>  >  >  >  >  >  【淡路島】うまさ格別!タコを目指して突き進め!

【淡路島】うまさ格別!タコを目指して突き進め!

【淡路島】うまさ格別!タコを目指して突き進め!

さまざまな魚介がとれる淡路島はタコの名産地としても有名。島内にはタコ尽くしのメニューやみやげを提供する店がいろいろあるので目指してみるのがオススメ。

まずは島観光で必ず立ち寄りたいタコスポットへ

たこせんべいの里

淡路市
神戸淡路鳴門自動車道の津名一宮IC近くにあるみやげ施設。約40種類のオリジナルせんべいを販売し、せんべいを製造する様子もガラス越しに見学できる。試食やドリンクの無料サービスがあり、休憩スポットとしても人気を集めている。

たこせんべいの里

団体観光客も多く訪れ、休日はとくに大賑わいの施設

たこせんべいの里の楽しみ方

①まずは館内をウロウロすべし
広い館内には種類豊富なせんべいを積み上げたコーナーがたくさんある。ぐるりと見て回り、どんな味の商品があるのかチェックしよう。

②気になるせんべいを順番に試食
商品を積んだ各コーナーの端に、試食用せんべいを入れたタッパーが置かれている。気になったものは試食して味を確認。

③無料のドリンクでゆっくり休憩
お気に入りの商品を購入したら、館内奥にある休憩コーナーへ。お茶やコーヒーなどが無料で楽しめるのでゆったりとひと休み。

④工場見学も忘れずに
館内には工場があり、人気のせんべいが焼き上がる工程や袋詰めの様子がガラス越しに見学できる。予約不要なのでぜひ見て帰ろう。※ラインを停止している場合があります。

たこせんべいの里

住所
兵庫県淡路市中田4155-1
交通
JR神戸線舞子駅から淡路交通福良行きバスで30分、津名一宮IC下車、徒歩7分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(年末年始変更あり)
休業日
無休
料金
たこうす焼き=540円/多幸・たこの唐揚げ=1080円/磯みりん=324円/ミックスボックス=324円/コーヒー=無料/

みやげ菓子

パリッとした食感がたまらない
海の幸の風味がギュッと詰まり、軽くて香ばしい菓子はおやつやお酒のおともにピッタリ。バラマキみやげにもどうぞ。

みやげ菓子
みやげ菓子

みやげ人気No.1 たこうす焼(3枚入×16袋)540円
たこ、いか、えびをすり身にして練り込んだ薄焼きせんべい。ちょっと高級感ある味わいが◎。

みやげ菓子
みやげ菓子

みやげ人気No.2 磯みりん(324g)324円
えび、いかを使い、みりんで味付けした定番商品。カリッとした食感と少し甘口の味が大人気。

みやげ菓子
みやげ菓子

みやげ人気No.3 小袋ミックス(230g)648円
味別の小袋に入ったせんべい約8種類を一袋に。小袋は食べきりサイズでお配り用に便利。

これも買いたい!

これも買いたい!

たこの姿焼1080円
淡路産の地タコを一匹丸ごとプレス焼き。外はパリッと、中はふんわりの食感に感動する。

ここで買える やま高
淡路市
道の駅東浦ターミナルパークにあるみやげ店。たこの姿焼に加え、「つぼ焼きいも」も人気。

やま高

住所
兵庫県淡路市浦657 道の駅東浦ターミナルパーク
交通
JR神戸線舞子駅から本四海峡バス東浦・大磯方面行きで25分、終点下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00
休業日
不定休
料金
たこの姿焼=1080円/イカの姿焼き=580円(1枚)/つぼ焼きいも=350円(1本)/

タコ丼

タコを贅沢にのせた絶品の椀
身が引き締まった淡路島のタコを口いっぱいにほおばれるタコ丼。店それぞれの味付けで豊かな食感を存分に楽しんで。

海鮮食堂 魚増

洲本市
魚屋直営ならではの新鮮な魚介を使った家庭料理が大人気。米やタマゴ、調味料などもできるだけ地元産を使用している。

海鮮食堂 魚増

タコと衣の食感が絶妙!たこ天丼定食1500円
ぶつ切りした淡路産タコのしっとりした甘みと、カリカリの衣との食感の違いが絶妙。噛むほどにうまみが広がる。
提供時期 : 通年

