コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  三島駅周辺【三嶋大社と水辺】おすすめ散歩!

三島駅周辺【三嶋大社と水辺】おすすめ散歩!

by mapple

更新日:2018年2月23日

富士山の雪解け水がいく筋もの流れとなって広がる三島。古くからの歴史や宿場町の風情が残る街並みとせせらぎが見事に調和した心地よい街だ。

JR三島駅南口

絶えず流れている水に癒される駅前の憩いの場
改札を出ると、湧水をイメージした水の仕掛けが点在。観光案内所、地元銘菓を扱うコンビニ、みしまコロッケが買える駅弁屋などがある。

ほっと一息つけるベンチもたくさん

楽寿園

駅からすぐの広大な森の遊び場
明治23(1890)年に小松宮彰仁親王の別邸として造営された市立公園。溶岩の地に生える木々や小浜池の湧水が美しい。小さな遊園地と動物園、郷土資料館もある。

レトロで可愛いメリーゴーランド

人気者のアルパカ「ココア」くん

【ここもおすすめ】ピクニック

楽寿園内にあるお休み処。ご当地コロッケ定食や富士山ドライカレーなどユニークな食事メニューがある。

源兵衛川 水辺の道

飛び石や木道が整備されていて川を歩ける
せせらぎの中を歩ける全長1.5㎞の遊歩道。暑い日にはひんやりと冷たい水に足をつけている人や水遊びをする子どもたちの姿も。初夏にはホタルも見られる。

飛び石や木道が整備され歩きやすい

懐かしい手こぎポンプも

【ここもおすすめ】伊豆箱根鉄道駿豆線

「いずっぱこ」の愛称で親しまれる三島と修善寺を結ぶローカル線。白に青のラインの車両が水辺を爽やかに走り抜ける。

#dilettante café

地元で厳選した魚、肉、野菜を堪能
地元の食材とじっくり向き合ったシンプルで豊かな料理を提供。テラス席ではせせらぎを間近においしい料理をいただける。三島ならではの贅沢なひとときを。

アンティークに囲まれた落ち着いた店内

テラス席からは時の鐘橋やローカル電車が見える

10時間かけてじっくり火を通した「長泉もち豚の自家製ローストポーク」。ランチコースは1950円でキッシュとワインも付く

三嶋大社

広々として気持ちいい伊豆のパワースポット
伊豆国の一宮で、源頼朝が源氏再興を祈願し、諸戦に勝利したことでも有名。春には神池に咲く枝垂れ桜、秋には樹齢1200年の金木犀が境内を彩る。

重要文化財の本殿。名工による彫刻が美しい

日本で最も古いと言われる金木犀。9月上旬と下旬頃に2度、薄い黄色の花をつける

福太郎茶屋で「福太郎餅(お茶付)」200円を食べながら一服

【ここもおすすめ】三島大通り商店街

三島広小路駅から三嶋大社西側まで続く商店街。「ゆでらっかせいプロジェクト」と称して本業以外の商品も扱う店が多く、意外な掘り出し物に出会える。

大社の杜 みしま 

三嶋大社の門前町らしいにぎわいスポット
ゆったりとくつろげるテラス席のまわりに、カフェやスイーツの店などが並ぶ複合施設。毎月のライブや催し物をはじめ、夏にはビアガーデンも開催される。

パルモフジ

工場直送のアイス「PARM」をカスタマイズできる「MY PARM BAR」300円~や「MOWソフト」350円~が人気。

ベースアイス×チョコ×トッピングで「MY PARM BAR」が完成

おはこや

厳選された黒毛和牛の「ステーキ丼」1480円や、地元産にんじんのペーストを練り込んだ皮で作った「三嶋ぎょうざ」300円が食べられる。

パリパリもちもちの「三嶋ぎょうざ」

【ここもおすすめ】みしまるくんSHOP Mary'z

ご当地キャラ・みしまるくん&みしまるこちゃんグッズの専門店。「もふもふストラップ」800円や「みしまるくんぬいぐるみ」2300円は触り心地まで本物そっくり。

笑顔がキュートな「もふもふストラップ」

Iwase-coffee

歩き疲れたらコーヒーと甘いもの
2017年に三嶋大社の西側にオープン。お客さんとの程よい距離感にもこだわったという店内は居心地が良く、鎮守の森を見渡しながらほっと一息つける。

一人でも友だち同士でも気軽に入れる温かい雰囲気

窓からは三嶋大社の鳥居も見える

階段を上って2階へ

「カフェモカ」600円と「シフォンケーキ」450円。軽食もある

白滝公園

富士山噴火の溶岩と清らかな流れが美しい
豊かな湧水、溶岩、ケヤキの木々が、美しい風景を織り成す公園。駅や図書館などが近く、市民の憩いの場となっている。からくり人形“めぐみの子”も見どころのひとつ。

桜川沿いの水辺の文学碑を楽しみながら歩くと、正面に白滝公園の森が見えてくる

「よいしょ、よいしょ」と水を汲む“めぐみの子”。衣装は季節ごとにボランティアの方が着せ替えるそう

公園内を通るだけでまるで森林浴のよう

白滝公園を目指してカモもお散歩

筆者:mapple

まっぷる伊豆’19

発売日:2018年01月15日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる伊豆’19」です。掲載した内容は、2017年8~11月の取材・調査によるものです。取材後に、飲食店メニュー、商品内容や料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×