トップ > 関東・甲信越 > 伊豆・箱根 > 西伊豆・中伊豆 > 三島 > 三島市街 > 

三島うなぎ、みしまコロッケ、三島野菜!必ず食べたい三島ご当地グルメをチェック!

くらしたび

更新日:2022年2月7日

この記事をシェアしよう!

三島うなぎ、みしまコロッケ、三島野菜!必ず食べたい三島ご当地グルメをチェック!

富士山の湧き水の恩恵を受けて美味しくなる「三島うなぎ」、箱根の大地が育む「箱根西麓三島野菜」、地元の人が愛してやまない「みしまコロッケ」。どれも注目のご当地グルメです。
伝統の味が光る老舗うなぎ店、ご当地野菜のコロッケを使うバーガーショップ、ご当地野菜のお料理を目でも楽しませてくれるレストランなどで提供されるメニューをはじめ、テイクアウトやお土産にしたいメニューまで、さまざまな種類の品々をチョイスしました。

三島うなぎ~三島ご当地グルメ~

臭みがなくて食べやすい
富士山の雪解け水にうなぎを3~4日ほどさらすことで、うなぎ特有の臭みや余分な脂が抜ける。店ごとにたれの味や焼き加減が違うので、自分好みの店を開拓してみるのもおすすめ。

【三島うなぎを食べるなら①】桜家

行列必至の人気店のふっくら香ばしい絶品うなぎ

創業安政3(1856)年の老舗うなぎ屋。備長炭で焼いたふんわりととろけるような身に、素材の味を引き立てるすっきりとしたたれが合う。超人気店なので予約が安心。

【三島うなぎを食べるなら①】桜家

うなぎ重箱(2枚)4400円
秘伝のたれを継ぎ足し、うなぎを漬けることで味に丸みがでる。

これもおすすめ
●うなぎきもしぐれ煮 1100円

【三島うなぎを食べるなら①】桜家

駅前でもひと際目立つ趣深い外観

桜家

住所
静岡県三島市広小路町13-2
交通
JR東海道新幹線三島駅から徒歩8分
料金
うなぎ重箱=4400円(2枚)/重箱・丼=4400円~/蒲焼定食=6300円/うな丼=4400円~/うな重=4400円~/(鰻価格高騰のため変更の可能性あり)

【三島うなぎを食べるなら②】うなぎの坂東

駅からすぐの好立地三島のうなぎ屋に新風到来!

三島駅前に店を構える、うなぎと地酒の店。国産の旬のうなぎを、さっぱりとした甘めのタレで上品な味わいに。老舗に劣らない美味しさ。

【三島うなぎを食べるなら②】うなぎの坂東

うな重(桜) 4290円
炭火で仕上げたふっくら柔らかい身。さっぱりとした味付けで食べやすい。

これもおすすめ
●ひつまぶし 4212円
●あしたか牛ステーキ重 3672円

【三島うなぎを食べるなら②】うなぎの坂東

大きな荷物を持っていても入りやすい広々とした空間

うなぎの坂東

住所
静岡県三島市一番町15-282階
交通
JR東海道新幹線三島駅からすぐ
料金
うな重(並)=4290円/ひつまぶし=4212円/あしたか牛ステーキ重=3672円/

【三島うなぎを食べるなら③】すみの坊 本町店

伝統を受け継いだ職人技が光る絶妙な焼き加減

老舗うなぎ店が2011年に名を改めて再スタート。秘伝のたれを染み込ませながら丁寧に焼き上げる職人技が美味しさの決め手。丼のほか、一品料理も充実している。

【三島うなぎを食べるなら③】すみの坊 本町店

並うな丼 3870円
うなぎの蒲焼き1枚分がのった丼に、肝吸いと香の物が付く。

これもおすすめ
●肝焼き(2本)1840円

【三島うなぎを食べるなら③】すみの坊 本町店

気取らない親しみやすい雰囲気

【三島うなぎを食べるなら③】すみの坊 本町店

お弁当もおすすめ

うなぎ すみの坊 本町店

住所
静岡県三島市本町1-37
交通
JR東海道新幹線三島駅から徒歩8分
料金
うな丼=3240円(並)、4644円(上)、6048円(特上)/

【三島うなぎを食べるなら④】こんな三島うなぎも

【こんな三島うなぎも】たい焼きフォルムのうなぎご飯「すみの坊 大社前店」

【こんな三島うなぎも】たい焼きフォルムのうなぎご飯「すみの坊 大社前店」

うなぎたい焼き
タレがしみ込んだご飯をたい焼きの形に。中身はうなぎの蒲焼き。520円。

すみの坊大社前店

住所
静岡県三島市大社町18-1
交通
JR東海道新幹線三島駅から徒歩10分
料金
並うな丼=3240円/アジ寿司丼=920円/うなぎたい焼き(前日までに予約が望ましい)=520円/

【こんな三島うなぎも】うな丼丸「山本食品 門前せせらぎ店」

【こんな三島うなぎも】うな丼丸「山本食品 門前せせらぎ店」

うな丼丸
手軽に食べられる小さめのうな丼。持ち帰りもできる。1串舟400円、2串舟700円

山本食品 門前せせらぎ店

住所
静岡県三島市大社町1-28

みしまコロッケ~三島ご当地グルメ~

しっとりクリーミー

箱根西麓三島野菜のひとつ「三島馬鈴薯」というじゃがいも(メークイン)を100%使ったコロッケ。認定店は200以上にもなる。

【みしまコロッケを食べるなら①】THIS 伊豆 SHIITAKEバーガーキッチン

ご当地バーガー専門店の「みしまコロッケバーガー」540円。しっとり甘いじゃがいもに玉ねぎとキャベツのシャキシャキ感がたまらない!

【みしまコロッケを食べるなら①】THIS 伊豆 SHIITAKEバーガーキッチン

ベーコンと特製タルタルソースがアクセント

1 2

静岡や伊豆、日光、栃木、岐阜エリアの旅行ガイドブックの編集から取材執筆、撮影などに携わっている、静岡を拠点とする編集プロダクションです。
代表の志水は、静岡のローカル情報番組のコメンテーターを歴任するなど、20年以上にわたり旅と暮らしに関わり続けています。乗り鉄&呑み鉄旅が好き。日本各地の手ぬぐい収集癖がある一方、引っ込み思案。
その他にも多彩で個性的なライター陣により、現場の空気感を拾い上げたレポートをお伝えしていきます。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください