コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  淡路島【タマネギ】名産品を味わい尽くす!

淡路島【タマネギ】名産品を味わい尽くす!

by mapple

更新日:2018年3月1日

淡路島を代表する野菜といえばタマネギ。その独特の風味と甘さを生かしたメニューや商品を一挙にご紹介。記念撮影やクレーンゲームでタマネギを楽しめるスポットも注目だ。

淡路島のタマネギがおいしいワケ

一般的なタマネギの栽培期間が4か月なのに対して、淡路島のタマネギは約半年かけて栽培される。さらに収穫後はタマネギ小屋に吊るし、乾燥・熟成させてから出荷。こうした手間ひまがタマネギをおいしくしている。

タマネギ傑作MENU

島の料理人たちが工夫を凝らしたレシピで仕上げる、絶品のタマネギメニューがこちら。

麺乃匠いづも庵

淡路市
モチモチした麺が人気

淡路島を代表する製麺所の直営店。昔ながらの手打ちうどんはコシが強く、モチモチした食感が人気。

予算
昼1000円、夜1000〜2000円

玉ねぎつけ麺 華880円
じっくり揚げたタマネギが丸ごと1個入ったつけに、特製の細ちぢれ麺をからめていただく。

麺作り100年の手打ちうどんの名店

タイム アフタ タイム

洲本市
開放感バツグンの創作レストラン
赤レンガの建物があるアルチザンスクエア向かいにあるおしゃれなレストラン。開放的な雰囲気の中で食事が楽しめる。

予算
2000円

アイラン丼1512円
素材の持つうまさを引き出したプレート。タマネギの甘みに感動すること間違いなし。

たにやんの店

南あわじ市
アットホームなビストロごはん
地元の常連客で賑わう洋食店。ホテルのシェフ出身の主人が作る、イタリアンをベースに気ままなアレンジを加えた料理は島外のファンも多い。

予算
ランチ750円、ディナー2500円

オニオンのベジタブルシャワー750円
タマネギやトマト、カリフラワーなど島産の野菜たっぷり。

地元グルメも通いつめる名店

絶景レストランうずの丘

南あわじ市
鳴門海峡を眺めて特産を味わう
うずの丘大鳴門橋記念館のレストラン。館内には「たまねぎキャッチャー」もあり、タマネギとのふれ合いを楽しめる!?

予算
1200円〜

「淡路島たまねぎ」島のうま玉〜淡路牛肉みそ添え〜756円
タマネギ1個をオリーブオイルと塩だけで味付けして蒸し焼きに。カットすると甘みとうまみがあふれ出す。特製の淡路牛肉みそとの相性もいい。

うずの丘大鳴門橋記念館の2階にある

タマネギスイーツ&みやげ

タマネギは菓子類や調味料にも最適な万能素材。その豊かな味をさまざまな食品で楽しんで。

※価格は参考価格で変動する場合があります。
※店舗の取り扱い商品が変わることがあります。

日洋堂

洲本市
フランス菓子のパティシエである三代目とその子息が腕をふるう、明治創業の名店。

Shintama 518円
2週間漬け込んだタマネギのコンフィが絶品な、タマネギスイーツの最高峰

富永製菓

南あわじ市
名物オニオンケーキのほか、モナカなどの郷土色豊かな菓子がそろう人気店。

オニオンケーキ(5個入)700円
タマネギの風味とコーティングしたチョコの相性がすばらしい一品

パティスリーメモワール

洲本市
季節の素材を使い、ひとつひとつ手作りした色とりどりのスイーツが並ぶ。

淡路島オニオンマカロン(5個入)1080円
島のタマネギをジャムにしてクリームを混ぜたものをサンド

淡路島オニオンマカロンラスク(9個入)648円
島のタマネギをローストした独特の風味が人気

うずの丘 大鳴門橋記念館

南あわじ市

クレイジーオニオンジャム(110g)、ファンキーオニオンディップ(105g)各750円
パンにそのままつけても、料理に添えても美味な万能ソース

おにポタ。(6食入)648円
島のタマネギをじっくり煮込んだ甘くてとろ〜りのポタージュ

淡路ハイウェイオアシス

淡路市

オニオンチップス(15g)259円
島産タマネギを100%使用した軽〜いチップス

淡路島玉ねぎおかき(23個入)378円
塩味でカリッとしたタマネギのおかきがひとつひとつ小袋にイン

淡路ごちそう館 御食国

洲本市

玉葱ドレッシング(190㎖)699円
淡路島のタマネギのうまみが凝縮されたオリジナルドレッシング

淡路島のオニオンスープ(1食分)380円
タマネギのこくとうまみが際立つスープ。料理にも使える

「うずの丘大鳴門橋記念館」へ行ってみよう!

タマネギが思いきり楽しめる
ちょっと変わったタマネギ遊びが人気を集めるうずの丘大鳴門橋記念館。巨大なタマネギのオブジェと記念撮影したり、たまねぎキャッチャーにトライできるのでぜひ立ち寄ろう。

たまねぎキャッチャーはひとつ取れると1.5kgのタマネギと交換してくれる

筆者:mapple

まっぷる淡路島 鳴門’18

発売日:2017年12月13日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる淡路島 鳴門’18」です。掲載した内容は、2017年6~10月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×