クリスマスマーケット」は必見!イルミネーションで輝く赤レンガ倉庫の夜景を楽しめますよ。

横浜赤レンガ倉庫

住所
神奈川県横浜市中区神奈川県横浜市中区新港1丁目1
交通
みなとみらい線馬車道駅または日本大通り駅から徒歩6分
料金
店舗により異なる

3.アーチ橋の「万国橋」からみるみなとみらいの夜景

3.アーチ橋の「万国橋」からみるみなとみらいの夜景
みなとみらいのビル群の灯りが川面に映る

みなとみらい線馬車道駅からすぐのところにある「万国橋(ばんこくばし)」も横浜夜景スポットといて外せない場所。

「万国橋」は新港地区と関内をつなぐアーチ橋で、昭和15(1940)年に作られた歴史ある橋。テレビドラマの撮影などでもたびたび登場する場所としても有名です。

「万国橋」から見る夜景は、ビルの明かりが川面に映り込み、幻想的な風景を作り出しています。橋なので、料金もかからず、もちろん見学は自由。観光やおでかけ帰り、駅まで帰る途中に通れるのもうれしいポイントですね。

毎年クリスマスイブには、みなとみらい地区のオフィスが全館ライトアップする「TOWERS Milight〜みなとみらい21オフィス全館ライトアップ〜」というライトアップイベントがあり、万国橋は絶景のビュースポットになっています。

萬國橋

住所
神奈川県横浜市中区海岸通4丁目
交通
みなとみらい線馬車道駅から徒歩5分
料金
情報なし

4.24時間無料開放している「横浜港大さん橋国際客船ターミナル」の夜景

4.24時間無料開放している「横浜港大さん橋国際客船ターミナル」の夜景
ライトアップされた美しいみなとみらいの夜景が広がる

みなとみらいエリアから山下公園に行く途中、日本大通り駅から徒歩7分のところにある「横浜港大さん橋 国際客船ターミナル」は極上の大パノラマを望めるビュースポットです。

「くじらのせなか」と呼ばれる屋上のウッドデッキ部分は24時間無料で開放されているので、夜景を楽しむのにもってこい。海の上に突き出しているので、360度さえぎる物がありません。みなとみらいのビル群はもちろん、横浜ベイブリッジ方面まで見渡すことができますよ。

24時間いつでも訪れることができるので、ディナー後の後でも時間を気にする必要はありません。ゆっくりとロマンティックな港町夜景を堪能してみてはいかがでしょうか。

横浜港大さん橋国際客船ターミナル

住所
神奈川県横浜市中区海岸通1丁目1-4
交通
みなとみらい線日本大通り駅から徒歩7分
料金
無料

5.「横浜ワールドポーターズルーフガーデン」から見る大観覧車の横浜夜景

5.「横浜ワールドポーターズルーフガーデン」から見る大観覧車の横浜夜景
コスモワールドの大観覧車が目の前に見える

ショップやグルメなど、約200店舗がそろう大型複合施設「横浜ワールドポーターズ」にも穴場の夜景スポットがあることをご存じですか?

施設屋上にあるウッドデッキの広場「ルーフガーデン」からは横浜ランドマークタワーやコスモワールドの大観覧車を間近に望め、迫力ある夜景を楽しむことができます。

「ルーフガーデン」にはベンチも設けられているので、座ってゆっくり過ごすことも。ロマンティックなデートスポットにもぴったりです。

青い空とビルのコントラストが楽しめる昼の景色もおすすめなので、昼と夜に2回訪れて、違った表情を楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

みなとみらいのビル群を一望できる昼の眺望もすばらしい

横浜ワールドポーターズ

住所
神奈川県横浜市中区新港2丁目2-1
交通
みなとみらい線みなとみらい駅から徒歩5分
料金
店舗により異なる

6.横浜市民の憩いの公園「象の鼻パーク」からの港町夜景

6.横浜市民の憩いの公園「象の鼻パーク」からの港町夜景
ライトアップされた公園からは港町夜景が楽しめる

2009年の横浜港開港150周年を記念して、横浜港発症の地であった波止場の遺構が整備された公園「象の鼻パーク」もおすすめの夜景スポットです。

赤レンガパークと山下公園をつなぐ公園で、市民の憩いの場としても親しまれています。公園内には遊覧船の発着場所「ピア象の鼻」や、地元食材を使った軽食を提供する「象の鼻カフェ」などがあり、のんびり過ごすには最適な場所ですよ。

段々畑のように芝生が広がる「開港の丘」からは赤レンガ倉庫を目の前に望めます。ドラマのロケ地としても有名で、ぜひ訪れてみたいスポットのひとつです。

特にみなとみらい方面の眺望を楽しむなら、「象の鼻」と呼ばれている海にせり出している波止場部分がおすすめです。

象の鼻パーク

住所
神奈川県横浜市中区海岸通1丁目
交通
みなとみらい線日本大通り駅から徒歩5分
料金
情報なし

7.「山下公園」で潮風を感じながら横浜夜景を一望

7.「山下公園」で潮風を感じながら横浜夜景を一望
みなとみらい方面を一望できる

みなとみらい線の終点駅、元町・中華街駅から徒歩3分のところにある「山下公園」は横浜を代表する観光スポット。公園なので昼に訪れるイメージがあるかもしれませんが、夜に訪れるのもおすすめです。

山下公園からはみなとみらい方面はもちろん、海上に浮かぶ「日本郵船氷川丸(にっぽんゆうせんひかわまる)」や港を横切る船の明かりなどが見え、夜景スポットとしても人気があります。公園内にある噴水もライトアップされて、幻想的な雰囲気を楽しむことができますよ。

海沿いの遊歩道を歩きながら楽しむもよし、海に向かうように並ぶベンチでゆっくり座ってみるのもよし、横浜らしい、港夜景を眺めてみてはいかがですか?

山下公園に係留されている日本郵船氷川丸

山下公園

住所
神奈川県横浜市中区山下町279
交通
みなとみらい線元町・中華街駅から徒歩3分
料金
情報なし
1 2

東京横浜首都圏関東から全国世界まで、あらゆる情報をお送りします。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください