>  >  >  >  >  >  便利な観光バス【るーぷる仙台】伊達家ゆかりの名所めぐり♪

便利な観光バス【るーぷる仙台】伊達家ゆかりの名所めぐり♪

便利な観光バス【るーぷる仙台】伊達家ゆかりの名所めぐり♪

極彩色が美しい霊屋、仙台の街を見守るように建つ騎馬像など、市内には初代仙台藩主・伊達政宗ゆかりの歴史スポットが点在。便利な観光循環観光バス「るーぷる仙台」で、政宗の足跡を追う歴史さんぽに出かけよう。

るーぷる仙台

仙台駅発着で便利な観光バス
政宗ゆかりの名所を含む市内中心部の観光スポットを結ぶ、レトロな循環バス。乗り降り自由な一日乗車券を購入すると、沿線施設の割引などさまざまな特典が受けられる。

るーぷる仙台

モデルコース

所要:約5時間

仙台駅西口
 ↓「るーぷる仙台」で15分
瑞鳳殿(45分)
 ↓「るーぷる仙台」で4分
仙台市博物館(60分)
 ↓「るーぷる仙台」で3分
仙台城跡(60分)
 ↓「るーぷる仙台」で21分
大崎八幡宮(30分)
 ↓「るーぷる仙台」で27分
仙台駅西口

るーぷる仙台

住所
宮城県仙台市青葉区中央1丁目1-1
交通
JR仙台駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:00(平日は20分間隔、土・日曜、祝日は15分間隔)
休業日
無休
料金
1回乗車=大人260円、小人130円/1日乗車券=大人620円、小人310円/るーぷる仙台地下鉄共通1日乗車券=大人900円、小人450円/

瑞鳳殿

政宗が眠る豪華絢爛な霊屋
藩祖政宗を祀る霊屋。本人の遺言でこの地に建てられたという桃山風の廟建築は、豪華で見ごたえ十分。併設の資料館では、発掘調査の記録映画や貴重な副葬品を見学できる。

瑞鳳殿

2001年の改修で、創建当時の色彩が鮮やかに甦った

瑞鳳殿

杉木立の参道が藩政時代からの歴史を物語る

Photo point

初夏はアジサイ、秋は紅葉が、参道や境内を鮮やかに彩る。

Photo point

参道に咲きこぼれるアジサイ

仙台藩祖 伊達政宗公霊屋 瑞鳳殿

住所
宮城県仙台市青葉区霊屋下23-2
交通
JR仙台駅から観光シティループバス「るーぷる仙台」で15分、瑞鳳殿前下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館16:50、12~翌1月は~16:00<閉館16:20>)
休業日
無休(12月31日休)
料金
入館料=大人550円、高校生400円、小・中学生200円/家紋名刺入れ=2484円/家紋巾着=2808円/オリジナルノートセット=525円/(観光シティループバス「るーぷる仙台」1日乗車券提示者は割引あり、障がい者350円)

仙台市博物館

仙台藩に関する貴重な資料を展示
仙台城三の丸跡に建つ。政宗の具足など、伊達家の貴重な文化財を含む約9万7000点の資料を収蔵する。 国宝でユネスコ記憶遺産の慶長遣欧使節関係資料も見逃せない。

仙台市博物館

住所
宮城県仙台市青葉区川内26
交通
地下鉄国際センター駅から徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:15(閉館16:45)
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休
料金
常設展観覧料=大人460円、高校生230円、小・中学生110円、特別展は別料金/クリアファイル=350円/シール=250円/一筆箋=300円/トートバック=1080円/(障がい者手帳、仙台市の豊齢手帳・豊齢カード持参で割引等あり、ほかに各種割引あり)

仙台城跡

伊達政宗騎馬像とともに仙台の街を望む
約270年にわたる伊達家の居城跡。現在残るのは、石垣の遺構や復元された脇櫓など。政宗の騎馬像が建つ天守台は、仙台市街を一望できる絶好のビュースポットとなっている。

仙台城跡
仙台城跡

昭和42(1967)年に復元された脇櫓

Photo point

夜間は騎馬像がライトアップされ、幻想的な光景が広がる。色は曜日によって変化。

Photo point

夜景観賞とともに楽しもう

仙台城跡

住所
宮城県仙台市青葉区川内地内
交通
地下鉄国際センター駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし

【こちらも立ち寄ろう】

仙台城見聞館

儀式や政務を行なった大広間の模型や、藩主が座った「上段の間」の床を原寸大で再現。発掘調査や石垣工事の様子も展示する。

仙台城見聞館

仙台城の資料をパネルや映像で展示

仙台城見聞館

住所
宮城県仙台市青葉区川内1-11
交通
JR仙台駅から観光シティループバス「るーぷる仙台」で20分、仙台城跡下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉館)
休業日
無休
料金
無料

青葉城資料展示館

伊達家に関する貴重な資料を展示。仙台城や城下の街並みを再現したCG映像は、17年をかけ制作した力作で臨場感たっぷり。

青葉城資料展示館

仙台藩の甲冑など貴重な収蔵品もある

青葉城資料展示館

住所
宮城県仙台市青葉区天守台青葉城址
交通
JR仙台駅から観光シティループバス「るーぷる仙台」で20分、仙台城跡下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00、11月4日~翌3月31日は~15:40<閉館16:00>)
休業日
無休
料金
入館料=大人700円、中・高校生600円、小学生300円/戦国BASARAポストカード(3枚セット)=370円/(障がい者手帳持参で大人、中学生200円引、小学生100円引)

大崎八幡宮

政宗造営のきらびやかな国宝社殿
政宗の命により当時の名工を招いて造営。精巧な細工が施された豪壮な社殿は見事の一言。本殿、石の間、拝殿が一体となった権現造りの建造物としては現存最古で、国宝に指定されている。

大崎八幡宮

荘厳なたたずまいの御社殿

Photo point

鳥居に掲げられた神社名の文字に注目。授与所には仙台名物・松川だるまが並ぶ。

Photo point

「八」の字は鳩が向かい合っている

Photo point

境内の中で探してみよう

大崎八幡宮

住所
宮城県仙台市青葉区八幡4丁目6-1
交通
JR仙台駅から仙台市営バス南吉成団地行きで20分、大崎八幡宮前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
6:00~18:00(閉門)
休業日
無休
料金
境内自由

【旅の前に読みたい】伊達政宗知っ得コラム

伊達政宗ってこんな人物

仙台藩62万石の基礎を築いた初代藩主。さまざまな戦略と武功で多くの窮地を切り抜け、豊臣秀吉、徳川家康などの天下人とわたりあった。幼少時に天然痘で右目を失明し、のちに独眼竜の異名を持つ。

かぶとの三日月の由来は?

政宗のシンボルといえば、三日月とも弦月とも言われるかぶとの前飾り。当時「妙見信仰」により月や星に武運を祈ることが流行しており、政宗の前飾りもその表れのひとつとされる。

かぶとの三日月の由来は?

当時金箔張りだった前飾りは、戦場でもひときわ目立った

「政宗が育んだ“伊達”な文化」日本遺産に認定

日本の文化・伝統を語るストーリーを文化庁が認定する「日本遺産」。政宗が確立した、伝統に裏打ちされつつも斬新さを有する独自の文化が、今なお受け継がれるというストーリーが2016年4月に認定された。

「政宗が育んだ“伊達”な文化」日本遺産に認定

政宗が志向した豪華絢爛な文化を体現する、瑞鳳殿の装飾

筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる仙台・松島 宮城'19」です。掲載した内容は、2017年7月~11月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
×