>  >  >  >  >  > 

【淡路島ぬーどる】って何?人気の”イケ麺”たち!

まっぷるマガジン

更新日:2018年7月30日

この記事をシェアしよう!

【淡路島ぬーどる】って何?人気の”イケ麺”たち!

淡路島オリジナルの麺を料理人たちが大胆レシピで自在にアレンジ!山海の幸と麺が織り成すバラエティー豊かなメニューを楽しもう。

「淡路島ぬーどる」って何?

160年にわたって受け継がれる淡路島の手延べ素麺作りの製法による太さ2㎜、長さ38㎝の麺と、淡路島産タマネギをベースにした麺料理。多彩なメニューが島内32店舗で味わえる。

鼓や

【予算 昼1500円 夜3000円】
まるごと穴子がドーンと一尾!
淡路島の旬の素材を生かした創作料理の店。

鼓や

淡路穴子on the ぬーどる 1296円
タマネギの甘みが加わった上品な特製だしで味わう麺はコシがあってつるつる。炭火で焼いた淡路穴子の香ばしくてふくよかな旨みと合わさったぜいたくな一品。

お食事処 浜ちどり

【予算 800円〜】
名高いハモのうまさを凝縮
岩屋港に揚がる新鮮魚介を使ったメニューが豊富。島の生しらす丼(800円)やあなご天ぬ〜どる(800円)もおすすめ。

お食事処 浜ちどり

ハモ天ぬ〜どる 800円
地元でとれた新鮮なハモの天ぷらと、特製だしで煮込んだタマネギが絶妙にマッチ。素材のシンプルなうまみが味わえます。
提供期間:7〜11月末

お食事処 浜ちどり

淡路ジェノバライン発着所のビルにある

カフェあおい

【予算 500~1800円】
カルボナーラと淡路海鮮のコラボレーション
地魚など淡路島の食材を使った定食や一品料理が評判の喫茶店。観光客だけでなく地元の人も多く訪れている。

カフェあおい

淡路島カルボナーラぬーどる(穴子トッピング)970円
淡路島のおいしいものにこだわったカルボナーラは、和風だしを使用しているためクリーミーで後味さっぱり。その食べやすさから大人から子どもにまで愛されています。

カフェあおい

生しらす丼や生さわら丼も好評

かまどダイニング バル淡道

【予算 昼3200円 夜5800円】
あんかけ風のつゆにほっこり
地元の鯛、海老、イカなど地産地消にこだわり、昆布や鰹節などで引いた出汁に地元の醤油で味付けした「海鮮淡路島ぬーどる」が人気。

海鮮淡路島ぬーどる 1425円
地元由良漁港の海老や烏賊、地蛸、若布など海の幸をのせ、秘伝の出汁を引いたおろし生姜風味の特選つゆをあわせて餡かけ風にアレンジ。

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

この記事の出典元は「まっぷる淡路島 鳴門’18」です。掲載した内容は、2017年6~10月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください