コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【淡路牛】絶品ステーキ&王道焼肉を味わおう!

【淡路牛】絶品ステーキ&王道焼肉を味わおう!

by mapple

更新日:2018年3月1日

山の幸、海の恵みが豊富な淡路島は食べる楽しみ満載の  グルメ天国。多彩な料理を心ゆくまで味わおう!

注目のご当地ブランド 淡路牛

淡路島は知る人ぞ知る高級和牛の産地。島で育った淡路牛はまろやかな甘みを持っている。ちょっとぜいたくして淡路牛の料理を味わってみよう。

淡路牛って?

淡路島産の子牛は、出荷されて松阪牛や神戸牛になる。島で飼育された淡路牛は高品質の肉を比較的安価に楽しめる。

美しいサシが甘さとうまみをかもし出す

王道焼肉

焼肉平松

南あわじ市
上質の肉を気軽に味わう
家庭的な雰囲気が漂う焼き肉店。サシの詰まった赤身だけを残したぜいたくな上ロースや肉汁たっぷりのハラミなど、豊かな甘みでとろけるような食感の淡路牛が味わえる。

予算
昼2500円/夜3500円

定番メニュー
アバラ…800円
骨付カルビ…880円
ロース…1150円

コレも追加!グリーンサラダ730円
新鮮なサニーレタスや水菜などがたっぷり

店内は明るく、くつろげる雰囲気

炭火焼肉 さかた

洲本市
厚切り牛肉を豪快に味わう
豪快にカットした濃厚な淡路牛をはじめとする和牛は、地元産の醤油がベースのタレと抜群にマッチする。どのメニューも数に限りがあるため、早めの来店がおすすめ。

予算
3500円~

定番メニュー
特上ロース…1404円
ヒレ…1296円
骨付カルビ…864円

淡路島で焼肉といえば、まず名前が挙がる名店

コレも追加!由良産のアワビ 1620円
18時45分までの限定メニュー

週末は大混雑するので要予約

焼肉あばらや

淡路市
コスパ抜群と地元で評判
淡路牛中心の和牛を使用しながら、リーズナブルな料金設定で人気の焼き肉店。新鮮な野菜を一皿サービスしてくれる。

予算
2000円

定番メニュー
上ロース…950円
テッチャン…500円
ハラミ…600円

低価格のメニューがそろう

コレも追加!塩タン650円(写真は2人前)
厚くてプリプリとした弾力がある

平日は地元客、休日は観光客で大賑わい

絶品ステーキ

BBQハウスモスタージ

淡路市
淡路SA直結のBBQレストラン
淡路牛をはじめ、魚介や野菜など、地元の食材の魅力を活かした上質バーベキューを気軽に楽しめるレストラン。セットメニュー以外のアラカルトも豊富にそろう。

予算
3000円

定番メニュー
淡路牛厚切りサーロインセット(1人前)…5000円(注文は2人前以上)
Bセット(1人前)…3500円

ステーキハウスgenpei

淡路市
最高級の淡路ビーフと窓越しの絶景を楽しむ
うまみが詰まった淡路牛や淡路島ブランド牛の淡路ビーフが食べられる店。肉はヒレやサーロインから120・150・200gと好みの量をチョイスできる。地物にこだわった料理を堪能したい。

予算
昼2600円〜、夜4000円〜

定番メニュー
輸入牛ステーキランチ(120g)…2600円
魚料理ランチ…2600円

淡路牛ヒレステーキコース(120g)8100円
A4ランク以上の黒毛和牛ステーキに野菜の焼き物、地魚料理などが付く

カウンター越しの眺望も素晴らしい

レストランみけ家

淡路市
トロけるような淡路牛が山盛り!
淡路SAと直結した淡路ハイウェイオアシスのメインダイニング。地元の食材をふんだんに使い、幅広い年齢層を満足させるメニューがそろう。コストパフォーマンスも上々だ。

予算
1000〜2000円

定番メニュー
釜揚げしらす丼…1200円
淡路島産牛と淡路島産えびすもち豚のハンバーグ御膳…1400円
淡路島産えびすもち豚のロースかつ御膳…1580円

淡路牛ロースステーキ丼2300円(サラダ、 汁物付)
高品質の淡路牛をご飯が見えないほどタップリ盛る

淡路島公園の景色も楽しめる

カドー・ドゥ・ラ・メール

南あわじ市
島の幸をふんだんに使ったプレミアムなフレンチ
地元契約農家が栽培する無農薬野菜や、近隣の漁港で揚がった新鮮な魚介などを使った体にやさしいフランス料理がいただける。

予算
1800円〜

定番メニュー
セットランチ(ランチコース)…3000円~
和牛煮込み・カレーライス(アラカルト) …2200円
淡路島ハンバーガー(アラカルト)… 1800円

ディナーコース 1万2000円~
炭火で仕上げた淡路ビーフのサーロインをシャルキュティエール風ソースで(コースの一品)

心地よい日差しとともに鳴門海峡を一望できる

筆者:mapple

まっぷる淡路島 鳴門’18

発売日:2017年12月13日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる淡路島 鳴門’18」です。掲載した内容は、2017年6~10月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×