コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【淡路島】洋風メニューで海の恵みを味わえるレストラン

【淡路島】洋風メニューで海の恵みを味わえるレストラン

by mapple

更新日:2018年3月1日

新鮮な魚介を使ってシェフが創意工夫を凝らしたシーフードメニューが味わえるレストランがこちら。

ハレノサラ

【予算 ランチ1700円 ディナー3800円】
古民家で味わう創作フレンチ
築120年以上の農家をレストランにリノベート。地産地消にこだわり、生産者と会話をして安心して提供できる旬の素材を追求した料理が和風モダンな店内で味わえる。ランチも予約が望ましい。

●パスタランチ…1080円
●お子様プレート(小学生以下)…756円
●ディナーコース(前日までに要予約) …2700円、 3780円、 5400円

日替りランチ 1620円
メインの魚は漁師と相談し、旬の魚を使用
前菜・スープ・メイン(魚or肉)・パンorライス・デザート・コーヒーの6品が付く

前菜:豚肉と鶏レバーのテリーヌ、季節野菜のピクルス、鳴門金時のサラダ、サワラのマリネ
スープ:カボチャのポタージュ
メイン(魚):キビレチヌのポアレ カレー風味のクリームソース、大葉のペースを添えて
デザート:チョコバナナのケーキ豆腐のクリーム添え

椚座牛のステーキランチ 3240円
前菜・スープ・ステーキ・パンかライス・デザート・コーヒーの6品が付く。
淡路島で育った黒毛和牛のぶ厚い赤身は赤ワインと柿のソースとみごとにマッチ

昔ながらの欄間が残る店内

長屋門や離れが残り風情たっぷり

いたりあ亭

【予算 ランチ2000円〜ディナー5400円〜】
厳選した魚介を使う「淡路島イタリアン」
淡路島イタリアンの草分け的存在。毎朝、地元のせり場で買い付ける魚介を使った料理は、見た目はダイナミックで味は繊細。二代目シェフも加わり料理と味がさらに広がる。

●スパゲティランチ…1944円~
●ブリフィックスランチ…3780円〜
●コース…6480円〜

生ウニのスパゲティ 5184円~
板まるごと出てくる生ウニをたっぷり乗せよう!

淡路島特大天然黒アワビのグリル(7776円〜)は表面サクサクで中身モッチリ

しっくいの壁が美しい南欧風の店内。個室もある

隠れ家のようなたたずまい

L'ISOLETTA

【予算 要問い合わせ】
島の恵みがたっぷりのイタリアン
地元でとれる野菜や魚介など、吟味した食材を使用するイタリア料理店。メニューはいくつかの定番をのぞき、その日の仕入れで決まる。

●リゾレッタコース…5960円〜(2名分)
●シェフにお任せコース…5400円

灘産アジのマリネ、三種類のマスタードと野菜のピクルスと共に
リゾレッタコースのメニュー一例(基本料金プラス)648円
脂がのった旬のアジをマリネでさっぱり爽やかに

由良産アオリイカとその内臓のリゾットリゾレッタコースのメニュー一例(基本料金)
チーズを使わず、イカの肝のコクと風味を生かした人気メニュー

2タイプのゲストルーム

シックなフォーマルルーム

オープンエアになるカジュアルルーム

Restaurant La Goute

【予算 ランチ3200円〜 ディナー5500円〜】
繊細さと伝統の技が冴える一皿
オーナーシェフは有名ホテルの元総料理長。「ソースこそ命」という正統派のフレンチで、コース料理はもちろん多彩なアラカルトメニューにもみごとな手腕を発揮する。

●ランチコース …3200円・4300円
●ディナーコース …5500円・7500円
●おまかせコース …9500円〜

店内は落ち着いた大人の雰囲気

本日のランチコース 3200円

メインは小鯛のポアレーイカスミソース(揚げた甘長トウガラシの付け合わせ)

前菜はサバとジャガイモを使ったテリーヌ(野菜のマリネの付け合わせ)

デザートは桃ムースとマンゴーシャーベット

レストラン ママン ジャンティーユ

【予算 昼2700円〜 夜5400円〜 ※予算に応じてメニュー相談可】
明石海峡大橋を眺めて海の幸に舌つづみ
明石海峡大橋と神戸の街が見渡せる丘に建つペンション内のレストラン。地元食材をふんだんに使ったフレンチ家庭料理が味わえる。メニューはコースのみで予約が望ましい。

●ディナーコース…5400円
●テイクアウト用淡路産たまねぎのキッシュ…5400円(1ホール・要予約)

海の幸のブイヤベース ランチコース(2700円)
濃厚なスープに旬の魚介がたくさん。「牛肉の赤ワイン煮込み」も選べる

淡路産たまねぎのキッシュ 680円(1カット)
島産タマネギの甘さがたっぷり。ディナーコースに付く一品

白い壁が特徴的な店内から青い海が一望できる

筆者:mapple

まっぷる淡路島 鳴門’18

発売日:2017年12月13日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる淡路島 鳴門’18」です。掲載した内容は、2017年6~10月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×