海鮮食堂 魚増

土・日曜は11時くらいから行列ができる

海鮮食堂 魚増

住所
兵庫県洲本市本町2丁目3-2
交通
洲本高速バスセンターから徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
11:30~13:30(ご飯がなくなり次第閉店)
休業日
火・水曜、祝日の場合は営業(年末年始休)
料金
たこ天丼定食=1100円/たこコロッケ定食=700円/造り4種盛り定食=1300円/穴子天ぷら定食=1100円/ 平均予算(昼):1000円

絶景レストラン うずの丘

南あわじ市
鳴門海峡や四国山系を一望できるうずの丘大鳴門橋記念館内にあるレストラン。地元の山海の素材を使った創作料理が楽しめる。

絶景レストラン うずの丘

南あわじの地ダコがぎっしり!地だこの壺飯1296円
南あわじ産のタコを醬油や酒などでやわらかく煮込んでトッピング。とくに6〜9月下旬は、エビやカニなどの甲殻類を食べて育った阿万沖「砂地たこ」を使い、噛むほどにうまみが際立つ。
提供時期 : 通年

絶景レストラン うずの丘

鳴門海峡の全景が望める絶好の立地

絶景レストラン うずの丘

住所
兵庫県南あわじ市福良丙936-3 うずの丘 大鳴門橋記念館 2階
交通
洲本高速バスセンターから淡路交通福良行きバスで30分、淡路島南IC下車、徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~15:00(閉店15:30、要予約)
休業日
火曜、祝日の場合は営業(1月1日休)
料金
うずの丘海鮮うにしゃぶ=4104円/淡路島の絶品生うにめし=4104円/淡路島絶品生うにの海鮮ひつまぶし=3780円/淡路の生しらす味めぐり丼=1080円/淡路島牛丼=1728円/うず潮世界遺産カレー=1080円/地だこの壺飯=1296円/「淡路島たまねぎ」島のうま玉~淡路牛肉みそ添え~=756円/ 平均予算(昼):1500円

北淡震災記念公園レストランさくら

淡路市
地魚を使った和食レストラン。たこをたっぷり使った北淡たこ丼や生しらす丼、土日祝限定の島の海鮮丼が人気。海を眺めながら地元食材を使ったメニューが気軽に味わえる。

北淡震災記念公園レストランさくら

タコを一匹以上どーんと盛り!北淡たこ丼1300円
地元でとれたタコを天ぷらと柔らか煮にしてごはんに盛ったタコづくしの丼。タコを丸一匹以上食べられる。
提供時期 : 通年

北淡震災記念公園レストランさくら

北淡震災記念公園の敷地内に建つ

北淡震災記念公園 レストランさくら

住所
兵庫県淡路市小倉177
交通
JR神戸線舞子駅から淡路交通洲本行きバスで20分、北淡ICで淡路交通震災記念公園前行きバスに乗り換えて13分、終点下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
10:00~15:00(閉店)、土・日曜、祝日は~15:30(閉店)
休業日
無休(12月は臨時休あり)
料金
北淡たこ丼=1200円/生しらす丼=1000円/こけら寿司=850円/ 平均予算(昼):1200円

これも食べたい!

これも食べたい!

たこ唐たこ焼き(6個入)594円
タコを大きく切った唐揚げが入ったたこ焼き。タマゴをたっぷり使った生地も美味。

ここで買える たまご屋さんちのたこ焼き
洲本市
鶏卵販売店が直営するたこ焼き店。こだわりのタマゴを使うたこ焼きはふわふわの食感。

たまご屋さんちのたこ焼

住所
兵庫県洲本市中川原町厚浜725-1
交通
洲本高速バスセンターから淡路交通岩屋行きバスで13分、厚浜下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~20:00(売り切れ次第閉店)
休業日
水曜(1月1日休)
料金
たこ唐たこ焼き(8個入)=594円(テイクアウト)・626円(イートイン)/名物たこ焼き(8個入)=302円(テイクアウト)・356円(イートイン)/玉たこ(8個入)=356円(テイクアウト)・378円(イートイン)/ 平均予算(昼):600円, 平均予算(夜):600円
筆者:まっぷる

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷる」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる淡路島 鳴門’18」です。掲載した内容は、2017年6~10月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
×